CuniCoの徒然・・・岩下邦子の独り言

日々の暮らしの中で、立ち止まったり、すれ違ったり。私の中のアレコレを思いつくまま、気の向くまま。

ノリの効いたシーツを見て、頭に浮かんだあれこれ・・・

2018-02-24 10:34:32 | 日記
久しぶりの日差しが、心地よい。
雨が降らなくては、作物は実らないし、
寒さを越えなければ、桜は咲かない。
もちろん、存じ上げておりますが、
やっぱりこの季節はお日様がありがたい。

とはいっても、日差しの強さは、
夏冬限らず強くなっていて、
そのことに驚いたりもする。

ここ数年、穏やかな日和・・・が少なくなってしまった。

社会全体もなんとなく、『強い』感じで、私は疲れてしまう。
穏やかな方がいいな・・・と感じるのは歳を重ねたためだろうか。

私の職場では、シーツと布団カバーをクリーニングに出している。
クリーニングからかえってきたシーツや、布団カバーは、ノリが効いている。
昨日、夜勤さんが、シーツを取り替えていて、
「このクリーニング屋のノリはかなりしっかり効いている」とおっしゃった。

それで思い出したが、我が母親は、かなり豊かな家庭の娘で、
商家だったこともあるが、男性の使用人が自宅にもいるような家庭で、
ひとりっ子だった母は、その使用人の方のお子さんたちと兄弟のように育ったようだ。
私も子どもの頃、『一郎おじさん』『勝子おばさん』の家に遊びに行ったものだ。
一郎おじさんは、悪戯心のある面白い叔父さんで、
勝子おばさんは、プリンという食べ物を教えてくれたおばさんだ。
あ・・・今日は、その話ではない。
つまり、我が母はかなりのお嬢様で、本所から蒲田に越してきたときも、
小学校にお手伝いさん、つまり、一郎おじさんのお父さんが、
昼になると温かいお弁当を届けてくれるような家で、
周りの子どもたちとは少し違っていて、かなりいじめられたようだ・・・
そんなお嬢様育ちの母は、洗濯もあまりしたことがなかったのかもしれない。
結婚も遅かったようだが、父と恋愛の末・・・結ばれた様で・・・

その新婚時代・・・とにかく大好きな正夫さんのためにと甲斐甲斐しく頑張ったのだろう。
洗濯物には『ノリ』を効かせたらしい・・・下着まで・・・
優しい父は、ノリのきいた、カタイカタイパンツに閉口したようだが、
しばらくは、我慢していたらしい・・・結果は、悲惨だったらしいが(笑)

父は、私によく言った・・・
「好きな男ができても、パンツにだけはノリはだめだ」と。。。

昨日、ノリの効いたシーツを見て、ふと、母を思い出した。
愛情たっぷりのノリの効いたパンツが風になびくのを眺めて、微笑んでいる母が目に浮かぶ。

パンツのノリも強すぎては、大変なことになる。
柔らかいくらいの優しい手ざわりがいいよなぁ・・・と思うわけです。

相手に良かれと思ってしていることも、
時には罪深い結果を生むことになったりするんだなぁ。
良かれと思っている相手の心を思いやるから、
なかなか言い出せず、悲惨な結果になることもある。

まぁ、関係というのは双方があり、
社会というのはいろんな関係がシナプスのように張り巡らされている。

ひとつのシナプスだけではどうにもならないこともあるかもしれないが、
たとえ、どうにもならなくても・・・
風に吹かれて、ニュートラルな状態で、様々を見つめ、思考したいと思う私なのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月22日(木)のつぶやき

2018-02-23 06:46:34 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月21日(水)のつぶやき

2018-02-22 06:49:29 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咳喘息だってこと忘れないようにすると誓ったお邦です(^^;)

2018-02-21 20:30:00 | 華麗なる加齢 あるいは 身体
ポツポツと、体調をつぶやいて、みなさんにご心配を頂いている。
ありがとうございます。
命には関わらないし、体も動くし、
のべつまくなしに咳が出るのではないので日常生活は問題ない。

ただ、発声練習とか歌うことは、少しお休みしている。
その分、聴くこと、考えることに時間を使う。

夜咳き込むことが多いため、熟睡しているかはわからない。
ってことを理由に、ギリギリまでベッドにいる。
身体を休めるようにしている。

仕事が電話の応対なので、声は使うし話す。
たまに咳き込んでしまうが・・・なんとかなっている。

さて、私は、11日に職場近くのクリニックを受診した。
咳症状が10日以上治らず、酷くなってきていたから。
その時の診断名は『気管支炎』
この診断が間違えかというとそうではない。
このクリニックのドクターは気管支炎の薬に加えて、
アレルギーのお薬も処方してくれている。

その後、薬を五日間服用したが、咳症状が治らなかった。
咳が気になり始めてから20日経過していた。

咳が出始めた頃、一緒に咳をしていた家族たちは、すっかり良くなっていた。

19日夕方、かかりつけ医受診。
「咳喘息だな・・・3年前も同じ症状で受診している。」
と、穏やかに話してくれた。。。
そうか、私、咳喘息だったんだ・・・忘れてた。
今思えば、昨年11月頃も咳が止まらないと騒いでいた気がする。
あの時も咳喘息の症状だったのかもしれない。

今回、私は、ちゃんと思い出した!
私は、咳喘息だ!
これからは、咳症状が出て、夜がつらくなったら、すぐにかかりつけに行くぞ!
そう思った。

病名が変わったからって、最初のドクターが間違えているのではない。
咳喘息とはアレルギー性の気管支炎なのだから。
あの段階で、自分が、咳喘息だということさえ忘れてる間抜けな私を
初めて診察して、ちゃんと抗アレルギー薬も処方・・・正しい診断だった。

めったに病気にならない私でさえ、
地元のかかりつけ医があることって、重要だとつくづく思った。

昨日、背中を少し起こして寝る作戦。
最初はお姫様気分で、ヨシヨシと思ったが、咳で6回くらい目が覚めた。
それでも、少し前は、体を捩って咳き込んでいたが、
今は、咳喘息特有の、コンコンお休みコンコンお休みみたいなリズムの
軽い咳が出るくらいになっている。
朝もゆっくり寝ている。

みなさんからのご心配のメッセージ、感謝。

咳喘息は放置すると気管支喘息に移行する患者が3〜4割。
そうならないように、ちゃんと治療してもらうために、
自分が咳喘息だってことだけは、
忘れないようにしようと思った、
忘れん坊のお邦さんなのでした(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月20日(火)のつぶやき

2018-02-21 06:41:40 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加