出版関係者の元気になりたいブログ

アニメ・ゲーム・ラノベ・野球(観戦)・サッカー(観戦)など、貧血ぎみの出版関係者が趣味についてつづる日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【プロ野球】アクシデントを乗り越え引き分けに!【東京ヤクルトスワローズ】

2011-06-10 09:56:05 | ニュース

あれはデネヴ、アルタイル、そしてプロ野球!

オリックス1-1ヤクルト 京セラドーム大阪

本塁打:畠山10号ソロ(四回表・中山から)

オリックス:中山-近藤-吉野-平野-岸田
ヤクルト:由規-松岡-久古-押本-林昌勇-バーネット

ヤクルト先発由規は初回、2死3塁の場面でT-岡田選手にタイムリーを浴び1点を先制されてしまいます。
追いすがるヤクルトは四回、畠山選手がカウント1-2と追い込まれてからの4球目をレフトスタンドへ叩き込み1-1の同点に。
ところが、その裏を終えたところで由規投手が左わき腹に痛みを訴え降板するアクシデントが。
しかし、五~六回を松岡投手が、七回を久古投手、八回途中からを押本投手、九回を林昌勇投手が、十回をバーネット投手が無失点に抑え、
延長規定により1-1の引き分けとなりました。

他球場の結果

日ハム3-2中日

楽天2-2横浜

西武1-5広島

ロッテ2-5阪神

ソフトバンク2-0巨人

なにより送りバントを3回も失敗する拙攻が響いたね。
ヒット数自体はオリックスの倍打っているのに、結局同点だもん。
まぁ、切り替えていくしかないけどさ。
それにしても、由規投手の状態は心配だね。
大したことなければいいのだけれど…

追記
遅ればせながら。
5月度の日本生命・月間最優秀選手にバレンティン選手が選ばれました!

おめでとうございます! バレンティン選手!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【プロ野球】決して大崩れは... | トップ | 【日常】へうげものを読んで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。