宇和島東高校28期の部屋

宇和島のことや身近なことを書いていきます。
同級生の集う場になればいいな・・。

仁淀ブルーとオムライス街道

2017年09月24日 | 

友子さんのお誘いに乗り、参加して来ました

参加人数22名のバスの日帰り旅です。

連れていかれるがまま・・・・こんなのも好きです。

きさいや広場を7:20頃出発し、トイレ休憩も入れ

9:30中津渓谷着。

 本日の28期

やなこ、ふうちゃん、花ちゃん、かぁさん

曇りという天候。太陽の光が少ないのは、水の色に関係するのかなぁ。

先週の台風の影響はどれくらいなのかなぁ。

水量とか、透明度とか、いつもとどう違うのかなぁ…。

なんて、思ったりしましたが、初めて来たのでわかりません。

しかし、確かに、美しいブルーでした。

この渓谷には、七福神の石像が点在しているとのことで、歩きながら見つけていきました。

奥へ奥へと歩いていき

 この橋の向こうには・・・・・

 雨竜の滝

滝の上には、〆縄が渡されていました。

神秘的な風景 

 

神秘的なおばさんたち・・・・・・

大黒天だけ見つけることができなかったのですが。

なんと、大黒天の持つ「こづち」の石像があったのですが、それが「大黒天」だということ。人物像はなかったわけ。

な~~~んだ~~~、「こづち」見た見た!!

ま、それにしても、気持ちのよい場所でした。

 

20分ほど走ると(バスが) 次の目的地    「池川茶園」

お茶農家の女性たちが運営されています。 川沿いに席があり、ゆっくりできます。

 川では

鮎釣りをされてました。

 

お茶と、私はほうじ茶プリン。 かぶせ茶ソフトクリームも!!

あ~~~~~ ほうじ茶プリン、おいしかったよぉ~~~~~

お取り寄せできます。 

 

ここから、またまた20分ほどで、次の場所。

「高知アイス売店」 こちらも仁淀川沿いにあり、店内では川を眺めながらゆっくりできます。

 が、私と花ちゃんは、さきほど「かぶせ茶ソフト」を食べたばかり。

 私は、これをお買い上げ~。

 

ふうちゃんとかぁさんがこれを買って、 

半分づつ、私とはなちゃんにくれたので、喜んでいただきました

 記念撮影

こんなのも。 顔だしパネルがあれば、とりあえずこうしちゃう

花ちゃん・・・笑ってないぞ・・。ふうちゃんは、拒否だったぞ

 

さあて。次は、 「日高村オムライス街道」 へ!!

お昼ご飯です!!  って・・・・・。お昼ご飯前に、あんなに食べちゃったわけ?  はい。

日高村の特産品である、シュガートマトを使って、お店によって個性的なオムライスが食べられるそうな。

バスは 「村の駅ひだか」 に停車。 各自好みのお店で昼食をとることに。

道中のバスの中で、あれこれ検討した結果、上のマップの11番「レストラン高知」のオムライスに決めてました。

しかし・・・ちょっと遠いんですが。スマホ情報では、徒歩19分。

「うん!大丈夫!!行ける!!」 と、オムライスという人参を目の前にぶら下げて、頑張って歩く、歩く!!

20分後。到着~~。(((o(*゚▽゚*)o)))

 オムライスセット

『2015年オムライススタジアムで全国準グランプリとふるさと賞をダブル受賞した話題のオムライス。

トマトピラフにふわとろ卵をかけ、地元野菜彩り鮮やかに飾り、

柚と生姜を絡めた鰹のフリットを乗せた傑作。』  とあります。プラムソーダとサラダ付き

美味しかった   こんな思いをしてたどり着いて、まずかったらキレるよね・・なんて。

器が熱く、最後までアツアツでいただけます。

下の方のごはんは少しおこげ状態になってきて、それも美味しい。

生のシュガートマトが、口の中をさっぱりさせてくれ、いいアクセントに。

ああ、満足じゃ 

 

 ← 満足じゃ、の面々。

で。また、20分かけてバスまで戻らないといけない・・・?

友子さんに連絡し、バスの進行方向であるここで拾ってもらうことになりました。

しかし。ということは村の駅に戻らないので、買い物ができず

シュガートマトや、トマトソースや、、、買って帰ろうとおもっていたけど、断念!!

また来るぞ!!

 

14:00頃。  佐川町。

佐川町並み散策。 ガイドさんに案内していただきます。

まず、佐川地場産センターに案内してもらいました。

佐川町は、城下町だそう。「一国一城の令」によって、ここのお城も取り壊しとなったそうな。

昔の佐川町の町並みを、20分の1の模型で表現したのが、↓ この方、栗田さん

 

詳しくは  ⇒  高知新聞

https://www.kochinews.co.jp/article/104204/

ふすまや障子もちゃんと動き、畳も本物の材料で作ってるんだとか。

栗田さんが、説明しながら、屋根をバンバン取り外し、中まで見せてくれるのですが、

いいんですか!という感じで次から次へ屋根を外して、ホイホイと置いていって・・・

ちょっと笑えました。

 屋根を取り外された、お殿様のお部屋。

 

どれも細かいところまで忠実に再現されているようです。素晴らしい。

こちらを後にし、町並み散策。

竹村家住宅

中村主水さんが出てきそうな・・・・・

お隣は、旧竹村呉服店  今は、おしゃれな雑貨屋&カフェ

佐川町は、「司牡丹」の酒造地だったんですね。

知らなかったわぁ。

司牡丹酒ギャラリー 

お酒の試飲。「仁淀ブルー」と「山柚子」

 美味しかったので、お土産に購入。

「ぢちち」 って?? 「地乳」のことでした 

私たちは、これは食べず、先ほどのお洒落な雑貨屋さんで、コーヒーを。

 本日の〆でした。

そして、帰路に着きました。

またゆっくり行きたいな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

職員旅行 最終日

2017年08月20日 | 

楽しい時というものは、あっ!!と言う間に過ぎるもの。

あらまぁ、もう帰らなきゃいけないわ。

8月19日のこと

ホテルを出て、バスを駐車場に止め、宮川朝市へ。

見たことのない、小さなキュウリ!!2.3センチのキュウリ!!

この朝市~上三之町あたり自由散策。

私たちは、もう、1日目二日目の時間に、古い街並み散策などしていたので、

この宮川朝市からまっすぐ行って、「高山祭屋台会館」へ向かう。 

 大きな鳥居。

石造りの鳥居だと、和霊様のが日本一のはずだけど・・・これ大きいよね。

石造りじゃないんじゃない?コンクリート???? とか、言いながら歩く。

飛騨高山櫻山八幡宮 

お参りし、 「高山屋台会館」を見学。

高山まつり、行ってみたいなぁ~~~、と思いました。

 

2時間の自由時間でしたので、ぼちぼち戻りました。

日常を離れ、さまざまな部署の人たちの集まりの旅でしたが、みなさんそれぞれ謳歌したもよう。

帰りたくないなぁ、仕事したくないなぁ、の声が飛び交いましたがしかたない、帰路へ。

 最後の昼食は、養老SAにて。

私は、飛騨牛そぼろ丼&茶そば    この旅、飛騨牛とそば三昧でした。幸せ。

 

 

さて。一日目の懇親会でのほうば焼き、ホテルの朝食でのほうば焼き、

とってもおいしかったので、ぜひともお土産に買っていこう!と。

で。本日の夕食。説明書とおり、ほう葉を10分ほど水に浸して、炭火がベストらしいけど、ホットプレートでもOK

ということなので、そうして。

味噌を塗り、お好みの具材を、とのことなので、そうして、加熱したんですけど。

ふんふん・・・・・家族の反応も、そして私でさえ、・・・・・・・・。

 

そして、ここで私は改めて思った。

「名物は、その現地で味わうべし」

「シャッターを押してもらう人を頼む時は、センスを推し量るべし」

「頼む人をミスった時は、頼んだ自分を責めるべし」

「ミスった写真は、それはそれで、その思い出とすべし」

な~~~んてね(*^_^*)  とほほ・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

職員旅行 2日目

2017年08月18日 | 

職員旅行、今年度は今回の第1班「高山・上高地コース」をスタートし、3月までの8コース。

私は、「上高地」の文字に、食いつき。このコースを選択。

で。二日目が、新穂高温泉~ロープウェイで 西穂高 その後アルプス街道平湯~上高地

という、私の最大のお楽しみであるんだけど・・。

いかんせん、お天気がねぇ。

日本で唯一の2階建てロープウェイにも乗り。

西穂高の展望台からの景色は・・・白くけむってまるで見えず。

ま、それでも、そんな山の風景もそれはそれで美しいものです。

どんな条件の下でも、山の景色はいつでもいいものです。

で。2基のロープウェイで下りた頃、ぱぁ~~~っと青空に!!なんだよぅ・・・・(-_-メ)

 

昼食は、飛騨牛のすき焼き鍋付き。ビールもいただき。

昼間っからビール・・・くぅぅ~~ いいね。

 

そして、バスは上高地へと。

ここへの道へは、途中で、「マイカー禁止」になるんだねぇ。

環境保持のためらしいわ。

観光バス、路線バス、タクシーじゃないと通行できないんだと。

そして、バスターミナルで下車し、散策。

河童橋~ウエストン碑~上高地帝国ホテル

この旅初めて傘をさしました。  急に雨が・・・。

といっても、10分~15分ほどの出来事でしたが。

 

帝国ホテル

あれ?見たことある??

松野町の「森の国ホテル」は、ここをモデルにして建てられたんだそうです。

梓川の水のきれいなこと!! 感動しました。

そして、高山に戻りまして。この日の夕食はフリー。

予約してもらってたお店で、飛騨牛ステーキのコース料理を。写真取り忘れもいくいつか・・・。

満足じゃ

ホテルまで、お喋りしながら、高山の町を歩いて帰りました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

職員旅行なう

2017年08月17日 | 

お盆休みで息子たちなど、賑やかでしたが。

昨日でみんないなくなり、我が家はまた淋しい三人家族だ。

と、いう本日から私は、職員旅行。

第1班のコースに参加。

お天気が気になりますが。

なんとか、今日は晴れてました。

伊丹空港からは、バスの旅。

お盆休み、夏休み、仕事再開、などの理由か、道路は混んでおり、

予定より一時間遅れ。

予定の所は間に合わず、ホテルへ。

懇親会までに、一時間ほどあり、近くを散策。

飛騨牛も美味しく頂きました。

コンビニで、あれこれ買い、ホテルへ。

連泊、シングルは、とっても楽ちん。

さ、明日も楽しもう!

お天気が気になるー。(・・;)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かしまし親子旅③

2017年06月13日 | 

2泊3日の「かしまし親子旅」も最終日。

いっぱい食べて飲んで喋って・・・。楽しかったなぁ。

昨夜、屋上露天風呂では、「バラ湯」だったのです

入浴客も、私たちが入った時にはみんな出て、写真撮影のチャンスだったのに、カメラ持参せず。

あ~~、残念。

ということで、朝風呂。

またまた、私たちが露天風呂に行った時には、誰もおらず。

 

姉妹で考えることは・・・同じ・・・・。 ^_^;

しかし・・・。昨夜の薔薇の花は撤去されており、まことに残念。

 

そして、朝食。

バイキングでの朝食。 満足、満腹。

各テーブルに、料理長さんがご挨拶に来られました。

窓の外のお庭には、スペインからやってきた、樹齢250年のオリーブの木があり、

それはパワーツリーとなってるんだそうです。

数年前にスペインから移植されたオリーブ。無事根付いて育ってるようで、素晴らしい。

 そんなこと説明されたら、

食後お庭に出て、写真撮るわよね

そして、お部屋に戻り    

かしまし旅も、もう最終日だなぁ、と思うとちと、淋しい。

この日は、妹は15時過ぎの飛行機で戻ります。

 

ホテルの売店であれこれ買い物し、荷物を預けて、道後をお散歩。

 

 

 ホテルに戻り 

 

さて。今回最後のお楽しみ。大衆演劇の観劇へと。

 松山劇場

今ここで公演しているのは、「紅劇団」らしい。

エレベーターで、5階だったか6階だったか・・・・・・・

 なんと、この日は「芝居の日」とかで

入場料大人1900円のところ、1100円だったのでした。

劇団員の方々も、衣装着てたり、お化粧しかけたりの姿で、お出迎えやらしてくれます。

 気軽に写真にも応じてくれます。

 劇場はわりとこじんまり。

歌謡ショー、お芝居、歌謡ショーの3部構成らしいですが。

私たちは、時間の都合で、2部終了後、席を立ちました。

私は、杵築市で初めて大衆演劇体験したことがあり2度目、母と妹は初の大衆演劇でした。

なかなかハマルよね。

とても楽しかったです。

 

そして、松山駅。

 この旅、最後の写真です。

ここでお別れ。妹は空港へ、私と母は宇和島行き列車へ。

かしまし親子旅2017、今回も楽しかった~~

春美ちゃんありがとう。

また来年よろしくね。 一番は、母がこの旅に行きたいという元気を持ち続けてくれること。

いつまでも三人で旅にでられますように。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かしまし親子旅②

2017年06月12日 | 

二日目です。

お遍路さんの団体さんや、サイクリストさんたちが多かったようです。

みなさん、早起きのようで・・。私たちは、8:00過ぎての朝食。

さて、本日は、しまなみ海道を走りましょうか。

ホテルのロビーで観光案内を見てみて気になり、これ!行こう!

  「急流観潮船」

来島海峡は、日本三大急潮のひとつなんだってね。

電話で問い合わせると、14:40の船がこの日一番の渦を見ることができる時間とのこと。

その時間を予約。

大島にその時間に、ということで。

 

チェックアウトし、一路しまなみ海道

まずは、大三島へ。   定番の「大山祗神社」

私は何度か行ったことがありますが、母と妹はお初。

神様と相撲をとるという、豊作祈願の行事はニュースで目にします。

「あのお相撲は、ここでとるんで、ニュースで見たら、ここのことやけんね」

御神木の、大楠。小学生が遠足か何かでやって来てたので大きさがわかるぞ、と 

小学生の姿わかるかな・・・・

 母と大楠。推定樹齢2600年だとか・・・・

「お母さんなんて、この楠に比べたら若い、若い~!!」

ゆっくりと見物し、国宝館も見学し、大島へと。

吉海ばら公園にて。

かしまし親子は、バラより美しい~~

なんて、張り切って写真とってますけどね。

じ・つ・は。 私には既に、不幸が襲っていたのでした。

携帯を、ト○レに、落としてしまった・・・・・。はははは・・・・・

はははは・・・・・

そんな時、人は迷わず手を突っ込み目にもとまらない早さでそれを救い取るものだ、と実感。

シムカードと、SDカードを取り出し、本体も拭き拭き。

しかし、本体はどうやらだめらしい・・・。

 

テンションダウンの私でしたが・・。しかたない。

急流観潮船乗り場の近くの道の駅で、遅いお昼ご飯。

乗船には時間があったので

亀老山展望台へ。

来島海峡大橋

 携帯をト○レに落としながらもけなげに笑顔を作る私

さて。 急流観潮船で、

来島海峡大橋を海から見上げるのは初めて

海なのに、川のように流れてるんです。

渦潮が、あっちでもこっちでも発生してました。

村上海賊の住んでいた島も見ることができました。

数百年前に、海賊たちが作った、道(階段)も見え、なんだか感動モノでした。

造船の町。いくつもの造船会社があり、完成間近の船や、推進式前の万国旗の飾られた船など

間近に見ることができました。

ガイドさんによると、一隻の船が完成するのには3カ月ほどの期間だそうで。

数社の造船所が船を造っているのですから、進水式はわりと頻繁に目にすることができるとか。

ぜひ、一度はそれを見てほしいと言われてました。感動するそうです。

「来島海峡急流観潮船」 他にもいろいろお話を聞いたのですが・・・

詳しくは     こちら     いい体験でした。

お別れにガイドさんが「瀬戸の花嫁」を、それも2番を歌ってくれたのですが、

私の前に座っていた若者の反応が、おいおい!これこれ!!だったのでした

 

この日は、道後温泉泊。

 

飲んで、食べて、おやすみなさい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かしまし親子旅①

2017年06月11日 | 

この4月に父の13回忌をすませました。

父が亡くなって、一人暮らしの母と、近所にいる私をねぎらってくれて、

妹がお接待してくれる「かしまし旅」

(妹によると 「一年分の親不孝をチャラにしてもらおうと、毎年母と姉と3人で旅」ということらしい)

父が亡くなった翌年から、毎年、北は北海道から南は鹿児島まで、母が行ったことのないところへ、と。

毎回親子三人、とても楽しい思い出を作ることができてます。

 

さて、今年は。

4月の13回忌を無事に終え、母がとても疲れた様子。

本人も、近くでいいよ・・・と言うので、今回は愛媛の旅となりました。

 

妹も私も行きたかった「タオル美術館」をメインに。「今治湯の浦温泉~道後温泉の旅」

 

愛知から飛行機で松山へやって来る妹がレンタカーで、宇和島から松山駅着の私たちを迎えに来てくれました。

そこから、今治へと。

 お昼ご飯

「B-1グランプリ」で入賞している「焼き豚玉子飯」の発祥のお店らしい「白楽天」へと。

道の駅で食べたことはあったのですが、え?と言う感じだったので、

ちょっと、本場で食べてみよう、とね。

うんうん。美味しかったよぉ。 「B級グルメ」って感じですがね。

ああ、お腹一杯。

かき氷の「登泉堂」が近くにあったのはわかっていたのですが、今回は断念。

 

いざ、「タオル美術館」へ。

 わ~~いわ~~い、ワクワク

 

ムーミンがお出迎え。右手は色が変わってました。みんなが握手するんだねぇ。

もちろん!ワタクシもね。

タオルの原料である綿で作られた巨大オブジェや

 

ムーミンと仲間たち

 

 タオル工場見学ブースあり

 

タオルの人物(?)と同じポーズをする姉妹  ・・絶対やりそう・・・でしょ?

ムーミンの世界の入りぐちは、40mものムーミンの作品中の挿絵をタオルにしたもの

まあとにかく、ムーミンの世界なのよぉ~~~

 

 

  コットンでできたムーミンの世界

 

砥部焼作品などとタオルのコラボなども

 

 

ムーミンの世界だけでなく、マタノアツコさんの作品のいろいろや、山下清さんの作品をタオルにしたもの展など、

見ごたえありました。

ムーミンガーデンも楽しめました。

トーゼン、お買い物もね。

妹も私も、行きたかった所なので、大満足でした。

たっぷり時間を使いました。

 今治城に立ち寄り、

宿泊先の「汐の丸」へと。

 自転車整備コーナーあり

貸し自転車も充実 

さすが、自転車王国(?)しまなみの道

 

はい、今年も三人元気で「かしまし旅」できたね、乾杯

そして、賑やかな三人旅の夜は更けゆくのでありました。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

かしまし親子旅2015 ②

2015年11月02日 | 

              10月24日 (土)

昨夜は、すき焼きとビール、日本酒の夕食でした。

食事前に、「お飲み物は?」「おビール1本お持ちしましょうか?」との問に、

「いえ・・3本ほど、お願いします」と言ったら、とっても呆れられ。

「女性3人がそんなに!!お断りしておきますが、お食事はとってもボリュームがあり・・なんだかんだ・・・」

「いえ。大丈夫ですから」

結局、そのあとも、ビールとお酒のおかわりも。

という、夕食でした。

外湯、「金の湯」に行こう!と言ってたけど、お腹いっぱいになりすぎ、バタンキュー。(´>ω∂`)

  

 

  朝がきて    7時過ぎ。朝湯に浸かって・・・、さあ!! 本日も始動だっ

有馬六甲ロープウェイで、六甲山山頂へ。 

 

 

紅葉具合は、ところにより色づいてる感じ

砂防ダムの堰堤  目鼻みたいで、かわいいでしょ。

12分で、山頂駅に到着です

六甲ガーデンテラス   「六甲枝下」  ま、遠くから写真撮るだけでいいかな・・・。

その後は、お土産など物色。

ここから、六甲山牧場へはバスで40分ほど、とか。

バスでの移動はせず、有馬へ戻ります。

帰りのロープウェイの乗務員さんの案内が、と~~~っても面白くて。

しかも、ご本人、淡々と、しかも、ナイスな間で喋る・・。はぁ~~~、さすが関西人

車に戻り、六甲ドライブウェイを走り、六甲山牧場へ。

 ひつじさんたち、あちこちでのんびり

 

柵の中の黒ヤギさんと、自由に歩き回れる羊さん。どうやら、恋人同士のもよう

 シープドッグショーがあるみたい

お昼ご飯を食べて、ちょうどいい時間なので、行ってみました

 

牧羊犬とトレーナーとのコンビで、羊を動かします

この日のショーの牧羊犬は、ルーシー(雌)

可愛くて、とてもおりこうさんでした

 晴天の六甲山、数十年ぶりに楽しみました、とさ

 

六甲山牧場を後にし、一路神戸市街へ。

次の目的地は、JR長田駅前。若松公園内にいる、あのお方に逢いに!

 鉄人28号だぁ!!

でかっっ

鉄人28号の作者、横山光輝は神戸出身だそうで。

震災復興と地域活性化のシンボルとしての期待を託し、作られたそうです。

 トーゼン、こんなことするわね

カッコイイわね  

 

こんなことして遊んでみました(*゜▽゜*)  photo by イモウト

 

そして、三宮のホテルへと。部屋に荷物を置いて、夕食は、東高の先輩が経営されてるお店に行こうと、

場所を確認してから、三宮センター街へ。ちょっとお買い物。そして、夕御飯。

 釣り天狗神戸本店

以前、ちずこねぇさんが連れて行ってくれたお店のつもりで探したんだけど、行ってみたら別のお店でした。

 

 やはり、愛媛、宇和島色でした

モチロン、「里芋の唐揚げ」注文しました!!  

そして、神戸の夜は更けゆくのでありました。

かしまし親子旅2日目のことでした。  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かしまし親子旅 2015

2015年10月31日 | 

この、「かしまし親子旅」 始まりは、2006年。

父が亡くなって、1周忌を終えて。 

愛媛を離れて暮らしている妹が、母と私を接待してくれるようになりました。

毎年楽しみにしている親子3人の旅なのです。

いつ、どこに行ったのだったのかな・・?なんて、写真はたくさん撮るけどアルバムにもしないし、

結局のところ、このブログからたどっていって、判明したりします。

なので、この先も、記録として残させて貰おうと思います。

 

     10月23日 (金) かしまし旅1日目

宇和島発の母と私、瀬戸発妹、伊丹空港で合流したのは、11:30頃。

それから、レンタカーでスタート。 

途中でラーメン屋さんで昼食を済ませて12時には目的地に到着。

 

池田市にある、 「インスタントラーメン発明記念館」

以前、ふじよしさんからのレポートもあり、末っ子も行ったこともあり、行ってみたいところでありました。

 

日清製品のトンネル

 

初めてインスタントラーメンを完成させた、「小屋」やら

インスタントラーメンの歴史がわかるようなところでした。

 

なんと!!懐かしい自動販売機!!18、19歳の頃利用してました・・・

それから、数十年後。宇宙食になってるんですよ!!!!

さて、ここに来たらば、是非ともして帰らなくてはの「myカップヌードル作り」

自動販売機でカップ(300円)を購入し、 

フタを付けてもらったあと、オリジナルカップを作成。備え付けのマジックでお絵かきなど。

 

そのカップに、麺を入れます。グルグルと回転させると逆さにしたカップに麺が入ります。

実際の工場での工程と同じそうです。

麺が入ると、次は、好きな具を4種類選んで入れてもらいます。

味も、カップヌードル、シーフード、カレー、チリトマト、から選びます。

その後、フタをして、周りを包んで、出来上がり。

あ~~~、面白かった(*゜▽゜*)

 

そして、この日の宿泊先である有馬温泉へと。

チェックインには少し早かったので荷物を預けて散策へと。

有馬温泉、 「最後の職員旅行」 と行った時から3年半ぶりだな・・。

お土産も物色、購入。楽しいお散歩

 

有馬温泉は、カラスが発見したという一説もあるそうな

源泉も数箇所ありました 

 ねね像の前で

太閤秀吉は有馬温泉がお気に入りで、ねね姫とも来ていたという・・。

有馬温泉街の散策を楽しみ、お宿へ。

 

なにやら、「温泉地おみやげ購入券」キャンペーン実施中とかで、

一人2000円分のお土産購入券をいただく。わぁお

 温泉に浸かった後、夕食

はい。今年も親子三人、元気   

妹のだんなさんが三人に買ってくれたダウンベスト着用して記念写真です  

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国土産

2015年01月12日 | 

有休フル活用のごんこちゃんの、韓国土産です。

                                         

              

 「韓国って、かたつむりのクリームとか、有名よね」「そーなんです!!」

 で。パック数種も

                    果たして、疲れた56歳に有効か?!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加