CuniCoの徒然・・・岩下邦子の独り言

日々の暮らしの中で、立ち止まったり、すれ違ったり。私の中のアレコレを思いつくまま、気の向くまま。

兄貴、やっぱ偉いなぁ(^^)

2017-04-21 20:05:21 | 日記
あんまり、兄貴の偉さって、妹にはよくわからない。
ふつーに兄貴だから、
生まれた時から、いる、お兄ちゃんだから、ふつーに存在していた。

兄貴の人生が、どんな人生なのかなんて、さっぱりわからない。

兄貴の結婚式の時、わりと結婚が遅かったこともあり、
会社では、中間管理職っていうか、そういう言葉より、
仕事のできる人・・・のような紹介されて、
まぁ、結婚式での祝辞なわけで、
悪くいう人もあまりいないわけだが、
私は、兄貴がどんな仕事してるのか
よくわからなかったから、その時初めて知って、
へぇ〜お兄ちゃんやるじゃん!とちょと思った。

今日も、兄貴を見直したなぁ・・・
優しいいい人だ。本当に。

子どものいないA子叔母さんのこと気にかけて、
一緒に旅行に連れて行ったり、
あれもこれもそれも、世話をしていた。

とにかくお前も会いに行けよ、一人で寂しいんだから・・・
と、連絡はもらっていた。
我が家から、2時間30分・・・
なかなか、時間がつくれずにいた。

入院したからな、お見舞いに来いよ。

余命宣告もあり、時間を作らなきゃと思っていた。
GWの前になんとか時間を作ろうと思っていた。
昨日、遅番中に兄から連絡が入り、もってあと二、三日とのこと。
シフトを交代してもらい、今朝、病院に駆けつけた。

着いたのは、10時20分。
酸素マスクをつけていたが、私を認識してくれた。
バイタルも、低いが、まだ大丈夫な感じではあった。
少しすると、看護師さんが処置をしますので・・・
ということで談話室に移動。

身体を拭いて、髪もドライシャンプーで綺麗にしたとの事。

兄は銀行へ行くとのことで、出かけた。

バイタルが若干落ちていたが、
酸素マスクを外して顔も拭いただろうし戻るだろうと・・・
ふと、呼吸が弱くなっている感じがした。
SpO2が低い低すぎる。
血圧も落ちる。
呼吸が止まった。
付き添ってくださっているもう一人の方が、ナースステーションに走る。

「頑張れ!息を自分で吸うんだよ!」と声をかける。
大きくうなづきながら、息を吸う。
その度に少しだけ、ほんの少しだけ、数値が上がる。

看護師さんが来た。
手に巻かれたものを外す。
「もう、外そうね。辛かったね。よく頑張ったもんね。」
えっ!えっ!兄貴がいない!いないじゃないか!
それじゃ、ダメじゃん!
慌てて携帯で連絡。
「すぐに戻って!」
「わかった・・・」
看護師さんはドクターを呼びに行く。

兄はA子叔母さんの義理の妹・・・
私たちにとっては、もう一人の叔母と病院前で一緒になり、
連れだって、病室に戻って来た。

間に合って良かった。

よく頑張った。
A子叔母さんもお兄ちゃんもよく頑張った。

ドクターが死亡を確認。

最後まで意識があった。
しっかり、こちらの呼びかけに応えてくれていた。
苦しまず、自分で全部確認して、逝った。
A子叔母さんの最期は素敵だった。
兄貴のこと、すごいなぁ・・・と。
A子叔母さんがちゃんと逝くために凄く頑張ったなぁと。
うん、兄貴、偉い!って、改めて思った。

お兄ちゃん、ありがと。
よくわかんないけど・・・
お兄ちゃんが私のお兄ちゃんで良かったと、改めて思った。

病室の荷物を片付けて・・・病院でおばさんを見送った。

ここはもう大丈夫だから、お前、仕事だろ、もういいぞ・・・と。
また連絡するから・・・と。

ありがとうお兄ちゃん。
お兄ちゃんは私の自慢のお兄ちゃんだo(^-^)o

さぁ・・・遅番勤務頑張らなくっちゃ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渋谷に行った・・・(^.^) | トップ | チューリップってすごいなぁ(^^) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
・・・・・ (sarara)
2017-04-21 22:39:52
絶句、してしまいました・・
おばさま、旅立たれたのですね。
CuniCoさん、今日行けて、
ちゃんと見送れて、よかったですね。
すべて、優しく面倒見の良いお兄さまのおかげかな。
こんなお別れ、なかなかできるものではありません。

おばさまのご冥福をお祈りいたします。

さみしさはあとからやってきます。
お兄さまに声をかけてあげてくださいね。
ありがとうございます (CuniCo)
2017-04-21 22:51:18
sararaさま
ありがとうございます。
A子叔母さんの夫、私の父の弟は、随分前に他界しているので、A子叔母さんを本当に心配して、兄はずっと寄り添っていました。
それを許してくれる兄のパートナーも偉いなぁ・・・と。
若い頃から素敵な凜とした叔母でした。

普段、疎遠で、自分のことで精一杯な私ですが、お兄ちゃん素敵だぁと思いました。

あんまり優しくすると、気持ち悪がるから、ほどほどにしますね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL