ある「世捨て人」のたわごと

「歌声列車IN房総半島横断鉄道」の夢を見続けている男・・・ 私の残された時間の使い方など

映画『セッション』テーマ曲「ウィップラッシュ」本編演奏シーン公開!

2016年02月27日 | 好きな歌

セッション』(動画)・・・予告版(または抜粋版)ではなく、完全版 トルコ語字幕付き(音声:英語)   
リンク先:ロシアの動画共有サイトMailru→http://bit.ly/1QDElL0 

YouTubeのように、ブログに埋め込む機能がありません。 立ち上がりに時間がかかります。 

下のURLををクリックしてください↓  

 

  日本語の吹き替え版はありません。 


映画『セッション』テーマ曲「ウィップラッシュ」本編演奏シーン公開!

出典→ http://bit.ly/1S7M8QC 

第87回アカデミー賞で作品賞を含む5部門にノミネート、見事3部門(助演男優賞/編集賞/録音賞)を受賞した話題作『セッション』より、映画タイトル(原題)ともなっている名曲「ウィップラッシュ」の本編演奏シーンが解禁された。

映画『セッション』のテーマ曲「ウィップラッシュ」本編演奏シーン公開

いよいよ4月17日から公開されるアカデミー賞3部門受賞作の映画『セッション』。世界中で映画と共にサウンドトラックも話題になり、発売週にはiTunesMusicStoreにてジャズ・チャートのトップ10圏内にもランクインし、公開に先駆けてサウンドトラックの発売を開始している劇場もあるほどの反響を呼んでいる。

今回公開されたのは、フレッチャー教授(J・K・シモンズ)が指揮する“スタジオ・バンド”にスカウトされ、急遽ドラムの主奏者として登場することになったニーマン(マイルズ・テラー)の演奏シーン。曲は本作の原題でもあり劇中で何度も演奏される「ウィップラッシュ(Whiplash)」。 “Whiplash”の意味は“むちで打つこと”。ドラマーのスティックさばきの“むちを打つ”ようなしなやかさと共にフレッチャーによる苛烈なしごきをイメージさせるタイトルとなっている。

「ウィップラッシュ」は1973年にハンク・レヴィが作曲した楽曲。1927年生まれ(2001年没)のハンク・レヴィはスタン・ケントン楽団や“変拍子の神様”と言われたトランペッター、ドン・エリス(『フレンチ・コネクション』の音楽を担当したことも有名)のビッグバンドのコンポーザーとして数多くの作品を残しており、一つの楽曲の中で目まぐるしくリズムの変わる曲作りを好むことでミュージシャンの間では有名だったという。

本作は監督と脚本を手掛けたデイミアン・チャゼルの自伝的な物語でもある。音楽の才能に恵まれたチャゼルは、ニュージャージー州のプリンストン高校のバンドでジャズドラマーとして活躍したが、厳しい指導者のもとで苦悩の日々を送る。バンドの指揮を務める指導者は、並外れた才能を持つ地元の英雄で、公立校の未熟なジャズバンドを、有名な「ダウン・ビート」誌によると「全米一のジャズバンド」に変えた。このバンドは、大統領就任式で2度演奏し、ニューヨークのJVCジャズフェスティバルの開幕式でも演奏したほどだった。

当時、ドラムを叩くことが人生だったチャゼルは、「いつも怒鳴られるのではないかとビクビクしていたこと、初めて買った自分のドラムをイライラして殴り壊したことを今もはっきりと思い出す」と語る。「早い、遅い、速度が違う!」という教師の罵倒が、チャゼルが高校生活を通して最も頻繁に耳にした言葉なのだ。そしてその時に最もドラムが間違えやすい曲で嫌いだったのがこの「ウィップラッシュ」だった。

監督の苦々しい思い出が詰まった曲「ウィップラッシュ」をフレッチャーの前で演奏し才能を見せ付けるニーマン。そして彼が主奏者としてふさわしいか見つめるフレッチャー。しかしこの後物語は曲のごとく変調し、思いもよらない方向に突き進んで行く─。

映画『セッション』本編「ウィップラッシュ」演奏シーン


Whiplash  サウンドトラック 24 本の動画

Caravan サウンドトラック

セッション / Whiplash 海外版予告編・・・(YouTube・日本語字幕)

映画『セッション』本編映像&インタビュー


Amaizing Drum solo From the movie Whiplash

Whiplash - "Out-of-tune" scene


Andrew makes his comeback - WHIPLASH SCENE


『セッション』 2014 完璧を求める狂気 《暇シネマ》

ドラム講師が映画『セッション』のレビューをしてみた。【池脇嘉一★ドラムレッスン★チャンネル】

映画【セッション】予告編は説明欄 ネタバレあり!あらすじとネットの反応動画


KOJIMA STATION  映画コーナー『セッション』

金子ノブアキ×映画「セッション」スペシャルトークイベント/ 前編

金子ノブアキ×映画「セッション」スペシャルトークイベント/ 中編

金子ノブアキ×映画「セッション」スペシャルトークイベント/ 後編


金子ノブアキ、父・ジョニー吉長は「最大の師匠」 映画『セッション』公開記念トークショー
 
 

Whiplash by Hank Levy
The Gettysburg College Jazz Ensemble playing "Whiplash" by Hank Levy at Northport High School in Northport, New York on January 11th, 2010
ゲティスバーグ大学ジャズ アンサンブル演奏 2010 年 1 月 11 日
ハンク ・ レヴィ作曲「Whiplash」
ノースポート高校(ノースポート、ニューヨーク)


バディ・リッチ  

"バディ"・リッチ
Buddy Rich.jpg
Buddy Rich at the Arcadia Ballroom in New York City in May 1947.
基本情報
出生 1917年9月30日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン
死没 1987年4月2日(満69歳没)
ジャンル スウィング・ジャズジャズ・ファンク
担当楽器 ドラム

バーナード・"バディ"・リッチBernard "Buddy" Rich, 1917年9月30日 - 1987年4月2日)は、アメリカ合衆国ジャズドラマー

非常に細かく刻んだ音符を速く、正確に、しかも長時間叩き続けるといういわゆる超絶技巧を得意とし、なおかつグルーブ感を損なわない彼の音にはレア・グルーヴのファンも多い。アメリカではビッグバンドジャズの新境地を開いた人物として多くのファンから尊敬されている。

 全文を読む→バディ・リッチ


 

Whiplash - インターネット・ムービー・データベース(英語) 

Cast 配役
写真をクリックしてください

Cast overview, first billed only:
Miles Teller Miles Teller ...
J.K. Simmons J.K. Simmons ...
Paul Reiser Paul Reiser ...
Melissa Benoist Melissa Benoist ...
Austin Stowell Austin Stowell ...
Nate Lang Nate Lang ...
Chris Mulkey Chris Mulkey ...
Damon Gupton Damon Gupton ...
Mr. Kramer
Suanne Spoke Suanne Spoke ...
Max Kasch Max Kasch ...
Dorm Neighbor
Charlie Ian Charlie Ian ...
Jayson Blair Jayson Blair ...
Kofi Siriboe Kofi Siriboe ...
Bassist (Nassau)
Kavita Patil Kavita Patil ...
Assistant - Sophie
C.J. Vana C.J. Vana ...

See full cast »

 

 ※括弧内は日本語吹替

 

突撃インタビューvol.6 J・K・シモンズ『セッション』


J.K. Simmons winning Best Supporting Actor

 

必見

セッション(原題: Whiplash)第87回アカデミー賞3部門受賞・・・ジャズ・ドラマー映画
 
キャラバン Caravan (作曲・デューク・エリントンおよびファン・ティゾール 1935年) 


参考
なぜ「セッション」のラスト9分19秒は素晴らしいのか?
~血とビートの殴り合い、恫喝の向こうの涙→ 
http://bit.ly/1oGUOl3

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「波浮の港」と「燃える御神火」... | トップ | セッション(原題: Whiplash)第... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL