出版関係者の元気になりたいブログ

アニメ・ゲーム・ラノベ・野球(観戦)・サッカー(観戦)など、貧血ぎみの出版関係者が趣味についてつづる日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【プロ野球】パ・リーグキラーだタテヤマン!!【東京ヤクルトスワローズ】

2011-06-18 21:20:59 | ニュース

雨・雨・フレ・フレ・プロ野球!!

ヤクルト3-0ロッテ 明治神宮野球場

勝投手:館山(6勝1敗)
セーブ投手:林昌勇(1勝14S)
敗投手:渡辺俊(2勝3敗)

ヤクルト:館山-林昌勇
ロッテ:渡辺俊-伊藤-カルロス・ロサ

あいにくの空模様のもとで行われたヤクルト-ロッテ戦は一回裏、
田中選手がヒットで出塁すると、盗塁+悪送球などで2死1、3塁とチャンスに。
しかし、続くバレンティン選手が二ゴロに倒れ得点できず。
それでも攻撃の手を緩めないヤクルトは続く二回裏、先頭の宮本選手がヒットで出塁すると、
1死から相川選手のヒット、館山投手倒れた後青木選手が四球を選び2死満塁のチャンス。
ここで田中選手がレフトへの走者一掃タイムリー2ベースを放ち3-0と勝ち越しに成功します。
ところがロッテも反撃、四回表には1死から伊志嶺選手、井口選手の連打で1、2塁とピンチを迎えます。
ですが館山投手も崩れず、続く大松選手を空三振に、今江選手をライトフライに打ち取りロッテを0に抑えます。
このまま試合は進み九回、完封を目指し館山投手がマウンドへ。
しかしロッテもここで意地を見せ、先頭の伊志嶺選手、続く井口選手が連打で出塁し無死1、2塁と、一本出れば同点のピンチに。
この後大松選手を空三振に打ち取ったところで、ヤクルトはマウンドに林昌勇投手を送ります。
その林昌勇投手は、今江選手をショートフライ、続く福浦選手を空三振に切ってとって試合終了。
館山投手はこれで交流戦4勝&防御率0.44(41イニングスで2失点)と圧巻の成績で交流戦最後の登板を終えました!

他球場の結果

横浜6-4ソフトバンク

広島1-9日ハム

巨人2-1西武

中日0-4オリックス

阪神1-2楽天

いやぁ、館山投手は本当にすばらしい投手だね。
ローテーションを守っている先発投手はエース・石川投手とこの館山投手の2人だけ。
やっぱり、この2投手が投げる試合だけは落としちゃいけないね。

にしても、心配なのは福地選手。
盗塁した際に「左肩関節脱臼」し負傷退場…。

ケガ人が多くなるのは、ある程度覚悟していたけど…。
う~ん、やはりしんどいシーズンだな、今年は。

それでも勝つしかないっ!
チーム一丸で勝利をつかみとれ!!
絶対勝つぞ! スワローズ!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【プロ野球】日本最多セーブ... | トップ | 【プロ野球】魔の六回に逆転... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。