LeBrong

LeBronを中心に語るNBAブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MIA@CLE

2017-03-07 13:24:11 | 2016-2017 RS

Miami Heat vs Cleveland Cavaliers - Full Game Highlights | March 6, 2017 | 2016-17 NBA Season


Heat vs. Cavaliers - Box Score - March 6, 2017 - ESPN


前のゲームはLeBronとIrvingが休養しリフレッシュした状態で今日のゲームに臨んだ。
前の試合終盤にJRとMIAのメンツが小競り合いを起こした事や、D-WillとBogutのCLEホームのデビュー戦等、このゲームは見所に尽きない一戦になると思ったが、試合結果は98-106とCavsに微笑まなかった。

気付けばMIAもPO圏内を狙える位置まで浮上してきている。
この調子を維持できればPO進出も実現可能かもしれないね。
3月に入り調子の出ないCavsもウカウカしていられない状況だ。

Irvingはこの日ゲームハイの32Pをマーク。
LeBronはFG=11/22、3Pは2/5で30Pをマークした。

Kyrie Irving Full Highlights 2017.03.06 vs Heat - 32 Pts!


LeBron James Full Highlights 2017.03.06 vs Heat - 30 Pts, 17 Rebs, 6 Assists!


しかし、この2人以外に二桁得点を挙げたプレイヤーがおらずスリーに至ってはLeBron、Irving以外で2本以上決めたプレイヤーは居なかった。


スリーはCavsの武器の一つでもある。
先日のATL戦にニューレコードを作ったのは記憶に新しいかと思う。
反面、スリーに対するDFは…はっきり言って悪い。
ここ2試合、MIAはCavsに対して3Pを34/69(49.2%)と効率良く沈めている。
まさにCavsの弱点を突いてきた形だ。

この2戦だけではありません。
ATLにはスリーを10本、BOSには13本、CHIにはシーズンハイの15本と相手も着実にアジャストし始めてきている。
最後にスリーを1桁台に抑えたのは2月23日のNYK戦まで遡らないといけない。

今シーズン、Cavsは3PのDFがリーグ24位。
これはPO圏内のチーム中2番目に悪い数字です。
実に今シーズンだけで655のスリーを許しているが、これも5番目に多い数字。
POに照準を合わせているとはいえ気になる部分ではある。

もう一つの悪いニュースはBogutの故障。
相手選手と接触し、コートを後にした。
診断結果は左脛骨の骨折という事で、シーズンエンドだろう。
わずか1分にも満たない出場時間での出来事で本人も悔しかっただろうし、とても残念。
まずはしっかり完治させて、願わくばまたバスケットができるようになる事を祈りたい。

この故障後ちょっとTLが騒がしくなっていたので最後に一つだけ。


楽な選択なんてねぇから。マジで。


以上です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CLE@MIA | トップ | CLE@DET »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シロー)
2017-03-08 10:59:41
更新お疲れさまです。

現状のCLEのDFだと好調のチーム相手だと苦しいですね。
OFも3かレブロン、カイリーのペネトレイトだけなので3がこない日は手詰まりになってしまいますね。
OFはJR&らぶやん待ち。DFはPOになったら真面目にやってくれると思いたいです…
シローさん (utgw)
2017-03-08 18:38:17
シローさん、コメントありがとうございます。

今シーズンのCavsは決まったスキームではなく相手に合わせてDFを調整しています。
このゲームは主にPnRから崩されて、中にDFを絞ったところにスリーを効率良く決められていました。
WaitersはマッチアップがKorverに代わってから意識的に攻めていたのも印象的でしたね。
OFに関しては駒が揃えばそれほど心配してないので、問題はDFですよね。

Bogutはとても残念でした…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL