うつぎ窯

天草の地に窯を築いて14年が過ぎました。
薪窯で焼き上げた作品をいろいろと紹介してまいります。

だるま

2016年06月30日 | 作陶

だるま太師は

面壁九年 やっとの思いで悟りを開いたそうな・・・・

(悟りを開くってこと自体が よくわかりませんが)

 

いっぽう窯主

ろくろに向かうこと15年・・・

今回 なにかしら悟るものが!

あるのかと思っていましたが・・・

相変わらず フニャフニャとした形が好みで

精神構造と美的感覚は いっちょん変わっとらんみたいです。

きっちりとした形よりも

どことなくゆるく  

人間なんてこんなもんですたい。

完璧な人間なんてひとーーりも おりゃーせんですばい。

なーーんて感じの形が好みです。

一個一個の形がちがって

ろくろの回転と 手わざの偶然性で出てくるろくろ目

その偶然の出会いの中に  自分の好みのろくろ目を見つけることが出来ます。

窯主は

奥から二番目の    ヘム って感じのこのろくろ目がお気に入りです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやごもり

2016年06月27日 | 季節のうつろい

ふへー

昨夜は、痛飲   う~

このままいくと、痛飲どころか 通院になりそうなので

今日は ちょっと自制して・・・・

と言うけれど

やっぱり 祭りはまつり  

祭りと言えば お神酒!(いやーもう今日はさすがに飲めんかったー)

昨日は虫追い祭り

そして今日は  

宮籠り

地区のおじさん おばさん

じいさん ばーさんが 手作りの

葉だご やら 蒸し饅頭 赤飯に巻きずし いかめし いなり 刺身などなど・・・・

それぞれに持ち寄って

 

宮籠りの歴史がどーのこーの  いわれはあーだこーだ

なんてことはよくわからないらしいのですが

何しろ

88歳のじいさんたちが話すことと言えば、

昔の時代は上下関係がものすごくて、

若いもんたち(と言っても50代)がなにか意見でもしようものなら 

「じごも(尻も)青しとって だまっとれ!」って怒られてた

とか

牛で田んぼをおこして なかなかいうことをきかんかった

などなど

ほら見てみろ  あそこの橋   ありゃまだこんごろ(この頃)できたばっかりぞ。

って 言いながら

あれ?  その橋が最近って 俺たち子供のころからあったバイ

って言うと

なあに 50年ほど前のことらしく・・・・・

じいさんたちに言わせると

50年と言う時間は、まだまだ つい最近出来たばかり   と言うことだそうです。

(時間のスケールがまったく違う!)

んー  じいさんたちの話しはあなどりがたし。

 

そんなじいさんたちの話を聞いてれば

ひょっとして 信長の時代がちょいと昔で

明治維新とか 日露戦争なーんてのは  この前の話しの部類に入るのかも?

と思ってしまう

そんな不思議な錯覚を起こしてしまうのでありました。

(あの神社の空間がどうも 怪しげな錯覚を呼び起こしてしまうような空間で)

この 時間的な認識の違い

地球が出来て 人類の文明が発達したのは数万年前

とか

太陽は、何光年先で  光の速さで行っても数万年かかる

とか言ってても

宇宙年で言えば、つい最近

そんな感じに・・・

なんだか     にてる・・・・

フム。

 

それに、

出雲神社には

全国からの神様が、集まって会議をする月があってその時はすべての神様が地元を留守にするので、神無月と言う・・・・   ここまでは聞いたことがありましたが

その出雲神社には大きな松の木があって、横に張り出した松の枝が 神無月になると、全国から集まってくる神様がとまるので、ぐいーーーっとしなって 垂れ下がるとか・・・

全国から集まる神様の宿泊する部屋があるとか・・・

神無月に あえてまつりをする地区があって、それは みんなが出雲に行ってる神無月でもその社は当番の神様だそうで出雲へ行ってしまわず残っておられるとか・・・

んー   じいさんたちの話しは

やっぱり未知の世界だー。

そして

集まったみなさんには

お帰りの際には 持ってきたものとは別の人が持ち寄ってきたごちそうと入れ替えて

頂いて帰るという

物々交換 と ちみもうりょうたちが頭上を飛び交うような時間の共有のお祭りでした。

あーー  面白かった!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虫追い祭り 2016

2016年06月27日 | 季節のうつろい

一週間 大人たちからどやされて

泣き出しそうだった子供たちも、今日が本番。

たすきがけの衣装を着けて

まずは神社で お祓いを受け

ここからスタートです。

昨日までの雨模様も

うそのように晴れ上がり  青空まで見られるほどで・・・・

お宮を出発した 楽隊とは別行動で

神主さまに 地区の三か所を回って

今年の豊作 ぶじをねがって  お祓いをしてもらいます。

道中は 道中の太鼓のたたき方がありまして

しの笛も もちろん道中の律がありまして・・・・

ちょいと お姉さんたちも

笹踊りで にぎわって

あー

やっぱり 祭りっていいなー

いいわねー  いいわよねー   って

 

わらじも 途中で擦り切れちまうほど・・・

歩いたり踊ったりでありまして。

あー

いい天気でよかったよ!

往年の処女会のかたがたも

思わず踊り出す。

いいな いいなー

祭りって  

子供たちも 大人たちも ばーちゃんも

みーんな みんな 元気よく

おどっておりました。

もちろん

このあとは   打ち上げへと突入するわけで・・・

あっちへ行ったり こっちへ行ったり

いったいどれだけ呑んだのか

定かでなし。

あー   楽しかった。

 

追記

本日は 宮籠りに出かけます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

虫追い祭り  いい天気でした。

2016年06月26日 | 日記

のんでー のんでー

のまれて のんでー

のんでー 飲み疲れて眠るまでー のんでー

やーがてー 男はー   静かに眠るのーでしょうー

って

まずはご報告まで・・・・・・・

今夜は寝ます。

おやすみなさいませ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ明日は 虫追い祭りだーーー。

2016年06月25日 | 日記

今夜も、虫おいの最終調整。

そして 今夜のお供は

がらかぶのから揚げ・・・・・・・・・・・

夜はながーーーーーい。

明日は本番     今夜は前夜祭!

へへへ。

 

なんだか最近、文言が短くて

写真だけになっちまいましたが。

何しろ、分身の術を使いたいほどの忙しさでありますので、

あしからず・・・・

 

明日も、祭りの様子などアップしたいところですが

たぶん夕方は  祭りの打ち上げ

夜は夜で どこかのお宅で 飲んだくれていることでしょう。

と言うことで、祭りの様子は・・・・

たぶん 月曜日になるかもです。

あっ 忘れてました。

月曜は 祭りの続きで    宮籠り なるものが行われるのでありまして

月曜日も、ひょっとしたら ひょっとする。(なにが???)

と言うことになりそうでございます。

 

以上

明日あさって連日の田舎の祭りの様子。

酔っぱらって 写真の撮り忘れがなかったら、なんとかお伝えできると思います。

おたのしみに~~~~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加