うつぎ窯

天草の地に窯を築いて14年が過ぎました。
薪窯で焼き上げた作品をいろいろと紹介してまいります。

梅雨明けとともに

2017年07月14日 | 季節のうつろい

九州南部も梅雨明けしまして・・・

梅雨明け10日

今日も あつうございましたな。

ということで

わが家は 夕方になって

急遽   土用干し決行のようでございます。

もうすでに

良い色に染まっておりますが・・・

三日三晩の土用干し・・・・

ちゅうて

これから三日間の空模様を気にしながら

ざるに広げておりましたとさ。

ああー   大変だね。

って  

窯主は   写真だけもらいまして

早々に、クーラーの効いた涼しい部屋に退散

・・・・

と・・・・・・

しばらくして

 

なにやら

玄関から ワーワー言いながら

入り込んでくるしとが ひとり・・・

 

ドタバタ ドタバタと足踏みしながら 部屋に入ると・・・

 

あーーー   もう  どがんかなったよ!

ボリボリボリ・・・・

もーーー   かゆいーーー

かゆーーー   かゆーーー

ちゅうて   ボリボリボリ  ドタバタ ジタバタ・・・

あまりの痒さに 私  狂牛病みたいになったかもしれん・・・・・

えっ????

あんたが 蚊をおっぱらってくれんけん!

ちゅうて 

やつあたり・・・

えらいご立腹でございまして。

くれぐれも、夕方に ラフな服装での土用干しはご注意を。

と 言うことでございますな。

ふぅ。   やれやれ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いなかの祭り 二日目は・・   | トップ | 久しぶりの薪割り! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あら、大変 (あおぞら)
2017-07-15 08:00:14
どっちの血を吸うかと尋ねたところで答えるわけもなく;

当然じっとして刺しやすい獲物?を狙うのでしょうけどね(^_^;)

朝夕の頃は特に刺されやすい気もしますけれど、ちょうど良い時期に?作業されておられたのかもしれませんね

刺された箇所を冷やしたり、案外石鹸で洗ったりすると痒みの引くのが多少は早まるかもしれませんよ?
Unknown (うつぎ窯)
2017-07-15 16:49:58
どっち?って
そりゃ当然肉付きのいいかみさんのほうが狙われますよね。

しらんふり しらんふり・・・

窯主は子供のころから、やぶ蚊に刺されながら走り回ってたから耐性ができてまして・・・案外平気でした。へへ(笑)

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。