ある「世捨て人」のたわごと

「歌声列車IN房総半島横断鉄道」の夢を見続けている男・・・ 私の残された時間の使い方など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きょうはクリスマスイブ、そして明日はクリスマス

2016年12月24日 | 宗教

きょうはクリスマスイブ、そして明日はクリスマス。

ユーアイ久樂部では行事の都合で十日ほど前にクリスマス祝会が行われ、ローストチキンなどの特別行事食が食卓にのぼり、シャンメリーで全員で乾杯をした。

そして、今日の午後の「おやつの時間」にもシャンメリーで乾杯をしケーキも頂いた。

さて、私はキリスト教とは決別した自由な生活を楽しんでいるが、聖書にある言葉のいくつかを自分の生きる目標としている。

例えば、「自分のように人を愛しなさい」、「自分にして欲しいと思うことは、人にもやって上げなさい」などの語句が好きだ。

でも、私にとっては実行できないことだ。

自分のいのちを捨てても他人を救うなどは尚更のこと・・・。

次のようなことも私には出来ない。 

 

米軍機よる東京空襲の最中、本国に強制送還を拒んでいた宣教師たちは、聖路可病院などの収容所で一緒になって祈っていたという話をきいた。

「神様、どうぞ私の大好きな日本人に爆弾を落とさせないで下さい。代わりに私の上に落とさせて下さい・・・」

詳しくは、ブログをお読みください→http://bit.ly/1LoJP3V

世捨て人になった私・・・残された時間を、どのように使いたいか(3b)

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きよしこの夜ウィキペディア | トップ | 小湊鉄道歌声新聞 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL