うつぎ窯

天草の地に窯を築いて14年が過ぎました。
薪窯で焼き上げた作品をいろいろと紹介してまいります。

百姓に引退なし

2016年05月25日 | 日記

 天草地方では

 普通作水稲の 田植えの準備が大忙し。

 と言っても、我が家で特に忙しいのは

じいさんでありまして

昭和6年  ひつじ年生まれ (性格は・・・狼年うまれ)

 たぶん この田んぼで仕事をするのは 70年以上前からのこと

その時代はまだ 牛で耕していた

・・・・と言うことを聞いたことがあります。

 春には田んぼの仕事

雨が降れば雨が降ったで 水回りの心配をし

夏になれば 

日照りの心配で 日々 水が足りてるかの水の見回りを欠かさず。

台風が近づいているとなれば、

壊れそうな石垣をみて おろおろし

秋になれば

今年の作はどうだろうかと   見回りの合間に穂先をさわって・・・・

そのほかにも

らっきょや ジャガイモ

かぼちゃや秋野菜の準備・・・・・

などなど  百姓に休みと言う日は無し

 休みと言う日は無し

というより

百姓に、引退と言う文字は無し!

 

織田信長の時代には

人間五十年 下天のうちをくらぶれば・・・・

と、いわれましたが

今は人生80年(元気でいられればの話しですが)

大きな会社を興して

やり上げたというわけでもなく

株で大儲けして、 それを元手に事業を起こした

と言うわけでもない  ごくごく普通の

大地に足を踏ん張ってる じいさんの暮らしを見ている窯主。(ほとんど 怒られてばかりの毎日ですが)

派手さでもなく 華やかさでもない 

地道なくらし と言うのが簡単そうで なかなかそうはいかないと思うのでありまして・・・・

まだまだ 青二才の窯主。

これから 山あり谷ありの気配。

なにがあっても 地面から足を離すことなく

しっかりと 大地に足を踏ん張って暮らしていきたいと思うのであります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窯名のゆらい

2016年05月25日 | 田舎の日常

出勤前の朝仕事

じいさんが

「耕運機の 車輪をかえて田んぼに入れとってくれー」

っちゅうもんで、

山の中の棚田へ運んだあと    歩いて帰ってると

道沿いに、花が咲いておりました。

さて、これは何という花でしょう?

っておかみに聞いても

むーーーー???

 

これが うつぎ です!

うつぎ窯の う・つ・ぎ!

どうやら・・・

おかみ感謝デーは、もうしばらく先のことになりそうです。

と、  荒くれた土の焼き締め花入れを見ながら

次の窯の構想を練る窯主でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らっきょのその後・・・

2016年05月24日 | 日記

 あーー   あーーー

ぐったり

夜寝る前になってから おかみがらっきょ用の酢を氷砂糖と煮合わせるもんだから

なんだか 部屋の中が

甘酢っぱーい  においで充満して

なんか 異様にムカムカ ムカムカしましてね・・・

うへー

今日はなんだかムカついて眠れんわ〜

って思ってたら

夜中の一時過ぎ  いきなりトイレへ ダッシュ!

それから始まる ゲー ゲー ゲー  (下痢はまったく無し)

最初に吐いたとき  トイレの薄暗い中で

吐瀉物が  真っ赤

真っ赤なものを 吐く 吐く 吐く

げー   

http://ameblo.jp/naka-yotch670208/entry-11571977890.html

なんじゃー こりゃー  的な

 

 実は昨晩

らっきょ漬けのことで、あれこれ あれこれおかみと論争になりまして・・・

あたー   おかみとの言い合いのストレスで胃がやられたか

と、一瞬思いましたが

はて、昨夜何食ったかなぁと 考えて・・・・

豚バラの野菜炒めがわるかったのかなあ、 それともお昼のお弁当か?

あっ そういえばハンバーグくったなー   

ふー この赤い血は ハンバーグソースのケチャップだわい。 

  と、ひと先ずホッとはしたものの・・・

それからがまた  胃袋が裏返るぞ っちゅうくらいの吐き気

もう 病院につれてってもらおうかっておもいましたわ。

それから朝方4時には何とかおさまって

あー   しんど。

でも なにがいかんかったんだろー?

これかららっきょ 水洗いして お湯かけて 漬け込みます。

ふー

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

メサイアコンプレックスって?

2016年05月23日 | 日記

らっきょ仕事の続きです。

夕方仕事を終えてから  

おかみと二人して ザクザク ヂョキヂョキ   根切をしまして

今夜は一晩塩漬け中です。

一升半くらいはあるかなー    

薄皮のとり方を知らなくて  一個一個手で向いてたら

ばーさんが

「あー  そがんことしとったっちゃ 朝までかかるわい!」

って  

桶の中でゴシゴシ洗って、水で何回か洗って・・・

を、繰り返し

ほぅー  知らんかった。   危なく一晩かけてらっきょの皮むきするところでしたわい。

さてさて

話題はまったく変わりますが

 

今朝の熊日に    メサイアコンプレックス  って言葉が出てました。

 

親切の押し売りみたいな言葉らしいですが・・・

ちょっと気になって調べてみると、

そんな簡単なことではなく

奥の深い精神的な闇のようで

自分の幸せ度を確認するために とか 私は善人(救世主)であるということを確認したくて 災害ボランティアへと参加すること

と言うのはまだまだ表面的

ひどくなると・・・・

自分が立派であることを証明するために、わざと込み入った問題を自分で発生させておいて

(こじれさせ屋的な)

その問題を解決して  私がいたから助かったでしょ!・・・みたいなことになるらしいです。

(自分でこじれさせて 自分で解決するみたいな)

むーー

誰でもかっこいいことは好きだし 善人に思われたいわけなんですが・・・

自分のために行く 親切の押し売りになってしまわないよう注意せんといかんです。

あくまで窯主

 

「いやーー 桔梗屋のおよしちゃんがね。   ちょいと困ってるってぇから  ちょっくら 行ってくらぁー」

「べつに アンタが・・・・!」

「てやんでぇぃ バカヤロー こんな時に行ってやらねぇで どうしやがるんでぇ!」

 

って しりっぱしょりで駆け出しただけのことなんですがね。

・・・・・・・・・

たいがいこんな時は 空回りして終わるのがおちです

ハハハ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らっきょ漬けも習っておかんとね

2016年05月23日 | 田舎の日常

あー  もしもし

俺だよ おれ

ばーちゃん・・      え?  たかよし かい?(たかよしって誰?)

とか

あー  もしもし

県警からですが・・・

そちらのご主人が 現在痴漢行為で逮捕されておりまして・・・

え!      

と言うことで   

先日は地区の公民館で 防犯についてやら

交通安全についての 講習会が開催されました。

御多分に漏れず、この地区も超高齢化でありまして

地区の中央を走り抜ける国道を 若かりし頃の自分の足を思い浮かべて

ダッシュで渡ってる・・・・つもり

とか

おりゃー まだ わっかっじゃっで・・・・とか

言うことにならないようにとのお言葉でした。

くしくも 空は青空・・・

窯主は、 交通安全の講話も うわのそらで

この天気のよさばかりが気になっておりました。

(あー   この天気のいい日にねぇ   応援に行けたのに・・・・)って思ってしまう。

まあ、地区のことほったらかして出かけるわけにもいかず

じりじり じりじりとしながらじーーっと座っておりました。

それに、日曜は 災害応援の方々も各地からたくさん集まってきてくださってるようなので

あんたがいかんでもいいよ。  って自分で思うことにしております。

あんまり思いつめるとろくなことになりませんからね。

そのあと、なんとも もどかしい思いで座ってた講習会も無事終わりまして・・・

中途半端な

お昼からの時間。  

ああ   やるせなし・・・

この時期は、晩稲作の田植え準備で大忙しの皆さんですが、我が家は早期作でそれほどの忙しさもなく

本渡の 義母さんのお見舞いやら 買い物やら

なんだかスッキリとしない思いを抱えながらの、お買い物は・・・

ねぇ。

ってことで 夕方  ちょいと海を眺めに走ってみましたが

太陽が傾いていくひとりぼっちの西海岸は

なんだか 寂しさがつのって 逆効果だったみたいです。

おまけに 夕方のニュースでは

益城町の被災地で 軽トラックが足りてない

って報道されてまして・・・・

軽トラックが足りない 軽トラックが足りない  軽トラックが足りない

と、頭の中をこだまが・・・

うぉーーー!    まっとれー  今応援に行くけん!

またまたぶり返す  この思い・・・

あー   やれやれ

こんな時は 仕事仕事

忙しくしてた方が、よろしいようで

らっきょ仕事も、ばーちゃんの元気なうちにならっとかんとね!

出来るときに 出来ることを 出来るしこ   です。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加