ある「世捨て人」のたわごと

「歌声列車IN房総半島横断鉄道」の夢を見続けている男・・・ 私の残された時間の使い方など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「いちうたグループ」オリジナル・イメージソングの歌詞

2015年11月05日 | 好きな歌

連続再生します。
画面の中心に「PLAY ALL」という文字があれば連続再生するファイルです。
連続再生・・・YouTube「いちうたグループ」オリジナル・イメージソング

 「いちうたグループ」のオリジナル・イメージソングという名称は、私(演歌アコーディオンのテツ)が勝手に考えたもので、正式な名前ではありません。

市原市や小湊鉄道をイメージしたオリジナル曲は①小湊線はふるさ本線、②小湊鉄道ぶらり旅、③君の住む街市原はの3曲です。

 ①小湊線はふるさ本線(字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Omj-7yP0Zyg

②小湊鉄道ぶらり旅 Take The Kominato Line・・(改訂版)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=gy69lolGQVY

③君の住む街 市原は(バイリンガル版)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=4HLxvTbbPdA

連続再生・・・YouTube「いちうたグループ」オリジナル・イメージソング には、その他の曲も挿入しました。世界一大きなトイレの動画や第20回「歌声列車IN小湊鉄道」の動画(TBSさんの収録も行われた日《2013/8/19》)も加えました。
 
④堀六平ショウ(みんなで唄った「里の秋」)
https://www.youtube.com/watch?list=PL_wqL9aIdPF5CkGp5XiNkJVAmZS0A7k1e&v=gwAwHIJENSg&feature=player_detailpage

⑤霧島美甫さん「飯給駅」
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=sku4lLNc-9g

⑥世界一大きなトイレ 小湊鐵道・飯給駅 (千葉県市原市)
https://www.youtube.com/watch?list=PL_wqL9aIdPF5CkGp5XiNkJVAmZS0A7k1e&v=YB1tLI7kZ_8&feature=player_detailpage

⑦痲綿原慕情(まめんばらぼじょう)唄入り
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=1_Q4Vya6Yy8

⑧母へ・・・愛をありがとう
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=icJCX1UJS8s

⑨母へ  愛をありがとう  笠よし子
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=BIPjMwJ_-jI

⑩第20回「歌声列車IN小湊鉄道」動画増補改訂C版・・・(TBSさんの収録も行われた日《2013/8/19》)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=cnMGNBRD2Bc

⑪2014年12月19日に行われたNHKテレビさんの生中継「歌声列車IN小湊鉄道」の紹介
http://bit.ly/1KhpfEy


 Ⅰ小湊線はふるさと本線 
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Omj-7yP0Zyg 

「小湊線はふるさと本線」の動画で、連続再生ではありません。
画面の中心に「PLAY ALL」という文字が見えなければ連続再生ではありません。

作詞:未神 遊人、補作詞:清水厚史(笑レク)、作曲:徳永馨(徳さん)、
歌唱:「いちはら歌声を楽しむ会」会員
伴奏
アコーディオン:徳永馨(徳さん)
ピアノ:平哲也(演歌アコーディオンのテツ)


可愛い列車が 今日もまた
街から里へ 里から街へ
養老川を 左右(みぎひだり)
小さな鉄道 小湊線は
我らが自慢の ふるさと本線

連結二両が コトコトと
街から里へ 里から街へ
駅舎の木造 懐かしい
ツートンカラーの 小湊線は
心が通(かよ)う ふるさと本線

ほほえみ 二の字が どこまで
街から里へ 里から街へ
四季折々(おりおり)の 香り乗せ
ふるさと鉄道 小湊線は
あなたと私の 思い出本線
 

「小湊線はふるさと本線」楽譜(PDF) クリック

 


  君の住む街 市原は
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=4HLxvTbbPdA 

君の住む街 市原は」の動画で、連続再生ではありません。
画面の中心に「PLAY ALL」という文字が見えなければ連続再生ではありません。

作詞:末神遊人(みかみ ゆうと)
市原市出身・中国山東省チンタオで日本語教師として活躍中
補作 笑レク(日本レクリエーション協会公認インストラクター)
作曲 平 哲也(演歌アコーディオンのテツ)

 弾き語り;りゅうよしこ(プロのシャンソン歌手)
http://www.ryu.join-us.jp/ 

 
「いちうたグループ」が、小湊鉄道イメージソングとしてインター­­­­­­ネットで募集したところ、早速、中国からインターネットで応募されたのが、この曲です。 

 
君の住む街 市原は
養老川に 花咲く丘に
手紙だけでは わからない
きっと素的な 風が吹く
小湊線で たずねたい
あなたの香りに 出逢いたい

君の住む街 市原は
高滝(たかたき)湖畔に そよ風吹いて
手紙だけでは わからない
きっと素的な 夢がある
小湊線で たずねたい
あなたの心に 出逢いたい

君の住む街 市原は
養老渓谷 いで湯も湧いて
手紙だけでは わからない
きっと素敵な 愛がある
小湊線で たずねたい
あなたの温もり 出逢いたい 

 アメリカにお住まいのRey T LaGuardiaさんが、この曲に英語の歌詞(訳詞)を付けて下さいました。 

 Sweet Home Ichihara

 1. I miss your sweet home Ichihara
See the flowers on the hill by the Yoro River
It’s really hard to tell by the letters
How beautiful and peaceful the breeze is
I want to reach you by the romantic train
I really miss you and sweet home

 2. I miss your sweet home Ichihara
Touch the gentle breeze from the Lake Takataki
It’s really hard to tell by the letters
There are many dreams that come true
I want to reach you by the romantic train
I am thinking of your warm heart

3. I miss your sweet home Ichihara
Feel a natural hot spring in the Yoro Valley
It’s really hard to tell by the letters
Why lovely and tender the people are
I want to reach you by the romantic train
I truly miss you and embrace you

 こちらは中国にお住まいで市原市出身の原詩作者(未神 遊人さん)が中国語で翻訳して下さいました。
僕にとって中国語の知識が全くないので、同国語表記の楽譜は、作成していません。ヘルプが欲しいです。

 你居住的城市 迷人的市原(中国語)

 ni ju zhu de cheng shi
ニ-ジュウ-ジュウ-ダ チャン-シ       
你 居 住 的 城 市

 作詞;未神 遊人
中文指導:高 強

 1
  ジュウ ジュウ ダ   チャン シ        ミ   レン   ダ   シ   ユエン
你  居  住  的  城  市       迷  人  的  市  原
ジン  ミ タ ゛  ヤン   ラ オ  ハァ  タン ホァ カイ  ダ  シャン  ルアン
静  謐  的  養  老  河  灘     花  開  的  山  岳
シュ   シン  ナン  シュ  ウオ     シャン  シャン  ダ  スゥ ニェン
書  信  難  述  我     深  深  地  思  念
タイ  シ  イ   ルゥ  チン  フエン     トウ  ジン  ウオ   ダ  チエン

怡 似  一  縷  清  風    透  進  我  的  田
ヤン  ジャ シャオ ツォン ルゥ  シェン    ハァ  ジュ  ルゥ  ヤオ  ユエン

沿 着  小  湊  路  線    何  倶  路  遥  遠
オウ  ジィ ジャオ ズイ シュエン ニイ  ウエン シン   ダ   チィ スゥ

我  執  着  追  尋      温  馨  的  気  息

 2
ニ   ジュ  ジュ   ダ  チャン  シ     カ   アイ   ダ  シ   ユエン
你  居  住  的  城  市    可  愛  的  市  原 

ホァ  フエン  チン  チン   ダ  ツイ  グオ      メイ   リ   ダ  ガオ  ロン
和  風  軽  軽  地  吹  過     美  麗  的  高  瀧 
ジャオ  ピン  ナン シュオ  ウオ     シェン シェン   ダ  スゥ  ニェン
照  片  難  述  我     深  深  地  思  念 
ヤオ  ザイ  ズォ  ヤ   メン   リ     ハァ  ニイ  ツゥ   スゥ  タン
又  在  昨  夜  夢  里    和  你  促  膝  談 
ヤン  シャオ  ツォン ル   シャン     ハァ ジウ   ル   ヤン ユエン
沿  小  湊  路  線      何  倶  路  遥  遠 
ドウ  シャン  ザイ  リン  チン  ニイ     シェン  チン  ダ   スゥ  シュオ
多  想  再  聆  听  你     深  情  地  訴  説

 3
 ニ   ジュ  ジュ   ダ  チャン  シ     ラァ  チン   ダ   シ  ユエン
你  居  住  的  城  市    熱  情  的  市  原
チュアン スイ  ジン  ジン  ダ   リウ  タン    ザイ  ヤン  ラオ  スゥ  グゥ
泉  水  静  静  地  流  淌    在  養  老  渓  谷
ヨウ  ジェン ナン  シュウ  ウオ    シェン シェン   ダ   スゥ  ニエン
郵  件  難  述  我    深  深  地  思  念
ゼン ナン    ゴウ    ワン  ジィ  ニイ    ウ  スゥ   タ  グアン アイ
怎  能  (多句)  忘  記  你   無  私  的  関  愛
ヤン  シャオ  ツォン ルゥ  シエン    ハァ  ジュウ  ルゥ  ヤオ  ユエン
沿  小  湊  路  線    何  倶  路  遥  遠
ウオ  カァ  ウエン  チュアン フイ  ニイ     ウエン ニュアン ダ  ペイ  パオ
我  渇  望  重  回  你     温  暖  的  胚  抱

 楽譜・「君の住む街市原は」_楽譜1ページ・pdf ←クリック
楽譜・「君の住む街市原は」_楽譜2ページ・pdf クリック
楽譜・「君の住む街市原は」_楽譜3ページ・pdf
 クリック


 Ⅲ 小湊鉄道ぶらり旅
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=gy69lolGQVY

「小湊鉄道ぶらり旅」の動画で、連続再生ではありません。 
画面の中心に「PLAY ALL」という文字が見えなければ連続再生ではありません。[

作詞:永野 奏
作曲:馬着 栄一
補作:平 哲也

《概要》
主人公(小湊鉄道のファンの一人)が五井駅にやってきました。
ホームには、上総中野行の列車が発車を待っています。

改札口を入り、売店でおにぎりを買い、ぶらりと列車に乗り込みます。
定時に発車した列車は快調に走ります。沿線の景色を眺めているうちに、約一時間で終点の中野駅に到着です。

歌詞には、全線18の駅名が、始発から終点までの順に折り込まれています。さながら「鉄道唱歌・小湊線の巻」です。小湊鉄道ぶらり旅 

作詞:永野 奏
作曲:馬着 栄一
補作:平 哲也 

エンヤサ ヤットサ エンヤサ ヤットサ 

1.今日もおにぎり ひょいと持って 小湊五井で 乗り込めば
 開く田園 村上か 有木(ありき) 三叉(みつまた) 山田へと 走る小湊 ぶらり旅 

エンヤサ ヤットサ エンヤサ ヤットサ 

2.養老川に 沿いたって 光風台は 見えてきた
 馬立 牛久の 花街道 川間すぎれば 鶴舞へ 桜祭りの 華やかさ 

エンヤサ ヤットサ エンヤサ ヤットサ 

3.久保をどんどん 通りすぎ 高滝 里美 飯給(いたぶ)まで
 見渡す景色は ほのぼのと 紅葉(もみじ)彩る 鮮やかに かおる景色は 秋深し 

エンヤサ ヤットサ エンヤサ ヤットサ 

4.月崎(つきざき)あたり あとにして 大久保駅を 走り去る
 養老渓谷 そびえたち やがて温泉 中野まで やっぱり小湊 ぶらり旅 

エンヤサ ヤットサ エンヤサ ヤットサ 

「小湊鉄道ぶらり旅」の発表会は、2009年11月5日(水)にイトーヨーカドー市原店1Fで開催しました。
その場でお買い上げ頂いたCD(小湊鉄道主要駅でも販売)と同じ音源を使っています。

この発表会には、小湊鉄道の幹部の方々がお見えになり、CDの販売を担当されました。また、この日以後、同鉄道との関係が深くなり、「歌声列車IN小湊鉄道」の運行決定にもなりました。

 

 

こちらをクリックすると、上の記事が拡大されます。
「発表会 - 2009年11月5日・・・いちはら読売の記事」pdfをダウンロード ←クリック

 

音源のURL: http://music1930.cocolog-nifty.com/blog/files/121205_002.mp3

採録場所:市原市五井公民館視聴覚室
採録日時:2009年11月5日

唄:「いちはら歌声を楽しむ会」の皆さん
ピアノ伴奏:永野奏(作曲者)

動画には、「小湊鉄道応援ページ」に投稿された作品を利用させて頂きました。
 

小湊鉄道応援ページのURL:
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/6311/index.html

この他にも、webサイトで公開されている画像も、多数利用しました。
事前にご了承を頂くことが出来なくて申し訳ありませんでした。この記事をお借りして御礼申し上げます。 

なお、作者については、作詞:永野 奏、作曲:馬着 栄一・・・となっていますが、ペンネームで、実際は馬着直美(うまきなおみ)さんの作品です。 

楽譜「小湊鉄道ぶらり旅」pdf ←クリック


 「いちはら歌声を楽しむ会」は2006年1月29日に、市原市五井公民館で産声を上げました。

初めの数回は、Tさん(ピアノ伴奏者)とテツの他には、参加者がゼロでした。公民館の広い視聴覚室の中で、二人だけで唄っていました。
 

参加者がいないので、「会場の確保は出来たけれど、人が来てくれないのでは話にならないね」、「もう止めようか・・・」などと話していた頃、テツの自宅に電話が掛かってきました。

「五井駅に掲示したポスターを見たので電話をした」ということです。 

間もなく、Tさんは大学の都合で協力頂けなくなったので、テツ一人で伴奏も司会もやることになりました。 

そのころ、音大のピアノ科を出られた方からも、「ポスターを見ました。ボランティア伴奏をさせて下さい・・・」と電話をいただきました。 

この方が、「小湊鉄道ぶらり旅」の作者Uさんでした。 

Uさんが初めて我が家に来られた2006年2月半ばころには、手に手書きの楽譜「小湊鉄道ぶらり旅」が握られていました。

 Uさんの協力のおかげで、楽しく会を運営することが出来ました。 社会福祉法人「昭和村・市原園」で開催したボランティア活動も、Uさんの紹介でした。  

(この辺の様子について、詳しくは、こちらの記事をご覧ください) 

演歌アコーディオンのテツ・活動の思い出(2)・・・「公民館活動(いちはら歌声を楽しむ会)」(その1)

演歌アコーディオンのテツ・活動の思い出(3)・・・「公民館活動(いちはら歌声を楽しむ会)」(その2)

 


 下記の「愛をありがとう」と「飯給駅」は「いちうたグループ」のオリジナル・イメージソングではありません。前者は「いちうたグループ」活動でもお世話になった、りゅうよしこさん(シャンソン歌手)の歌で、後者は小湊鉄道線の駅のイメージソングで、「歌声列車IN小湊鉄道」が同駅に差し掛かると、小湊線をPRするために、唄う歌です。

Ⅳ愛をありがとう

母へ・・・愛をありがとう
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=icJCX1UJS8s
母へ  愛をありがとう  笠よし子
http://www.youtube.com/watch?

作詞・作曲 りゅうよしこ  


あなたの優しさ あなたの強さに
見守られ今日まで 歩いて来ました
さりげないことばと 温かい心に
支えられ今日まで 歩いて来ました      
  ■あんな日もあったのねと
  ■二人で笑いあえる
  ■ 幸せがいつまでも ずっと続くように
歌います この歌を 祈りを込めて
歌えば願いが 叶う気がして
  ………間奏………
2 悩める日 病める時 あなたを思います
自分に負けないで 諦めないで
  ■一筋のこの道を
  ■真っ直ぐに 生きなさいと
  ■教えてくれました 命をかけて

この歌を贈ります おかあさん あなたに
返しきれない
  ■愛をありがとう 愛をありがとう


 

新おけら歌集(10/02/10)Req:平さん / 楽譜:ビーさん(10/02)

 +りゅうよしこさんのコメント+
■この曲は毎年5月に「母の日コンサート(今年は15回目)」でここ数年母に因んだ歌を歌っていました。たとえばコスモス 無縁坂 母さんの歌 等。
 この曲は20年12月に作りました。現在94歳の母と暮らしているので、そのままを詩にしました。曲も1時間位で、仕上がり割合スムーズに出来上がりました。
 21年1月にCDに吹き込み5月の母の日コンサートで発表してからは、みんなが歌ってくれるようになりました。                  ・ 2010/02 りゅうよしこ


  Ⅴ 飯給駅
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=sku4lLNc-9g
 
 作詞:ノ・モス

 作曲:国香光喜
 唄:霧島美甫

見渡す限りの 菜の花の海
ひとりで眺める 飯給駅
春は来たのに あなたは遠い
はかない女の この思い
心を乗せて 香りを乗せて
小湊線で 送ります

消えない消せない 面影ひとつ
青空切ない 飯給駅
そうよあなたが 幸せならば
私は何(なん)にも 望めない
それでもいつか やさしく抱かれ
感じてみたい 安らぎを

 


 Ⅵ 痲綿原慕情(まめんばらぼじょう)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=1_Q4Vya6Yy8

 
作詞 小嶋 新義
編詩・作曲 MrSakuchan
歌 中尾八重子(巣鴨のひばりちゃん)

 風の便りを 小湊線で
追った夜汽車は この町へ
すがりつくのは 思い出ばかり
抱いてください もう一度
強くその手で その胸に

あなただけよと 信じていたの
運命(さだめ)はかない めぐり逢い
雨に煙るは 痲綿原(まめんばら)の
香り仄かな 紫陽花よ
咲いて思いを 届けてね

偲ぶ面影 あなたは何処(どこ)に
未練しとしと 頬(ほほ)ぬらす
落とす涙は 養老川に
捨てて流して 何時(いつ)までも
愛し(いとし)あなたの 帰る日を

痲綿原(高原)は市原市ではなく大多喜町にあります。
しかし「小湊線・・・」という語句があるので、「いちうたグループ」のイメージソングに加えました。

元歌のタイトルは「市原ブルース」(4拍子)ですが、MrSakuchanが3拍子に編曲し、タイトルも変更して下さいました。

紫陽花を唄った美しい曲・・「麻綿原慕情(まめんばら・ぼじょう)」・・原曲「市原ブルース」

 原曲の楽譜(PDF) ←クリック

 

 


 第20回「歌声列車IN小湊鉄道」動画増補改訂C版・・・(TBSさんの収録も行われた日《2013/8/19》)《2013/8/19》)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=cnMGNBRD2Bc

BGMとして、小湊線はふるさ本線(字幕付き)の音源を使用しました。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Omj-7yP0Zyg

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代理投稿 2015年11月「いち... | トップ | 無神論的な動画 »

コメントを投稿

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL