ある「世捨て人」のたわごと

「歌声列車IN房総半島横断鉄道」の夢を見続けている男・・・ 私の残された時間の使い方など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヘブライ語聖書・原典講読・・・創世記2章【天地創造の完成そして人の創造】1節~7節

2017年05月11日 | 聖書

El pecado de Adan y Eva 360p.mp4 

Bible Stories Old Testament Cain and Abel

 天地創造 - Wikipedia http://bit.ly/2qed3TP 

   年代推定の歴史 

旧約聖書学では、創世記の記述内容としての「天地創造が起こった年代」は果たしていつだったのかについての推定が繰り返されてきた。 

ただし前提として、批評的な旧約聖書学では、天地創造物語は信仰書であり、信じている内容を記述しているという事は、批評的な全ての学者が認めており、もはや「実際に・事実として、いつ起こったことか、どうか」は、研究・議論されていない。ただし、「当時の人々がいつ起こったと考えていたのか?それはどういう信仰・根拠だったのか?」などは研究されている。 

正教会では西暦で言うところの紀元前5508年のことだとしており、これを元年とした「世界創造紀元」を用いていた。 

1654年に、英国国教会アイルランド大主教ジェームズ・アッシャーケンブリッジ大学副総長ジョン・ライトフット英語版が聖書の記述から逆算し、天地創造は西暦の紀元前4004年10月18日〜24日にかけて起こり、アダム創造は紀元前4004年10月23日午前9時と算出し、長らくキリスト教圏ではこの年代が信じられてきた(旧約聖書のモーセ五書に登場する族長全員の寿命を加算して算出したもの)。

その他にも天地創造の年代には諸説ある。

(省略) 

 ***************

エデンの園 - Wikipedia http://bit.ly/2poybnt 

    エデンの場所 

エデンがどこであったのかについては、古来より様々な場所が主張され、議論されてきた。その中には、創世記に典拠がみとめられないものも少なからずある。

 多くの説では、エデンが、チグリス・ユーフラテス河の源である、ザグロス山脈一帯、アルメニア付近にあったと主張している。ユダヤ教の伝承によれば、エデンはエレバンにあったという。エレバンの近くにはノアの箱舟が流れ着いた場所との説があるアララト山がある。 

その他の仮説として、紀元前3000年代〜紀元前2000年代にメソポタミア-インダス間交易の要衝として繁栄した古代都市ディルムンがエデンの園のモデルとされる。ディルムンの位置については諸説があり不明だが、一説にはバーレーンバーレーン要塞がディルムンの首都の跡地とされる。 

他に、紀元前2600年 - 前2500年頃、メソポタミアにおいてラガシュウンマという二つの都市国家が「グ・エディン(平野の首の意)」もしくは「グ・エディン・ナ(平野の境界の意)」という肥沃な土地をめぐって戦争を繰り返しているが、このグ・エディン(もしくはグ・エディン・ナ)がエデンの園のモデルであるとする説がある。

****************** 

アダムとエバ - Wikipedia http://bit.ly/1PRVJYE 

アダムとエバ(Adam and Eve)は、旧約聖書創世記』に記された、最初の人間である。天地創造の終わりにヤハウェによって創造されたとされる。 

なお、アダムאָדָם)とはヘブライ語で「土」「人間」の2つの意味を持つ言葉に由来しており、エバはヘブライ語でハヴァ(חַוָּה)といい「生きる者」または「生命」の意味である。このエバ、エヴァ、或いはイヴ、イブ(: Eve に由来する)という読みは: Ευά(エウア)に由来する。本項では新共同訳聖書の表記にしたがって以下エバと表記する。 人類最古の文明を生み出したと言われているシュメル人が書き残した天地創造の物語がヘブライ語に翻訳されたと思われる。 

Hebrew bible Genesis Chapter 2


Torah Reading - Genesis Chapter 2 (HD)


創世記2章インターリニア https://is.gd/vEG3tS 

2-1
וַיְכֻלּ֛וּ הַשָּׁמַ֥יִם וְהָאָ֖רֶץ וְכָל־צְבָאָֽם׃

 こうして天と地と、その万象とが完成した。
Thus the heavens and the earth were finished, and all the host of them.
 

2-2
וַיְכַ֤ל אֱלֹהִים֙ בַּיֹּ֣ום הַשְּׁבִיעִ֔י מְלַאכְתֹּ֖ו אֲשֶׁ֣ר עָשָׂ֑ה וַיִּשְׁבֹּת֙ בַּיֹּ֣ום הַשְּׁבִיעִ֔י מִכָּל־מְלַאכְתֹּ֖ו אֲשֶׁ֥ר עָשָֽׂה׃

神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。
And on the seventh day God ended his work which he had made; and he rested on the seventh day from all his work which he had made.

2-3
וַיְבָ֤רֶךְ אֱלֹהִים֙ אֶת־יֹ֣ום הַשְּׁבִיעִ֔י וַיְקַדֵּ֖שׁ אֹתֹ֑ו כִּ֣י בֹ֤ו שָׁבַת֙ מִכָּל־מְלַאכְתֹּ֔ו אֲשֶׁר־בָּרָ֥א אֱלֹהִ֖ים לַעֲשֹֽׂות׃ פ

 

神はその第七日を祝福して、これを聖別された。神がこの日に、そのすべての創造のわざを終って休まれたからである。
And God blessed the seventh day, and sanctified it: because that in it he had rested from all his work which God created and made  

2-4
אֵ֣לֶּה תֹולְדֹ֧ות הַשָּׁמַ֛יִם וְהָאָ֖רֶץ בְּהִבָּֽרְאָ֑ם בְּיֹ֗ום עֲשֹׂ֛ות יְהוָ֥ה אֱלֹהִ֖ים אֶ֥רֶץ וְשָׁמָֽיִם׃

 

これが天地創造の由来である。主なる神が地と天とを造られた時、
These are the generations of the heavens and of the earth when they were created, in the day that the LORD God made the earth and the heavens,
 

2-5
וְכֹ֣ל ׀ שִׂ֣יחַ הַשָּׂדֶ֗ה טֶ֚רֶם יִֽהְיֶ֣ה בָאָ֔רֶץ וְכָל־עֵ֥שֶׂב הַשָּׂדֶ֖ה טֶ֣רֶם יִצְמָ֑ח כִּי֩ לֹ֨א הִמְטִ֜יר יְהוָ֤ה אֱלֹהִים֙ עַל־הָאָ֔רֶץ וְאָדָ֣ם אַ֔יִן לַֽעֲבֹ֖ד אֶת־הָֽאֲדָמָֽה

 

 

地にはまだ野の木もなく、また野の草もはえていなかった。主なる神が地に雨を降らせず、また土を耕す人もなかったからである。 
And every plant of the field before it was in the earth, and every herb of the field before it grew: for the LORD God had not caused it to rain upon the earth, and there was not a man to till the ground. 

2-6
וְאֵ֖ד יַֽעֲלֶ֣ה מִן־הָאָ֑רֶץ וְהִשְׁקָ֖ה אֶֽת־כָּל־פְּנֵֽי־הָֽאֲדָמָֽה׃

 

 しかし地から泉がわきあがって土の全面を潤していた。
 But there went up a mist from the earth, and watered the whole face of the ground. 

2-7
וַיִּיצֶר֩ יְהוָ֨ה אֱלֹהִ֜ים אֶת־הָֽאָדָ֗ם עָפָר֙ מִן־הָ֣אֲדָמָ֔ה וַיִּפַּ֥ח בְּאַפָּ֖יו נִשְׁמַ֣ת חַיִּ֑ים וַֽיְהִ֥י הָֽאָדָ֖ם לְנֶ֥פֶשׁ חַיָּֽה׃

 

主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。
 And the LORD God formed man of the dust of the ground, and breathed into his nostrils the breath of life; and man became a living soul. 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創世記をベースにした映画 | トップ | ヘブライ語聖書・原典講読・... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL