出版関係者の元気になりたいブログ

アニメ・ゲーム・ラノベ・野球(観戦)・サッカー(観戦)など、貧血ぎみの出版関係者が趣味についてつづる日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【プロ野球】浩康! 浩康! 浩康!!【東京ヤクルトスワローズ】

2011-06-15 10:24:19 | ニュース

つかめチャンス! 決めろ勝負!! そしてプロ野球

ヤクルト6-5西武 明治神宮野球場

勝投手:林昌勇(1勝0敗13S)
敗投手:グラマン(1勝1敗1S)

本塁打:バレンティン16号2ラン(六回裏・岸から)、フェルナンデス7号2ラン(三回表・山岸から)

ヤクルト:山岸-増渕-松岡-バーネット-押本-林昌勇
西武:岸-ミンチェ-江草-岡本篤-グラマン

ヤクルト先発は昨年西武からトレード移籍の山岸投手。
ところが、古巣相手の先発に対する緊張感からか、先頭の片岡選手に四球を与えてしまいます。
結局これが中島選手の犠飛につながり1失点。
さらに、二回には1死2塁で熊代選手にタイムリーを、
三回には中島選手のタイムリー、フェルナンデス選手の2ランを浴び結局被安打4、5失点で三回降板となってしまいます。
反撃したい打線ですが、西武先発岸投手の前に三回まで田中選手の1安打に抑えられてしまい苦しい展開に。
しかし四回、先頭の田中選手がヒットで出塁すると、ホワイトセル選手が続き無死1、3塁とチャンスに。
続く畠山選手は2ゴロ併殺に倒れるものの、田中選手が生還し1点を返すと、
続く五回にも2死1塁から代打出場のユウイチ選手がタイムリー2ベースを放ち2-5と3点差に詰め寄ります。
そして六回、2死から畠山選手が四球で出塁すると、続くバレンティン選手が初球をレフトスタンドへ。
4-5と1点差に迫ります。
しかし西武は七回にミンチェ投手を、八回に江草投手をマウンドに送りヤクルトの反撃を封じ込めると、
勝利を確信して九回、マウンドに岡本篤投手を立たせます。
その岡本投手は先頭の森岡選手、続く川本選手を連続三振に切ってとりますが、
代打・宮出選手がヒットで出塁、続く青木選手の死球、岡本篤投手の暴投で2死2、3塁となり、田中選手に打順が。
その田中選手、1-2からの5球目をレフト前にはじき返し土壇場で5-5の同点に!
さらに延長十一回、3時間半規定により最終回の攻撃では、
先頭森岡選手が内野安打、川本選手が送った後、福地選手も内野安打、青木選手のレフト前安打で1死満塁のチャンス。
ここで打席に立った田中選手、初球をレフトへの犠牲フライとしてサヨナラ勝ち!
これでヤクルトは2連勝、交流戦成績を9勝10敗2分としています。

他球場の結果

巨人1-2ロッテ

横浜0-9オリックス

阪神1-0日ハム

※ソフトバンク、楽天、中日、広島は試合なし

いやぁ、素晴らしい試合だった。
正直、三回終わって0-5、安打数1の時にはもう諦めてたけど、
やっぱり野球は筋書きのないドラマ。
最後の最後まで何があるかわからないねw

これで交流戦は残り3試合。なんとか2勝1敗でいければ勝率5割で終えられる。
先発陣が手薄で厳しいゲームが続くけど、なんとか踏ん張ってくれ!
頼むぞ! スワローズ!!


オマケ
youtubeにアップされていた、田中選手の犠飛&ヒロイン動画。
2011.6.14 田中浩康 サヨナラ犠飛~ヒーローインタビュー


ナイスバッティング! 浩康!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゲーム】初音ミク -Project... | トップ | 【プロ野球】ま、こんなもん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。