LeBrong

LeBronを中心に語るNBAブログ。

Game3 CLE@IND

2017-04-21 14:50:54 | 2016-17 PO
The Cleveland Cavaliers Complete the Historic Comeback in Indiana | April 20, 2017


今から約3ヵ月前、LeBronはスムージー・キング・センター内のビジターロッカールーム内でリポーター陣のインタビューを受けていた。

その日CavsはNOPに対して厄介な負けを喫しチームに対して苦言を呈していた。
そして今夜、1月下旬の夜以来彼らがどれだけ登りつめたかを示した。

LeBronはCavsを119-114で勝利に導いた後「チームが構築された理由はこの為だ」と語った。
「今年はチャレンジの年だ。なぜなら故障者が続いたからね。我々のベンチメンバーは今夜ゲームボールを持っていた。Frye、Shumpert、D-Will、Korver、彼らが出てきて我々に大きな時間を与えてくれたし、我々はそれを必要としていた」


Game2ではCavsのBig3、LeBron、Love、Irvingはチームの117P中89Pを稼ぎチームは6点差で勝利した。
そのトリオはEastの他のチームと比較しても、Cavsにとって大きなアドバンテージである。

今夜は、Cavsがポストシーズンの歴史の中でも最大となる逆転劇を見せた。
25Pものビハインドを巻き返したのだ。
アンストッパブルなOFと今年はよく見かける事のなかった良いDFで。
それはLoveとIrvingをベンチに置いた状況の中で起こった。

「POでの決定は難しい」Lueは語る。
「彼らが上手くいけば、私は長い時間コートでプレーさせようという意思を思っていた。それがPOバスケットボールの全てです。みんながステップアップして上手くやってくれた。我々にとっては素晴らしい勝利だった。試合後彼らはハッピーだったよ」

LeBron、D-Will、Shumpert、Korver、Fryeのラインナップは2Qの頭に約1分8秒プレーしたが、
このグループが歴史的なカムバックを作り出した。

Frye「私のマインドに疑いはなかったし、私はみんなで何か特別な事をやろうと言っていた。前半は、Cavsのバスケットボールをしていたとは思えなかった」

LeBronは4Q休む事なくコートでプレーした。
それは驚くことではない。
Lueは彼をコートから連れ出す事が出来なかった。
D-Will、Korver、Frye、Shumpertも同様。
Cavsは4Qに35-23でINDを上回った。
FGは62%、スリーも同様に高確率で沈めた。

「彼らは素晴らしかった、クレイジーだったよ」Irvingは試合後ベンチグループについて語った。
後半のある時点で、Lueは2人のオールスターをチェックインさせようとも思っていた。
Loveは準備が出来ていると頷いていた。
しかし、今夜は彼の夜とはならなかった。
そしてIrvingも。
オールスター2人は3QまでにFG8/29で26Pをマークしていた。

今夜文字通りチームを引っ張ったのは大黒柱のLeBronだった。
彼はポストシーズン17回目のトリプルダブルをマークし、セカンドユニットを率いた。
FryeやKorverといったシューター陣に囲まれたLeBronをそう簡単にはストップできないジレンマに陥る。
4QだけでFG5/9=15Pをマーク、更にこの日はスリーも好調でアンストッパブルだった。
INDはシューター陣にステイする方針をとったが、それは即ちLeBronのドライブレーンを開ける事を意味する。
「それは我々が望むもの。LeBronにスペースを作り出す事で彼が上手くプレー出来る事を望んでいるんだ。シューターを並べる事でスペースが生まれ彼はペネトレイトできるし、素晴らしいパスも繰り出せる。彼はコート全体を見ているし、ガードする事は難しいよ」

今夜の活躍はグレイテストゲームの一つと語り続けられるだろう。
更にKobeのPO通算得点と3P成功数をスキップし、通算レコードの順位を一つ上げた。

LeBron James EPIC Triple-Double ECR1 Game 3 at Pacers - UNREAL 41 Pts, 13 Rebs, 12 Ast!







OFばかりに目が行きがちだが、鍵となったのはDFだろう。
ShumpertはPG13を必死にディナイし、簡単にボールを渡さないようにした。
結果的にINDのOFの時間を潰す事に繋がったし、INDは完全に足が止まりアウトサイドからの単調なOFに終始した。
前半はオフェンスリバウンドをいくつか奪取され厳しい局面を作ってしまったが、後半はチーム全体でリバウンドに絡み続けセカンドチャンスを減少させる事に繋がった。

RSなら間違いなくブローアウト負けを喫していたと思うが、やはりPOとなると一戦の重みが違う。
今日のゲームは今後のCavsにとってターニングポイントになるかもしれないね。

連覇まで後13勝。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Game2 IND@CLE | トップ | Game4 CLE@IND »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
伝説を創るチーム (かっつん)
2017-04-21 19:44:33
更新お疲れ様です。
自分の中で今回の勝利はシリーズ中から続いていた胸のもやもやを払拭してくれるような1勝でした。
ベンチメンバーもここにきて噛み合い始めたように感じて、今後もシリーズを進める中でより結束していけることを願います。
PTに関しては相変わらずレブロンの負担が気になりますが、ここまで来たらスイープを決めて2ndラウンドまで休息が欲しいですね(^_^;)
Unknown (kyle)
2017-04-22 03:04:35
更新お疲れ様です!
いやぁこんな試合見た事無いなあと思ったら歴史的な大逆転劇だったんですね。
特にレブロンの50(!)-50(!)-50(!?)は度肝を抜かれましたw
それにはコーバーとフライの57%という高確率のスリーがレブロンの活躍をお膳立てしたとも言えますし、逆もまた然りだったと思います。
後は第3Qだったか、レブロンが何気なく見せた笑顔は王者としての自信が垣間見えた瞬間でした。
かっつんさん (utgw)
2017-04-24 21:10:46
かっつんさん、コメントありがとうございます。

このゲーム前半終えた時点では「こりゃ不味いな…」と思っていたんですが、ベンチメンバーを中心にDFからリズムを掴んで逆転に持ち込めた点は素晴らしいと思いました。
セカンドユニット+LeBronはチームにとっても重要な時間帯になりそうです。
kyleさん (utgw)
2017-04-24 21:14:59
kyleさん、コメントありがとうございます。
そうです、NBAのPOの歴史の中では最大のカムバックだったようです。
LeBronはFTがもう少し決まってくればいいんですけどねぇ…せめて7割ぐらいは決めていかないと。ただスリーが好調な時は止めようがない、破天荒な選手でもありますね 笑

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL