『宇都宮教会のいろいろ』   ☆ブックマーク欄「宇都宮教会ホームページ」も併せてご覧ください。

インマヌエル宇都宮基督教会牧師 山田 隆・勢津子
 TEL 028-621-8661 ※24時間対応しております

牧師・礼拝説教(要約)

2016年06月27日 05時47分02秒 | メッセージ
【先週の礼拝説教回想】 6月19日
・説教者 山田 隆牧師
・引照聖句 ピリピ人への手紙3章12~21
・説教題  「栄光の姿に変わる」
▼私ども二人は一週間の「小伝道の旅行」をして無事に用を果たし、もどりました。留守の用事を、守っていただいて感謝です。
 両教会への途次、自然の雄大さと美。そう高くはないが地形の豊かさ。緑の多さと、人々の多様性、違いが私の心に印刻されました。岐阜教会の御用を済まして、古川、大場牧師方にご案内された白川郷のそれ、そこから名阪高速バスで通過する時に見せる鈴鹿山脈を見渡しながら、その雄姿と稜線美はまるでバッハのカンタータのような思いになってすっかり癒されておりました。
▼両教会での交わりとご用は、主の助けと交歓の時とされました。土地の人間の多様な生活と共通性の中で、基本的でだれでも微笑ましいと思える情景は、母がその子を愛して胸に抱き寄せ頬をつけて愛情と守りを現し、子はあどけなく母に微笑み返す姿でした。表現に多少の違いがあっても、母と幼児の間に通う愛情と信頼の関係は、神が私たち、ことにクリスチャンに現わされている関係だと自覚されました。
▼年を取った老人になり果てた男女の多さ、老いてもなお働き、生きなければならない苦労の生活を伺える場面も多見させられました。自分も老いゆく者として、子育ても苦労や、行き届かなかったことを思い返されもしました。
▼私たちは、実際日々の経済的戦い、健康の保持、退陣関係の諸問題の中で信仰生活をしております。殊に高齢化社会の一員としてです。
 21節「キリストは、万物をご自身に従わせることのできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自身の栄光のからだと同じ姿に変えてくださるのです。」とあります。
 ピリピ書は獄中において、つまり、身体的に制約されて、暗く、希望のないところから出された手紙ながら、「喜び」の文字が多い手紙です。出す相手の信仰にも共通のものがあって、立派なクリスチャン、教会でした。
▼「何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくださます。」
数日前の、目覚め時に通った言葉でした。(ピリピ4:6~7)
▼私たちは栄光は約束されていますが、人間、土の器であることは免れません。しかし、復活と栄化してとこしえに神と共に生き、仕える存在となることが約束されています。
しばしの苦しみは、とこしえの栄えを受ける門にすぎないことに、共に認識してまいりましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師・エッセイ

2016年06月26日 14時19分26秒 | メッセージ
『感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ。主に感謝し、御名をほめたたえよ。 主はいつくしみ深くその恵みはとこしえまで、その真実は代々に至る。』(詩篇100篇4~5節)

祈 り
☆17日福祉プラザでの森下辰衛先生を講師として迎えた文学講演会では24名の出席がありました。
☆「町たんけん」報告
豊郷中央小2年生31名。先生・保護者9名。質疑応答、紙芝居、オカリナ演奏。しばらくして、校長、副校長先生がお揃いでお礼においでになり、感謝が重なりました。
☆月曜日、矢板ホーリネス教会での栃木聖化委員会で、来年の大会会場は、順番で当教会と決まりました。講師の選定は委任されております。
☆会員相互の健康のために。
☆今年の上半期感謝献金のご協力をお願いします。

♪今週半ばの集会♪
6月28日(火)聖書に学ぶ会     10:30~
6月30日(木)ミニチャーチ集会   13:30~
7月 2日(土)公園CS 15:00~ ニュー富士見ヶ丘2号児童公園
6月30日の集会の場所については教会にお問い合わせください。
☎028(621)8661

教会学校金言☞ 『恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。わたしがあなたとともにいるのだ。』(使徒の働き18章9、10節) いつまでも信仰を保ち、与えられた使命を全うする者となることを学びました。

次聖日の礼拝説教  ダニエル書2章40~46節「永遠に立つ国」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師・余白余録

2016年06月22日 05時07分24秒 | メッセージ
ビリー・グラハム著「神との平和」を見出すにはpp.35~37
―回心はどのように起こるか―
 人がどのように回心するか、ということはその人がどのような人であったかにもよります。
 ある場合には、人生に意味を与えると思っていたものや、人生の中心になっていたことなどがなくなってしまうような、個人的な悲劇や社会的な変動と言った人生の危機のような時に来ます。このような時に神様は私たちに、すべての上におられる神様だけが本当の力と愛との源泉であるということを見せてくださいます。
 一方、人生の幸福の絶頂の時に回心が来ることがあります。すべてがうまくいっていると、私たちは神さまの寛大さに感謝したい気持になります。あるいは、私たちが成功しているのにまだ物足りないような時、人生にとって大切な何かが欠けていることに気づきます。
 ある回心は突然のことです。ある人はそれまで偶像を礼拝していたのに、突然イエス・キリストを通して真の神様を礼拝するようになり、今までの宗教にかかわる道具を燃やしてしまうことがあります。けれども他の人々にとって回心は、内側の動機や欲望との、長い困難な戦いの後に訪れます。ある人々は、神様の赦しの必要を納得するまでの長い期間を経験し、回心はその追求と罪を責められる心の苦しみの頂点として訪れます。(つづく)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師・エッセイ

2016年06月20日 18時47分04秒 | メッセージ
『全地よ。主に向かって喜びの声をあげよ。 喜びをもって主に仕えよ。喜び歌いつつ御前に来たれ。 知れ。主こそ神。主が、私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。』(詩篇100篇1~3節)

祈 り
☆お祈りとお支えをいただき、5日の岐阜教会での説教と牧師たちの証しと交わり、12日の四日市の説教と聖餐式、午後の夫人牧師の証しをしてまいりました。当教会出身の牧師方での御用でしたので、感謝でありました。
☆留守の諸御用をされた方々、出席された方々に、無事守られた事にお礼いたします。主が私たちを更に祝福を増してくださることを。
☆今週半ばの集会が詰まっておりますのでご留意ください。

♪今週半ばの集会♪
6月20日(月)栃木聖化委員会 矢板ホーリネス教会
6月21日(火)読書会〔道ありき)十二 教会午後1:30
6月22日(水)豊郷小二年生と先生と父兄 来訪9:00~
6月23日(木)ミニチャーチ集会 11:00~
6月26日(土)公園CS 15:00~ ニュー富士見ヶ丘2号児童公園
6月23日の集会の場所については教会にお問い合わせください。
☎028(621)8661

教会学校金言☞ 「こうして、主のことばは驚くほど広まり、ますます力強くなって行った。」(使徒の働き19章20節) 人々が明確に悔い改め、罪から離れる中で、福音が力強く広まっていったことを学びました。

次聖日の礼拝説教  マタイ6章:24~29節「賢い建築者」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師・ミニチャーチ集会(兼祈祷会)(要約)

2016年06月09日 05時18分11秒 | メッセージ
・祈りの諸課題の祈祷
・聖書:主牧ヨハネ6:58
「これは、天から下ってきたパンです。あなたがたの先祖が食べて死んだようなものではありません。このパンを食べる者は永遠に生きます。」
テレビ番組の中で、断然多く目立つのは、より美味しい食べ物とそれに関連する職人や客でしょう。食べ物、ことに人々にまだ知られていないような料理や材料は受けるのです。このためには人は遠方からも来ています。
 キリストはご自身をパンにたとえ、食べるものは永遠に生きると、ご自分を奨めておられます。キリストとの関係がもっと親密になりたいものです。聖書を味読して。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師・余白余録

2016年06月08日 05時59分41秒 | メッセージ
トマス・アケンピス「キリストにならいて」岩波文庫 第8章
イエスとのうち解けた友愛について  2
 イエスにおいてでなければ、世界はあなたにとって何の援けになれよう。イエスなしにいるところは、つらい地獄である。またイエスと共にいれば、すなわち楽しい天国である。もしもイエスがあなたと共にいますなら、どんな敵も害を加えることが出来ないであろう(ローマ8の35)。イエスを見出す人は、良い宝蔵を(マタイ13の44)、全くあらゆる福徳にも優る宝蔵を見いだすのである。またイエスを失うものは、とても大した全世界よりも大きなものを失うのだ。イエスなしに生活するのは、この上ない貧乏人だが(ルカ12の21)、イエスに親しむものは、この上ない金持ちである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師・礼拝説教(要約)

2016年06月06日 05時49分54秒 | メッセージ
【先週の礼拝説教回想】 5月29日
・説教者 山田 隆牧師
・引照聖句 ヨハネ第二の手紙1~13
・説教題  「キリストの愛とは」
▼聖書辞典 いのちのことば社 より
あい〔愛〕の項目の引用
▼うイエスが積み深いマグダラのマリヤ、サマリヤの女、母マリヤ等を愛したという時、ペテロ、裏切りのユダ、ベタニヤのマリヤとマルタ姉妹とその弟ラザロに対する愛も、その人の罪や人としての尊厳をどちらもそのまま認識し、罪の赦しの愛をそのまま自然に向けておられました。世は乱れ、男女が合えば、どんな人も、エロスか自制された肉体愛か、健全な親子の愛か、滅多に見られない神の愛か(アガペー)となります。エデンの園でアダムとエバが罪を犯しました。その結果、互いに恥じたのは互いが裸でした。結果互いを肉体関係で「知った」と書かれてあります。
 善なるものも、誤って関係すれば厳しい罪になるが、健全なわきまえ、判断力、道徳心があれば、祝福された人間関係が生じて、神の祝福と人の栄光が現わされ、人は造られた喜びの中に保たれるように造られています。
▼キリスト者の間における愛とは、どのようなものでしょうか。新約聖書に多く見られます。キリストの愛から出たものです。神と人とを愛する善いものの実体と現われと申せましょうか。人は堕落して、現今、昔からあったように大変乱れてまいりました。クリスチャンは警戒しなければなりません。誘惑の誘いの手は、世の中ふうに等しく伸ばされているからです。誤って、折角の尊い心と身体と魂を汚さないことは、神の子の基本です。
 どんな人でも、ことにイエス様を信じているほどの者はこの望ましい、清い品徳に長けていることが願わしいのです。男からのものが最初でしょうが、男女間の反対の場合も生じるのです。男子が女子の誘惑から守られるように。
 主イエスはペテロ、ヨハネ、ヤコブを愛しなさいました。また、マグダラのマリヤ、サマリヤの女も愛することが出来ました。聖い神の愛からです。
▼この手紙の差出人の長老ヨハネ(使徒ヨハネ説が多い)は、1節に「選ばれた夫人とその子どもたちへ。私はあなたがたをほんとうに愛しています。私だけではなく、真理を知っている人々がみな、そうです。道理、わきまえ、豊かさの願いが作られて、変わらない主の喜びをいただける愛の中にいたいと願わされます。魂は主にあってだれでも愛されていくべきです。しかし、ことを悪くする悪魔が私たちの間を、神との関係を台無しにする誘惑からも勝って、自他共に愛され祝福が増しますように。
▼キリスト者の愛とは、魂を愛する愛で、聖霊によるものです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師・エッセイ

2016年06月05日 14時59分53秒 | メッセージ
『主に信頼して善を行なえ。地に住み、誠実を養え。
主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。』
(詩篇37篇3~4節)


祈 り
☆本日のご用者たちのために。
☆本日の出席者のために。
☆献花のご奉仕をしてくださる方のために。

♪今週半ばの集会♪
6月11日(水)公園CS     15:00~ ニュー富士見ヶ丘2号児童公園
☎028(621)8661

教会学校金言☞ 「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」(使徒の働き16章31節) 主イエスを信じる喜びが周囲に広がっていく素晴らしさを学びました。

次聖日の礼拝説教  マルコ5章:21~24節、35~43節「死からいのちへ」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師・聖書に学ぶ会(要約)

2016年06月02日 06時52分47秒 | メッセージ
・新しい来会者のための祈り
・学んだ聖書の個所。マタイ9:32~34「悪霊につかれたおしの人」
9:32 この人たちが出て行くと、見よ、悪霊につかれたおしが、みもとに連れて来られた。
9:33 悪霊が追い出されると、そのおしはものを言った。群衆は驚いて、「こんなことは、イスラエルでいまだかつて見たことがない。」と言った。
9:34 しかし、パリサイ人たちは、「彼は悪霊どものかしらを使って、悪霊どもを追い出しているのだ。」と言った。


問「ものが言える、言葉がしゃべれる、ということは人間の人格的ないとなみのどのような素晴らしい面ですか。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧師・今月のことば

2016年06月01日 06時03分37秒 | メッセージ
 今月のことば
牧者の広場 2016年6月 
 三重県伊勢志摩サミットに出席した米国のオバマ大統領が、途次、広島の原爆被害ドームをみて、謝罪お詫びを表現することを控えて、再び核兵器を使用しない方向に踏み出す決意を表明した。その災いと最大の危険の根源になっている原爆の大量所有国の元首が核絶の努力を致すのは良いことには違いないが、だからと言って、率先して、大量を廃棄するかといえば、だれもそうしない、出来ないことは先刻承知のはずだ。キリストの来臨とその御世が実現するまでは、人は他を手放しで信頼して「武器」を手放せなくされているからだ。
 記憶があやしいが、 米国原爆考案と製造の父のような役割をしたオッペンフィマーは後年悔いて、「罪を作った」と原爆製造に反対運動をして亡くなった由。
 「罪」というなら、人の罪と禍を人が消すことに似ていて不可能に等しい。人間の罪の消去は自分で自分の罪を否定や消去する事になるが、むしろそれを増幅したりすると最大のやっかいものなのだ。物質の消去でもは放射能となると、種類によってはとんでもなく時間がかかるらしい。
 人の犯す罪の消去はどうすればいいのだろうか。私たち人をお造りになった神に罪を悔い、告白し、そのために遣わされたイエス・キリストを受け入れることだ。人は改まり、良心の呵責からも解放される。その価は御子イエスは十字架で流されたご自分の聖なる血によるからだ。大きな予測のできない自然災害、人の不幸なわざわい、人々の個人や集団による凶悪な犯罪、金にまつわる犯罪はますます犯罪、偽預言者・教祖の氾濫は、聖書に神が愛と真実である故に啓示されている。新約聖書から読んでいただきたい。
 手っ取り早いのは、会堂や外見だけでなく、聖書を万遍なく勧めて、真実、同胞や国民を、個々を、見いだすことができれば、キリストの心をもっていのちをかけているキリスト者だ。それはあなたの側に放任しているかもしれない。偽者の時代。聖書で調べれば真偽が分かる。勧誘するのであれば、犯罪や詐欺が横行して金銭をまやかす類の偽ものだと思ってさしつかえない。
 共に考え、語り合い、救いの道を見いだしたい。

宗教法人 インマヌエル宇都宮キリスト教会   牧師 山田 隆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加