出版関係者の元気になりたいブログ

アニメ・ゲーム・ラノベ・野球(観戦)・サッカー(観戦)など、貧血ぎみの出版関係者が趣味についてつづる日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【プロ野球】そつのない野球で2カード連続勝ち越し!【東京ヤクルトスワローズ】

2011-07-04 10:46:01 | ニュース

プロ野球でございま~す。

広島3-7ヤクルト MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

勝投手:増渕(4勝4敗)
敗投手:中村恭(0勝1敗)

広島:中村恭-ソリアーノ-岸本-青木-今村-上野
ヤクルト:増渕-渡辺-久古-バーネット-林昌勇

ヤクルトは初回、青木選手の3ベースを足がかりに1点を先制します。
ところがその裏、先発・増渕投手が2死2塁とピンチを招くと、松山選手にタイムリーを打たれ1-2と逆転されてしまいます。
しかしヤクルトも二回に反撃。
先頭の宮本選手が四球で出塁すると、川端選手、相川選手がヒットで続き無死満塁。
打席に立った増渕投手が冷静に四球を選び押し出しで同点とすると、青木選手の内野安打、田中選手の押し出し四球、
さらに畠山選手の内野ゴロで加点し5-2と再逆転。
四回に東出選手のタイムリーで1点を返された増渕投手でしたが、結局五イニングスを3失点で切り抜けると、
その後は中継ぎ投手陣が踏ん張って勝利。
ヤクルト、30勝一番乗りです。

他球場の結果

巨人2-6中日

阪神10-0横浜

楽天5-1ロッテ

西武2-5日ハム

オリックス2-1ソフトバンク

相手の四球でチャンスを作るとしっかり加点し、
中継ぎ含め粘りの投球で安打を多く打たれても失点を最小限にとどめる…。
なんと渋い野球をすることかw

この調子でガンガン勝ち進んで、10年ぶりの日本一を見せて欲しい!
GO! GO! スワローズ!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【プロ野球】4点差をひっく... | トップ | 【プロ野球】オールスターの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。