卯月の日常 金沢・富山・大阪・京都のグルメなど

大阪から富山に嫁いで早13年。愛猫と主人、そして父sとの田舎生活。グルメ、旅記事をメインに綴っています。

「富山市 ファミリーパーク」

2016年10月16日 21時57分27秒 | ★日常の出先&イベント&ドライブ★

 

 

嫁いできて早13年。

この動物園を素通りすることは何十回あっても、足を踏み入れた事は一度もなかった。

その前に腹ごしらえ。

前々から気になっていた「ラーメン楓」さんへ。

https://tabelog.com/toyama/A1601/A160101/16000229/

しょうゆラーメン+煮卵

とんしおラーメン

まろやかなスープと、ほろほろに煮崩れたバラ肉チャーシューが好み。
シンプルなラインナップに拘りを感じます。
優しい味は年配の方にも人気みたい。
なかなかに美味しかったです。

さて満たされた胃を抱え向かった先が、ファミリーパーク。

こちら、富山市営の動物園です。

最近、膝から下を患っておりまして、ちょっとした運動も兼ねて赴いたのですが、のちのち痛みがぶり返し、後悔する羽目に。

でもここに来た事は後悔していませんよ。(笑)

大人一人500円の入場料。(中学生以下は無料)

そんな安くて経営していけんの?

市営だから問題ないの?

・・・と、余計なお世話でしょうが心配になります。

土曜日ということもあり、かなりの賑わい。

でも広大な敷地故、混雑しているといった感じは全くありません。

ピンク色のフラミンゴはまるで置物のように静か。

しかしその横では「アムール虎」が吠えていたりと、出だしからわくわくしますね。

こちらは、すやすやお休みのアムール虎。

しかし、もう一頭はウロウロと徘徊しながら、時折「猫」よりも迫力のある表情で「雄叫び」をあげていました。

でもわたしたち、猫好き夫婦でしょう?

ふと触りたくなるんです。

毛並みはどうなんだろう?とか、顎の下は気持ち良いのかな?とか。

もちろん命知らずのチャレンジなんでしょうけど。

何時間でも見ていたいアムール虎から離れ、目指すは「シンリンオオカミ」のコーナー。

その間にももちろん色んな動物がいます。

中でもツキノワグマは人気の動物。

いや・・・ほんとでっかいわ。

東北地方では「恐ろしい事件」が多いけど、これを目にしたら、マジでおしっこちびります。

熊って足速いし、ジャンプ力もすごいし、決して見た目通りの鈍重ではないんですよね。

くわばらくわばら

そんなこんなで、膝を壊しているというのに、緩やかな登り坂を歩くこと、約20分。<単に足が遅いから・・・

餌をあげる時間に間に合いました~!<14:00

子供たちに混じって(といっても大人も多かった)、引換券をゲット。先着50人限定です。

シンリンオオカミはアメリカ原産。

遠目だとハスキー犬くらいかな?と思っていたんですが、近付くとそれはもう立派な体躯。

この日は馬肉をカットした物が提供されました。

ちなみに二頭いるんですけど、この仔しかやって来ませんでしたね。

口を傷つけるので、ハサミは横にするのがポイントと教えられました。

大人しそうに見えても、狼ですからね。

手を出せばヤバいかも。

ちなみにこちらは園内を移動する時に便利なバス。<100円

最初は乗る気満々だったんだけど、なんとな~く、歩くことにしたんです。

おかげでじわりと汗を掻くくらいの運動にはなりました。

この後、雷鳥やワオキツネザルなどを見て、休憩しながら歩き続けます。

秋空が広がり、とても気分が良かった。

もちろんお目当てはこちらの「ツシマヤマネコ」ちゃん。

食事を終えたばかりの二匹は夜行性ということもあり、ぐっすりお休みタイム。

残念。

見た目、完璧猫です。

可愛いなあ。

絶滅危惧種なので、今は一生懸命保護され、全国で35匹が飼育されています。

(野生はその範疇ではありません)

そして最後にお目にかかったのが「野間馬」。

ハロウィーン仕様でとってもラブリー。

小さくてとても大人しいお馬さんでした。

毛並みも柔らかくて、おっとりとした顔がいいですね。

ちなみに、この動物園で一番驚いたのが「猿山」の快適さ。

どこぞの森●公園では「キーキー」と神経質に喚く猿たちの、殺伐とした空気を感じましたが、ここは皆、のんびりゆったり、落ち着いています。

これが猿山?と疑うほど、誰もが好戦的でない。

じゃれあう猿たちが可愛くて、思わず長居してしまいました。

初めてのファミリーパーク。

想像以上に面白かったです。

動物園といえば大阪の「天王寺動物園」が即座に思い浮かぶ私。

あそこは臭くて、すっごくトラウマなんです。

だから動物園は好んで出向かなかったんだけど、ここならまた遊びに来ても良いかも。

今度は石川動物園にも足を運んでみよう!

 

『テーマパーク』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ボンテ」 in 金沢 | トップ | 「冨包」 in 高岡市 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (maki)
2016-10-17 12:30:33
気になってたファミリーパーク、
行ってみたくなりました!

石川動物園、ぜひぜひお越しください♪
ちなみに入園料は800円です。

行かれたらどちらが好みが、
教えてくださいね
makiさんへ (卯月)
2016-11-05 22:16:13
初めまして。ようこそ。
お返事遅れてごめんなさい。

ファミリーパークの魅力にノックダウン。
楽しいので是非。

石川動物園も近々訪問しますよ!
楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む