出版関係者の元気になりたいブログ

アニメ・ゲーム・ラノベ・野球(観戦)・サッカー(観戦)など、貧血ぎみの出版関係者が趣味についてつづる日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【プロ野球】連夜の逆転劇で3連勝!【東京ヤクルトスワローズ】

2011-09-29 10:14:14 | ニュース

お久しぶりのプロ野球エントリー。

ヤクルト8-5阪神 明治神宮野球場

勝投手:松井光(3勝0敗)
セーブ投手:林昌勇(3勝2敗28S)
敗投手:秋山(0勝1敗)

本塁打:バレンティン29号2ラン(六裏・秋山から)、新井貴14号3ラン(三表・七條から)

ヤクルト:七條-一場-松井光-押本-松岡-林昌勇
阪神:秋山-藤原-西村-筒井-小嶋

由規投手、村中投手、石川投手らが離脱する中、2軍から戻ってきた無敗の男・七條投手が先発マウンドへ。
その七條投手は二回、2死満塁のチャンスで打席に立つと、内野フライを打ちあげますが、阪神の捕手・藤井彰選手がこれを落球。
2者が生還し2-0とリードします。
ところが三回、ヒットと四球で無死1、2塁とピンチを招くと、
阪神の4番、新井貴選手に通算250号となる逆転3ランを浴び、七條投手は2回0/3でノックアウトされてしまいます。
その後は2年ぶりの登板となった一場投手や松井光投手が好投し、阪神打線を抑え反撃の機運をつくります。
そして六回、四球で出塁した畠山選手を1塁に置いて、バレンティン選手が今季29号となる逆転の2ラン。
さらに続く宮本選手がヒットで出塁。
武内選手が送ると、続く相川選手にタイムリーが飛び出し5-3。
さらに松井光投手の代打・川島慶選手が四球で1、2塁とすると、
青木選手が走者一掃の3ベースを放ち7-3。
田中選手も犠飛で続き、六回に一挙6得点と試合を決めます。
八回にエラーで2点を失うものの、阪神の反撃をその2点だけで抑えたヤクルト。
中日が広島と引き分けたため、2位とのゲーム差は3に広がっています。

他球場の結果

横浜1-2巨人

広島1-1中日

楽天4-2西武

オリックス6-0西武

ソフトバンク7-0日ハム

いやぁ、バレンティン選手の豪快な1発もすごかったけれど、2年ぶり登板の一場投手の好投が光った試合でした。
ケガ人が多いけれど、これをチャンスととらえて頑張ってくれる選手がいれば、きっと試合は作れる。
今こそ、チームスローガンの通り、「心をひとつに」して戦ってほしい。

僕らスワローズファンは、それを信じて応援するだけ!
GO! GO! スワローズ!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【日常】買っちゃった【漫画】 | トップ | 【プロ野球】3試合連続で逆... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。