御蔵島うつぼ記

うつぼとこつぼの島暮らし

準備万端!

2018-02-20 13:37:38 | セルフな人

晴れて暖かくヒヨドリの声が響く御蔵島。

朝昼ともに客船は就航♪

空の青さが嬉しいね♪

荒れる冬を越えて、そろそろ海も変わるかも←期待w 変わってケロ←懇願w


さてここんとこ、適当な大きさの段ボールを貰ってきてた。

今朝は新聞紙を大量に貰ってきた。

段ボールを組み立て直し、新聞紙を巻く。

そして新聞紙を詰める。

Tシャツを着せると

即席人体の出来上がり♪

色もいろいろ作ったさ♪


さーぁ。。。

さぁ!来い!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーカブ前車輪交換の日

2018-02-18 15:56:09 | セルフな人
今朝は風も止み、でも朝昼ともに客船は欠航、相変わらずの御蔵です。

家が飛ぶんじゃないか~☆と、古壺もろとも夜中心配するくらい風の吹いた昨夜、いろんなモノが飛んで無くなりました。

バケツとか、バイクカバーとか。。。

とりあえず重石はしておいたものの、無くなった。

どんだけ吹いたか想像して下され。

さて。

寒いけど比較的暖かく感じた今日、懸案事項だったカブの車輪交換を決行した。

もともとは島の工場長におんぶにだっこだったカブメンテナンスだが、
一年ほど前に工場長が脱出後、カブ乗りは流浪の民となってしまったのであった。

長年島の車だのバイクだのを「走れるようにして」きた工場長。

落ちたマフラー溶接してくれたりの荒業が見事だった!

のに居なくなっちゃってさー。。。ぶつぶつぶつ。。。

ちなみに、修理工場はもうひとつあり、手が負えないことはソチラに出す。

・・・んだが、出来ることは極力自分でなんとかせねばならぬ。

とは言え、私ひとりで出来るモノではなく、勿論手伝ってもらいます。

「前回はインナーチューブに穴開けちゃってさー」と「ま」君は笑う。

。。。;;;;

ま、そんなコトもあるだろさ。

で、決行。

レンチでナット回そうにもガチガチに固まってて、二人がかりでやっと外れた。


ホイールから古タイヤを外すのにもコツが要る。

やっと外れたと思ったら、なんでこんなトコが錆びるんだ?的錆錆発見。

パーツクリーナーで汚れを落としつつワイヤーブラシで擦りまくる。

ホイールにリムバンド巻いてインナーチューブとタイヤを仮装着。

ここで一旦インナーチューブに空気を入れてねじれがないか確かめてからタイヤをホイールに嵌め込んでいく。

コレが結構大変、力業。

メガネレンチの両端削ったみたいな専用テコ大活躍。

バコンッ! ←嵌まった

ここでエアの漏れる音がしたらインナーチューブに穴が空いちゃったってコトになるので耳をすます。

。。。

  しーん。。。
     しーん。。。

おっけー♪

で、装着。

ブレーキの遊びを調節してと。


二時間ほどかかってタイヤ交換は無事完了した♪

いつも届かなくて錆び落とし出来なかった場所もちょと手入れできたし、なんかちょとちゃんとしたように見える。

キレイになるの、イイね♪


黒い「あ」に禁止されているカブだが、島での足には必須なのだ。

「あ」、赦せよ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長々と長々々とおやすみの…

2018-02-13 21:06:35 | 日記

え…   と。

ぇー。。。

     と。        

 

お寒うございます!

ご無沙汰してます!

 

丸一ヶ月以上のご無沙汰の間、なんだかんだあったりしたので更新しようかなぁと思うことも

無かったワケでは無かったのですが、結局しなかった理由は様々

 

こんなブログでも書こうとすればソコソコ時間が必要

ドコでナニしてるのかの個人情報、自分から曝すのはイカガなモノ

電波に始終曝すには古老なmac、新しいセコハン仕入れようにも財布が許さず

スマホは便利だが写真も文章も気に入らんのをアップする気にならず

タイシタコトしてないし

などなど

と、いうことで例により?居留守のまま

そろそろ気にならなくなってきたし、このまま逃げ切れるか?と思ってた矢先

「や」から「その気になったら書いてね」などと、やんわりと背中を押され

久しぶりにアクセスしてみれば更新もしないのに覗いて下さる方々が居て下さるし

最近の動向なぞ…という気分になりまして…m_m

 

さて。

風がビョウビョウと吹きまくる御蔵島

ここんとこ客船は欠航続き低気圧強化中

数日前頼んだ荷物がコンテナで寝てる

たぶん来週頭には一度くらいは就くだろう予感

 

寒いので薪ストーブ焚きまくり

このくらいの薪が二日で煙と化す

薪割りも日課

五十肩で鈍った肩回りの筋力増強を期待

 

かわいい古壺は通常営業♪

今年はまだチュー獲ってきてませんのだす

夜な夜な壁の向こうを齧る音が聞こえるんだす

 

なんとかしてくれろにょ〜!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅周辺

2018-01-02 15:14:16 | at 鎌倉
暖かなお正月二日目

書き損じが思った以上に出て;;;しまい、年賀はがきを買いに出る

ちょと迷ったけど散歩がてら本局へ行こう

車規制中の若宮大路

広いねー♪

三が日だけじゃなくて、もっと規制してホシイと思うのは私だけ?

二の鳥居方面

この辺りからだと、かなり平和な景色♪

実際の段葛周辺は知りまへん寄りまへん

鎌倉郵便局本局で追加の無地普通紙年賀はがきを27枚買う

ほへ~…と、海へ寄って


さて、刷るか。。。

。。。

。。。


・・・ ?!

絵の具のノリがなんっか悪いと思ったら、これインクジェットの葉書じゃん!?

郵便局のオニーさん、普通紙ですね27枚ですねと確認したくせにー!!!

ばか~っ←ちゃんと確認しなかったのは自分







なんとかやっと刷れました(T_T)

インクジェットキライ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポ〜チ〜が行く〜♪

2018-01-01 21:05:25 | at 鎌倉

あけましておめでとうございます!

 

2018年、始まりました〜。

例によって大晦日は23550655年越しをご一緒にスペシャルを観て、

よし!今年は『尾も白いポチを探す年にしよう!』と決心し、寝て、朝七時前に起きて朝ごはん。

 

年始の挨拶とともに一杯やり始めた父に付き合って日本酒お猪口に五杯程ご相伴した・・・ら、

最近飲んでなかったものだから、や〜☆まわったまわった☆

モードーーーでもよくなって〜ハナウタ歌いながら昼寝〜。。。したくなったのだけれど、

 

あんまり晴れてたので家から一番近い神明さまにお参りに。

拝殿ではお神酒が頂けました。←迎え酒?

もうそろそろ酔いは冷めてきてます。

お隣の秋葉さまにもお参りをする。

火防の神さまなんだよ〜。

 

狛犬さん「阿」

 

狛犬さん「吽」

歯、食いしばらんくても;;;・・・お?

固まったまま動かないクモ君とテントウ虫君発見。

冬眠してんのかな?狙ってんのかな?狙われてんのかな?

 

お散歩がてら海までてくてく。。。

穏やかな鎌倉由比ガ浜海岸、べた凪&のどかであたたかい♪

本年もよろしくお願いいたします。

 

うつぼ&古壺 拝

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大晦@2017

2017-12-31 18:36:09 | at 鎌倉

最近妙に寒い日が多いと思うんだけど、今朝は特別寒かった☆

いつの間にか雨が降ったらしく、道も庭木の葉っぱも濡れてい・・・

ということは凍るほどではなかったということかもね。

最近霜柱を見ないですよね~と、年末話してたら、ウチの方には沢山ありますと、ふた山向こうの方が話しておられた。

このくらいでは寒くは無いのか?ぃや!寒いよ~;;;と嘆きつつ、

午後少しお日さまが射してくれて有難や。

庭木剪定、大まかな大掃除、最後の掃除機すべて終わった。

 

遅くなったにもホドがある、年賀状刷りなう。

 

昨年頂いた貴重な年賀状を読み返しながら、方々を想う。

お変わりなくお過ごしだろうか。

 

そんな風に思い出せるのは、此処に此の年賀状が在るから、なのかも。

今までに出会った人の中には、もう二度と会えない人も沢山居て、

思い出すこともなく忘れていってしまうんだよなぁ・・・私もだけど。

仕方がないのだ、今ある縁を大切にするのだと、

なんとなく言い訳してみたりする年の暮れ。

 

本年中はいろいろお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

 

うつぼ&古壺 拝

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メリー♪Christma〜s♪

2017-12-25 12:04:14 | セルフな人

今日はあったかくてお日さまいっぱい♪

月曜だし仕事山積みだしで、まったくクリスマスの気分ではナイのだが、今日がホントのクリスマス♪

 

さてそして、昨夜は毎年恒例、家でのクリスマスディナーだった。

今年は、叔母が「高齢の愛猫のそばに居たいから」という理由で欠席。

叔母の猫歴は長く、そして昔も今も数頭を保持しているのだが、

今最も手が掛かるのが「なっちゃん」♀ 22歳。

幼い時から貝イカ生魚が大好きで、叔母は寿司をとると必ず、なっちゃんに一番いいところを分けてあげていた。

猫に貝は厳禁じゃなかったっけ?という疑問をよそに、なっちゃん長生きまっしぐら。

そのせいか?そのせいじゃないのか?目も見えずオムツつけてるらしいが家の中を元気に徘徊し好物しか食べない、とのこと。

叔母の愛の成せる技と察する。

 

・・・思わず古壺をジッと見る・・・

 ↑ 最近、湯湯婆にハマりまくりですわ;;;

 

さて、クリスマス。

叔母が来ないのなら、じゃぁこじんまりとウチだけでやろうか、ということになり・・・

ったら、いろんな意味で大変だった;;;

その備忘録、はじまりはじまり〜。

 

クリスマスと言えば、毎年七面鳥を焼いているのだが、なんとなく今年は仔羊が食べたかったので、

ラムチョップを丸のまま焼くことにする。

近所の某スーパーで調達。

ネットに頼らず現物を見て手に入れられるのはいいが、ネットよりも若干?高価い。

 切れ目を入れて酒ふりかけて寝かせておいた。

 

さて、お供は何にする・・・?と、しばし悩む。

同じ店で徘徊していたら「鎌倉野菜の詰め合わせ」があったので、如何なモノか?とは思いつつ便利そうなので購入。

 彩り豊かな野菜たち、鎌倉野菜を謳ってるレストランへいくと同じものが出てくる、あれ。

 

蕎麦の実があったので、タイ製の石臼で搗いて粉にする。

これは数年前に父がタイに行った際、持って帰ってくれたもの。

メッチャ重いこんな石の固まり、よくぞ背負ってきてくれたものと感謝しきり。

ちょっと粒が残っているくらいで湯を注ぐ。

そばがきの要領で練って

百合根と銀杏を入れてざっと丸めて冷蔵庫、椿油で揚げます。

 

この後、仔羊のソースに迷い、

ワイン一本200ccになるまで煮詰めたり、卵黄とリコッタチーズのバーニャカウダを作ったり、etc。。。

散々やってみたけれど結局、塩のみが一番美味しいことが判明したので4時間ほどの作業が全てパーとなり、

夜六時頃、やっと出来た今年のうちのクリスマス♪

 

前菜

百合根と銀杏のそばがきの椿油揚げ 紫キャベツのスプラウト カボチャのもみの木素揚げ

 *そばがき美味♪ もみの木、素揚げに粉砂糖降っただけだがイケル♪

  でも、盛り合わせがキレイに出来なかった;;;形から考えなきゃ☆

 

スープ

海老とふのりココナツミルクプディング 鶏と昆布出汁あんかけ

 *三つ作るのに卵白2個だとちょと堅め☆もう少しトロけてホシかった;;;

  スープというよりは茶碗蒸し状態だったが好評♪

  ふのりは蒸し上がってから入れないと、ふやけてキレイじゃな〜い;;;

 

メインの仔羊 サラダ 温野菜

 *以前、焼いた時、中のナマさ加減がハンパなかったので心して焼いたら焼き過ぎた☆

  あ〜〜〜〜☆大好物のラムチョップなのに〜〜〜☆と、悔やんでも悔やみきれず☆

  温野菜類は盛りつけが命なんだな〜と、自分でやって改めて実感、今後勉強します

 

デザートはプレゼントの北鎌倉某かるばぁ製。

 

美味過ぎる;;;

 

ぶっつけ本番で作るので、いろいろ次はこうしよう!と、毎回思う。

でも同じモノを続けて作らないし、同じメニューで次のクリスマスはナイので反省点はそのまま置き去り☆

まぁいいか。

 

お客さまが来ないと、イマイチ盛り上がりに欠けるね〜・・・などと言いつつ←母がね;;;

今年も台所に一日籠って大騒ぎ〜☆のクリスマスが終わった。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四半世紀以上続いたベルの会が今日終わった

2017-12-20 16:11:36 | at 鎌倉

ご無沙汰してますー。


先月末、島を留守にしたまま仕事やら何やらバタバタ続き☆

バタバタは続いているのですが、今日は「記念すべき日」なので、ちょと書きます。

@鎌倉 での、おはなし。 

 

。。。

 

知る人ぞ知る、鎌倉ホームヘルプ協会「ベルの会」の活動が、今日で全て終わった。

「ベルの会」とは「住み慣れた家で最後まで」の趣旨のもと、

高齢者向けの配食サービスと、ヘルパー事業を行っていた主婦たちの会だ。

 

もともとは、都庁にお勤めでいらした「た」さんが音頭取りをしたそうだが、

母や仲間たち、後に議員になる「こ」さんらが中心となり、1990年に発足。

「主婦が出来る事は美味しいご飯を作ること」

「週に一度でも心のこもった美味しいご飯を高齢者に届けよう」

と、鎌倉駅近くの教会の厨房を借りてボランティアでの配食を始めたのが始まりの始まり。

 

・・・と、なぜ母らに声が掛かったのかな?とずっと不思議に思っていたけど、

そう言えば、母らはその頃、いろんな市民運動に身を投じていたのだっけ。

多分、私が高校生頃からそのような行動をしていたので、市役所でも市内でも目立った存在だったのかもしれない。

なので白羽の矢が刺さったのかもしれないね。

 

さて、いざ「ベルの会」は立ち上がった訳だったが、教会で始められた配食サービス、最初は週1回30食だったらしい。

それでも、二年目には週二日各100食を超えるようになり、きちんとした栄養計算もなされるようになり2002年にはNPO法人化、

公的な団体として介護保険事業にも手を広げるようになる。

2001、2005年にはお弁当のレシピを本にまとめ、出版した。

法人化したことにより、各種助成で、出版、コピー機、お弁当箱などの購入に役立ったらしい。

以来、四半世紀以上に渡り、鎌倉の高齢者になくてはならない存在になる。

 

毎日ご飯は作るけれど、そんなに大勢の食事作りは初めてな主婦の集まり。

味付け盛り付け、メニュー作りに研鑽を積み、毎週作られるお弁当がこれ。

風呂敷をほどくと…

会報など主に広報を担当していた母の、手書きの献立表が必ず付く。

金八百円也。ほぼ原価。

おいしそうな松花堂だよねぇ(注:写真が赤いわピンぼけだわ de すいませんー;;;)

 

予め献立係が悩みに悩み組み立て予習したメニューは、当日朝九時頃から作り始められ、

出来上がったお弁当は、誰がどの家庭を回るのか当番を決め、自家用車で配られる。

各家庭を回り必ず「顔を見てお弁当を手渡す」と決められたやり方は、実際、利用者の見守りも兼ねていて、

お洒落をして待っていて下さる方や、三つ指をついて送って下さる方々が居たと聞く。

週に一度、又は二度、おいしい手作りのお弁当が届く。

午後三時頃、お弁当と共に、ひと言二言話を交せる顔見知りが訪れることが、独居の高齢者にとってどんなに楽しみだっただろうか。

独りで暮らしているのに慣れているお年寄りたちの生きる力を、いったいどのくらい励ましたろうか。

長い活動の中で、利用者の方から1000万円もの寄付が寄せられたこともあったと聞く。

遺産を全て役立てて欲しいと言う申し出もあったと聞く。

すべては心のカタチであったろうと思う。

 

毎回朝イチで包丁を研ぐ人、卵焼きが得意な人は卵焼き係、写真が生業だった人は出来上がったお弁当を写真に撮り、運転が得意な人は…

それぞれが自分の役割を決めて関わり続けてきた。

そうしてベルの会は回り続けて来たんだと思う。

 

そしてしかし、そんな素晴らしい活動を続けてきたベルの会は、残念なことに今日終わった。

より良い老後を迎えてもらおう、そんな想いと共に、自分たちの未来を見据え、自分の居場所を確保しつつ、

地域に根差した活動をと、願い、立ち上がったひとつの貴重なカタチは、立ち上げた本人たちが、その恩恵に与れぬまま閉じられる。

 

ベルの会が発足した頃の鎌倉市は、市民の要望を受け厨房設備を整えた給食センターを営繕してくれるなど、福祉先進市としてその名を轟かせていた訳だが、

それから四半世紀経ち、その市は補助を打ち切り、その活動の拠点である給食センターでの使用料を払えと言ってきたのだそうだ。

利用者からお弁当代は頂いているとは言え、内情は潤沢な訳ではない。

調理する人には交通費は出る、お弁当を配る人にはガソリン代くらいは出る、母ら理事たちは交通費も出ていない・・・

と、いうくらいのボランティアの会。

利用者の高齢化=亡くなる方々もいる訳で「100食を超えないと赤字」の会が、毎回の使用料を払える訳なかろう。

議員に陳情、その他、涙ぐましい会員の努力で、3年間の執行猶予が決まったが、直後、給食センターを取り壊すと決めたのも市だ。

2018年4月、保育所として再オープンのため、年内での活動打ち切りが自動的に決まったらしい。

鎌倉市内の高齢者の食を担ってきた給食センターは閉じられ、年明けから改築とのこと。

時流と言っていいのか、時流に乗るベキではなかろうと思うのだが、老人福祉はもうお仕舞いということなのか?

 

実際、今はコンビニでも何処でもちょっとした食事は手に入り易くなったかもしれない。

中食だらけの世の中、手を伸ばせば簡単に食にありつけるだろ?と、オカミは思っているのかもしれないが、

そんな風に簡単にはいかないのは考えるまでもないこと。

利用会員さんの中には、本当に終わりなのか?なんとか続けてもらえないか頼んで来られた方多数、市役所に苦情の電話をかけた方多数・・・。

「今まで毎週届いていたご飯が、もう手に入らなくなってしまう」

そんな思いをさせることが姨捨山もいいところだと思うのは、決して私だけでは無いはずだ。

 

何度も言うが、立ち上げた本人たちが、その恩恵に与れぬまま、この素晴らしいシステムは閉じられる。

 

昨日と今日配られた最後の会報には、調理、配達各々の何人かが、各々の思いを綴っている。

関わった人たちの、この活動に対する想いが溢れていて、思わずもらい泣きをしてしまうくらい温かい。

 

ファンも多かった、母の手書きの献立表と添えられたひと言。

ここまで続けて来られたのも皆様がおいしいと召し上がって下さったからこそです

本当に有り難うございました

どうぞ今後とも、お健やかにお過ごし下さいませ

 

「市井の主婦たちのボランティアによる心のこもった家庭の味のお弁当が、この鎌倉にあった」その記録。

願わくばこの御縁が何らかの活動に、再び繋がっていくように。

 

ベルの会の皆さま、四半世紀、お疲れさまでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

@東博

2017-11-24 19:53:28 | びっくり

早めに出島した訳、その壱、運慶展

22~27日まで夜九時まで開催♪に少々期待したけど☆めちゃ混み☆30分待ち!

猫も杓子もうつぼも運慶展だもんな~

鎌倉に多い慶派、動きの大きな仏さまは昔から好みではあったが、
博物館で観るのは寺とはまた違った趣

興福寺で見てる筈なんだけど、改めて良かったのが、父、康慶♪

展覧会に出される時には、魂を抜かれるという仏さま
そのせいか?覗き込んでは失礼に当たる~とか、あまり考えず、ズイズイ見詰め回して帰ってきた


少しだけ、何かが見えたような気がする霜月のおわり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古壺巻き

2017-11-22 13:56:40 | おしらせ
この数日間、荒れ模様だった御蔵島、今朝は無事就いてます。

昼もたぶん就いたハズ。

ハズなのは、実を言うと大島なう。

一足先にヘリで出ました。

毎度ヘリは飛行中の爆音が耳に影響あるのでは?

と、気になっていたので、防音効果を狙って古壺を巻いてみた。

古壺巻き❤
流行るかしら~❤

本にゃん不機嫌半端ねぇ☆

ということで島の家、しばらく留守に致しますm(__)m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加