出版関係者の元気になりたいブログ

アニメ・ゲーム・ラノベ・野球(観戦)・サッカー(観戦)など、貧血ぎみの出版関係者が趣味についてつづる日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【プロ野球】打撃戦の末引き分け【東京ヤクルトスワローズ】

2011-08-25 10:27:59 | ニュース

ちゅーこってプロ野球

ヤクルト6-6中日 明治神宮野球場

本塁打:畠山15号2ラン(一裏・チェンから)、谷繁2号ソロ(三表・押本から)、堂上直2号ソロ(八表・バーネットから)

ヤクルト:七條-押本-渡辺-松岡-バーネット-久古-林昌勇
中日:チェン-久本-鈴木-小林正-平井-浅尾-岩瀬

出激戦となった試合は初回、ヤクルト先発七條投手が1死から大島選手に3ベースを打たれると、
続く森野選手に犠飛を浴び1点を先制されます。
その裏ヤクルトも反撃、青木選手がヒットで出塁、田中選手が送ると、続く川端選手がタイムリー。
さらに畠山選手が本塁打を放ち3-1と逆転に成功します。
ところが七條投手がピリッとせず、二回には2死2、3塁で大島選手に2ベースを浴び3-3の同点。
さらに森野選手にもタイムリーを浴び3-4と再逆転を許してしまいます。
しかしヤクルトも反撃、二回裏に今シーズンまだヒットのないガイエル選手にラッキーな2ベースが出ると、
七條投手の代打で出た森岡選手が追い込まれてから2ベースを放ち4-4の同点に。
三回表、押本投手が代わりばなの初球を谷繁選手に本塁打され再び勝ち越しを許すものの、
その裏ヤクルトは満塁のチャンスでガイエル選手が再び2ベースを放ち6-5と再々逆転。
その後は両チームとも中継ぎ陣が粘るものの、八回にバーネット投手が堂上直選手に本塁打を浴び6-6同点に。
そして九回は両チーム守護神が締めて、引き分けに終わりました。

他球場の結果

巨人1-2阪神

広島8-1横浜

日ハム2-5楽天

ソフトバンク6-0ロッテ

※オリックス、西武は試合なし。

いやぁ、まさか両軍先発投手が2回で降板するとは思いもしなかったw
まぁ、調子の悪い時ってのはこんなもんなんだろうけれど…。

打線は、ホワイトセル選手に代わって登録されたガイエル選手に初ヒットが。
それもガイエル選手らしい(?)ミラクルヒットw
しかも3安打2打点の猛打賞。

とりあえず、次の試合を取りたい。
なんとか取って、出来る限り差を広げていきたい。

頼むぞ、スワローズ!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【プロ野球】ミスにも助けら... | トップ | 【プロ野球】赤川タイムリー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。