出版関係者の元気になりたいブログ

アニメ・ゲーム・ラノベ・野球(観戦)・サッカー(観戦)など、貧血ぎみの出版関係者が趣味についてつづる日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【プロ野球】まさかの失点で4連敗【東京ヤクルトスワローズ】

2011-08-31 11:05:17 | ニュース

首相が代わった? でも首位は譲らねーぞっ! ってことでプロ野球

ヤクルト2-3広島 明治神宮野球場

勝投手:豊田(1勝0敗)
セーブ投手:サファテ(1勝1敗33S)
敗投手:林昌勇(3勝1敗21S)

本塁打:栗原12号ソロ(四表・石川から)

ヤクルト:石川-バーネット-久古-林昌勇
広島:バリントン-今村-豊田-サファテ

これ以上負けられないヤクルトは三回、2死から田中選手、川端選手が連打で出塁すると、
畠山選手がライト前へはじき返し1点を先制します。
しかし四回、ヤクルト先発の石川投手が栗原選手にポールを巻く同点ソロ本塁打を許すと、
丸選手に四球を与えた後、バーデン選手にタイムリーを浴び1-2と勝ち越しを許してしまいます。
追いつきたいヤクルトはその裏、1死から宮本選手が2ベースで出塁すると、
骨折を押して出場する相川選手が同点のタイムリーを放ち2-2に。
その後は両チーム投手陣が踏ん張り、迎えた十回、2死から栗原選手が林昌勇投手からヒットを放ち出塁すると、
代走の東出選手が林昌勇投手の暴投で2塁から一挙にホームへ。
思わぬ形で勝ち越し点が入った広島は、守護神サファテ投手をマウンドへ。
対するヤクルトは1死から畠山選手がヒット。
2死となった後、代走の三輪選手が盗塁して2塁をおとしいれると、
武内選手が四球を選び2死1、2塁。
ここでチームリーダー宮本選手が、サファテ投手相手に13球粘る気迫のバッティングを見せますが、
最後はサードゴロに倒れゲームセット。
ヤクルトはこれで4連敗。勝った巨人と阪神が2.5ゲーム差に迫ってきています。

他球場の結果

巨人3-0横浜

中日3-6阪神

楽天2-1西武

ロッテ5-3日ハム

ソフトバンク1-4オリックス

首位のプレッシャーなのか…。
ベテランの宮本選手や相川選手が獅子奮迅の働きを見せるも、
若手選手はついてこず…。
わずかに川端選手が猛打賞の活躍を見せるも、
12安打2得点とお寒い打線のあり様では勝てません。

ここで1つ、何か打線を活気づかせるカンフル剤があればいいのですが…。

まぁ、ファンにできることは信じて応援することだけ。
頼むぞ、我らのスワローズ!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【水樹奈々】「純潔パラドッ... | トップ | 【プロ野球】目も当てられな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。