宇和島東高校28期の部屋

宇和島のことや身近なことを書いていきます。
同級生の集う場になればいいな・・。

高月山行きのこと

2017年05月05日 | 南予アルプス

昨日まで、広島の息子の所へ行っておりました。

【宇和島お城まつり】も、参加もできず・・。ちと残念、

 

今日は、三本杭行きの予定でしたが、天候の都合で中止との連絡が昨日あり。

あ~~、がっかり。

高月山に行ったのは、4月29日のこと。

シャクナゲの開花はまだ早かったけれど、その後みなさんがそれぞれ登られ、

花の開花状況も耳にしておりますが。

ま、過去の話にはなりますが、4月29日高月山行きのこと、聞いて下さいませ。

 

 

 

スーパー林道を車で走り、梅ヶ成峠への登山口から出発です。

まずは「猿のコル」  「コル」というのは、広い場所というか、そんな意味。

尾根伝いに歩きますが、、「猿のコル」なら猿の尾根の広い場所・・みたいな意味・・・かな・・?

5月6日:笑隆さんよりコメントあり。

【「コル」というのは、一般的に「尾根上のピークとピークの間の標高が低くなった場所」を指すのではないでしょうか。

そこが、たまたま少し広くなっているところもあるのではないでしょうか】

鬼ヶ城山系には、「猿のコル」「鹿のコル」「熊のコル」「猪のコル」などあり。

そんな中、なんと、あなた!!

 「肩のコル」

ってのがあるんですよね~~。

肩の尾根の広っぱね。

動物の名前がついてる中に、なんで、なんで「肩」なんやろね~~~、とさんざん言いつつ。

ここは、あれでしょ。

はい、記念写真 

本日のメンバー。

27期山内氏、山内氏の部下期待の新人稲田くん、島田くん、三好さん、やなこ。

ちゃんと、肩たたきしなさいよ~~。

 

 

さて、シャクナゲは。

宇和島T協会さんの情報では、見頃でっせ~みたいな感じだったらしいんですが、

いやいや・・。今年は桜の開花も遅かったし、気温も低かったせいか、花芽はたくさんでしたが、

まだ早かったようですね。

 これ!!

大木が倒れたらしい・・。わかりにくいですが、根っこです。

地面、岩まで持って行ってる倒木です。

なかなか見事なものでした。

大きさがよくわからないので「島田くん、お願い」

 

歩き始めて1時間ちょっと。目指す高月山が見えてきましたよ。

そう、あのお山のてっぺんまでいくんです。

 山内氏は、新人さんにあれこれレクチャーも

  

バイケイ草が群生してます。この花は白い可憐な花なんですが。咲くのは6月頃。

未だ見たことないんです・・・・。

鬼ヶ城山系。年々鹿の食害は激しくなっております。今回も、え?え?道がきれい、見通しがいい。

なんでかって・・・。地面に生えているはずの笹とか植物がないんです。

そう。鹿に食べられて。

・・・・・・、いったい、どうなるんでしょうね。

で、このバイケイ草は生茂っておりますね。どうやら、鹿も食べない植物みたいですね。

何らかの毒があるんでしょうね。

馬酔木(あせび)もそうです。

もう、こうなったら鹿に山を受け渡してしまったら、違った山に生まれ変わるのでは??

などと思ってしまったりして。

 

可憐なすみれ。産まれたてのような笹も・・・、すぐに鹿に食べられるんだろうな。

 

山頂に近付くにつれ、道は険しくなります。

シャクナゲはまだ早かったですが、あけぼのつつじは満開でした

 

約2時間後。山頂着 

 

山頂からの景色です。花は咲いていないけど、シャクナゲも。

お弁当を食べて、さて、登ったら下るの法則に則り下山。

 ブナの木、大好き

大きすぎて収まらない 

 

鬼ヶ城山系はブナの木の生息地の最南端なんですよ

梅ヶ成登山口まで下りたのは、13:50。

時間があったので、鹿のコルまで行き休憩。

その後、尻割山へと。

この日はお天気はよかったのですが、山は水蒸気が多かった。

「下界」はもやってました。

見慣れた風景、宇和島市街です。

 

梨の花が満開でした。

 

というような、春山行きの報告でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝霧湖マラソンと28期 | トップ | 宇東ボート部 おめでとう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿