知場映児(しるばえいじ)の「女と男の泥酔(ずぶろく)語嬰歌」

今宵も新橋酒場だまりに漂い蠢く女と男。酒場聖の語人が酔いつ謡いつ、こいち酒からはしご酒にと誘う泥酔ブログ・・

新橋酒場だまり彷徨癖(酒まかせ&まかせ酒)

2017年05月19日 | Weblog

酒場聖なる語人の
「酒まかせ」

さて
赤い夕陽に ガアドが熟れりゃ
酒場だまりの スミ子の店に
揺れてオイデスル 縄のれん
指で弾けば 相待ち笑顔
敷居さえ 跨げば 
酒まかせ

はて
少し独酌も 廻ったようで
酔いに伴れられ ヨーコの店へ
杯を重ねりゃ 口八丁
弛(たる)む口もと 大法螺子ぼら
甘言さえ お出まし 
酒まかせ

ほて
眩しいほどの 通りを避けて 
終の止まり木 テルミの店へ 
しどろにもどろの 酔いしぐさ
酒まかせ
どうにも泥ろ酔い 看板のれん
仕舞うさえ 夜毎の 




酒場聖なる語人の
「まかせ酒」

何んでも良いんだよ 独酌の当ては
一人ちびりき 呑るからさ
手造り自慢の 
突出し小皿に 立つ香り
好燗 人肌 
猪口を啜って 
舌鼓

それで上等だよ 徳利の替えは
揃いの絵柄で 無くってもさ
お造り自慢の 
刺身魚の 粋の良さ
人情 巡盃 
話し誘って 
語るくせ

それで良いんだよ 小腹の足しは
冷めた賄いの 残りでもさ
包丁自慢の 
板長帰して もう一献
看板 消灯 
暖簾仕舞って 
差し差され
ジャンル:
夜遊び
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女と男の泥酔遊戯「酒場のし... | トップ | 徒然酒 飲食男女(おんじきな... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL