CuniCoの徒然・・・岩下邦子の独り言

日々の暮らしの中で、立ち止まったり、すれ違ったり。私の中のアレコレを思いつくまま、気の向くまま。

先週は病院三昧な感じでした(笑)

2017-05-15 14:10:10 | 華麗なる加齢 あるいは 身体
先週は、娘と家人の『いつもの』通院と私の耳鼻咽喉科受診で、
なんと、3回も通院する事態となった。。。

まずは、娘。
病名が確定して一年。
先日の検査で、大腸ただれてたし、浮腫んでたし、
薬が増えるのかなぁ・・・と心のどこかで心配していた。
組織の検査結果が出た。
潰瘍性大腸炎を疑うものは出ていないそうで、寛解期の宣言!
薬をそのまま継続し、組織検査で3回異常なしとなれば、
薬の服用も無くなるようだ(^.^)
あと二年・・・気をつけながら過ごすことになるが、ひとまず安堵。

さて、家人。
血液検査と次回の検査予約。
「また呑んだでしょ、すぐわかるんだからね!」
と開口一番、お叱りの言葉。
γGTPは、267だったかなぁ・・・300超えはしていなかった。
って、基準がどこにあるのかよく分からなくなるが(^^;

実は、我が家の二人の患者の主治医Sドクターが、異動になる。

「もう、僕みたいに厳しく言う先生はいないからね。
呑んだらダメなんだからね。」と・・・
本当に、その通りだ。。。
最後に「元気でね!」と。
「先生が異動で戻ってくるまで、生きてるようにしますね」
Sドクター、ニッコリ笑ってくださった。
大腸癌でS状結腸を切除してから4年経った。
優等生とは言えない患者だが、よくぞお付き合いくださいました。
大変、おせわになりました。。。
というわけで、家人は8月に胃カメラ・大腸カメラ・腹部CT。
娘も8月薬をもらうための通院。
その時には、主治医が変わる。
どんな先生だろう。
ちょっと、気になるなぁ・・・

という、定期便の二人の通院のあっしーと、自分の通院もあった。

声帯に関して強い耳鼻科のクリニックは、
一週間先まで予約いっぱい状態。
で、前回一度受診したところとも思ったが、ちと探すことにした。
で、出会ったクリニック・・・気に入ったぜ、べいびぃ!
みたいな感じで、すごく良かった。

このクリニックも予約制で、ネット予約ができるが、
ネット予約の開始が、診療開始時間の30分後。
この態度・・・いい、いいなぁ(^.^)
午後の予約も午後の診療時間が始まってから、30分後。

で、私は、早番が終わって、15分後、駅のホームから予約した。
移動に1時間以上かかるから、逆にすぐだと困るので、15分後にした。
午後の診療の50番目。
予約してから二時間後くらいに中待合に呼ばれた。

患者に正対して座る先生は、ずっとこちらを見ている。
たまに先生の右側の画面を覗いて指示を出す。
先生の右にいる方が、PCを使い、どうやらカルテを作っているらしい。
その方と向き合って座っている方もPCに何やら入力している。
入力のタイミングを考えると、処方箋とレセプト作ってるのかなぁ・・・
す、すごい。
ドクターは、患者に集中・・・そんな感じだ。
3分間の吸入をして、待合室に戻ると、すぐにお会計でした!
す、すごい!

診察の結果・・・経過から見ていわゆる風邪でしょう。
本番に間に合うように・・・かどうかは知らないけれど、
3日分の抗生物質と
7日分のカプセルと錠剤各1と、なんと『シロップ』出た。

抗生物質の服用が終わって、症状に変化がなければ、週明けに受診を。
7日間の薬服用しても症状が残っていたら、受診を。
と、先生・・・いやぁ・・・・クリアで、わかりやすかった。

ほんと、気に入ったぜ、べいびぃ・・・みたいな感じです。

というわけで、三つの通院のご報告でした。

そして私は、フツウに治りつつあるが
『歌える喉』にまでもっていけるかどうか・・・
あとは、私の問題であることは、確かです。

当日、椅子はまだ並びます。
お申し込み、お待ちしております(^^)


CuniCo's world 2017 朧月
2017.5.20.(土)
12:30 開場 13:00 開演 15:00終演予定
3,000円 全席自由席
ラトリエ by apc (渋谷並木橋交差点)


準備の都合上、ご予定いただける方は、ご連絡くださいませ。
コメントでも、メールでも・・・
あの手この手でコンタクトしてくださいませ。
utautai.cunico@gmail.com



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忙しい時に限て・・・ | トップ | 10時間寝た・・・朝(^.^) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL