出版関係者の元気になりたいブログ

アニメ・ゲーム・ラノベ・野球(観戦)・サッカー(観戦)など、貧血ぎみの出版関係者が趣味についてつづる日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【大相撲】春場所中止決定!【春場所】

2011-02-06 11:36:22 | ニュース

というわけで世間の話題。

大相撲春場所の中止が決定したそうです。

春場所中止が今日決定 夏場所への影響も
2011年2月6日(日)10:07

(日刊スポーツ)
 日本相撲協会が、大相撲春場所(3月13日初日、大阪府立体育会館)を中止する方針を固めたことが5日、分かった。今日6日の臨時理事会で正式決定する。八百長問題を重くとらえ、苦渋の決断にせまられた。本場所の中止は、国技館改修の遅れで開催できなかった1946年(昭21)夏場所以来65年ぶり。問題解明へ長期化が必至で、5月の夏場所開催にまで影響が及ぶ可能性があり、大相撲は前代未聞の非常事態に直面することになった。

 八百長問題の影響で、本場所開催のめどが立たなくなった。日本相撲協会の執行部は、この日までに春場所中止の方針を固めた。今日6日午前11時から東京・両国国技館で行われる臨時理事会で中止を決め、午後2時からの評議員会で報告される見通しとなった。

 理事の1人は「こんな状況で場所を開けば混乱を招くだけで、各方面に迷惑がかかる。協会執行部は決断した。特別調査委の調査次第では5月の夏場所も微妙だと思う」と話した。慎重な意見を示す理事もいたが、八百長疑惑を持たれた14人もの親方、力士に対する特別調査委員会の調査が長期化する点や、社会問題に発展した影響を考慮した。

 本場所の中止は、65年ぶり2度目。前回は戦争で被災した国技館改修の遅延が理由で、約1カ月後に大阪で本場所と同形態の準場所を開催した。今回も準場所や無観客場所の可能性を残すが、不祥事による本場所中止は初めて。野球賭博問題で揺れた昨年以上の非常事態となった。

 調査委は5日に当該の14人からの聴取を終え、前回の理事会と同様に竹縄親方(35=元前頭春日錦)、十両千代白鵬(27=九重)、三段目恵那司(31=入間川)の3人から八百長関与の供述を得た。残り11人は否定し、新たな名前は挙がらなかったという。

 また、親方や力士ら990人の全協会員を対象とした八百長の実態調査アンケートを実施し、979人から回答を得た。膨大な資料の分析に加え、14人から任意提出される携帯電話のメール解析に約2カ月を費やす。会見した伊藤滋座長は「(3日前から)72時間で14人に聞き取るということは、時間切れです」と話し、今回は1回目の中間報告だということを強調した。

 調査が長引けば、夏場所(5月8日初日、東京・両国国技館)にも影響してくる。だが伊藤座長は「関係ない。そっちに関係なく僕たちはきちんと、しつっこくやります。調査の展望が出てくるまで、やります」と徹底的に調べ続ける姿勢を示した。

 調査委は、調査結果を臨時理事会に報告するが、聴取を継続するため、八百長を認めた3人への処分は先送りにされる。最終的には、賞罰規定で最も重く、過去に適用されたことがない除名処分とすることが濃厚だ。問題の根が深ければ、調査はいつまでたっても終わらない。再発防止策を打ち出し、世間の理解を得るまでの道のりは、春場所中止の先の先まで続いている。
(日刊スポーツサイトより転載)

学生時代に「若貴ブーム」を経験した僕には、正直今の相撲界の惨状はショックです。

せめてもう少しなんとかできなかったものなのか…。
この中止期間に、相撲協会がもう一度自分を見つめ直してもらえればいいと思うのですが…どうなんでしょうな?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【東川】謎解きはディナーの... | トップ | 【日常】眠い… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。