きれいな脳でした

むずむずのことで、病院に行ってきました。
脳のCTも、血液検査も、とくに異常なし。

結局、むずむずの原因はよくわからなかったけれど、
どこも異常がなかったとわかって、安心しました。
ちゃんと脳みそもつまっていたし(笑)

リボトリールというお薬をもらって、様子をみることになりました。
むずむずとも気長にお付き合いしていくことになりそうです。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

むずむず脚症候群 その後

さて、むずむずについて診てもらうために大学病院に行ってきました。
まだ検査の途中でよくわかっていないのですが、
わたしの場合は、統合失調症の薬を飲んでいることが一番の原因だと思います。

とりあえず、メネシットという薬を頂きました。
パーキンソン病の薬で、むずむずによく効くそうです。
でも、一週間くらい飲んでいますが、わたしにはさっぱり効果がありません。

まあ深刻な症状ではないので、長い目でみていくつもりです。
まるでシーソーの上で、バランスをとっているような気分です。
統合失調症のほうにも、パーキンソン病のほうにも、どちらにも傾かないように。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

渋谷DEどーも

NHKの渋谷DEどーも´08に行ってきました。
朝9時から夕方5時まで、生放送の公開番組があって、
関口知宏さんが一日ゲストで出演されるので、
わたしも一日、ステージを拝見してきました。

会場があくまで待っている間に、スタッフの人がやってきて、
いきなり、司会のアナウンサーさんと関口さんの後に立って、
エキストラみたいなことをすることになったり、
撮影現場の雰囲気を味わうことができて楽しかったです。

午前中は、「街道てくてく旅」のトークライブと
関口さんが中国鉄道の旅の途中で作曲した曲の披露。
曲の披露のときは、雨のなか屋外ステージだったので、
皆さん、大変だったと思います。

午後は、海の環境番組とエコ大紀行スペシャルでした。
関口さんは、お疲れのようでしたが、自身の旅の経験から得た、
さまざまな名言を聞かせてくださいました。

「旅で出会った人は、みんないい人たちだったけれど、
その人たちが自然を破壊しているのか、という不思議な気持ちになる。
日本のゴミが海を渡って、太平洋の小さな島の鳥たちを絶滅の危機
に追い込んでいる。地球は狭かった。」
ラジオ「JR EAST ECO-TRAIN」のなかでのメッセージを思い出しました。
「これからは地球にインパクトの少ない生活を目指そう。」

ステージの前のほうに座っていたので、わたしもテレビに映っていたそうです。
家にいた両親がテレビ画面に映った、わたしの姿を写メで送ってくれました。

お話したり、握手したりすることは、できなかったけれど、
間近で関口さんやNマネさんにお会いすることができて、嬉しかったです。

イベントに行くたびに、ファンの方々と出会って、
親しくお話させてもらったり、お世話になったりするので、
ファンの方々のことも気遣える余裕も大切にしていきたいです。

一日中、会場にいたので、さすがにくたびれて、その日の夜10時から
放送された「関口知宏のファーストジャパニーズ」を見られなくて残念でした。
それに、次の日はダウンしていました。
病気になったとき、主治医が「これからはエネルギーが80%になりますよ」と
言っていたことを実感しました。でも、楽しかったので、行かれて良かったです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

狭山五行歌会

午前中、歌会の会場をとるために、抽選会にでたら、
見事、とりたい会議室をとることができました。
この幸運は、午後の歌会の結果の予言でしょうか…。

わたしのすきな歌のうち、2首、紹介します。

緑を羽織った    関根昇一
桜の老樹
一仕事終えた
疲れもなんの
こざっぱりと

歌も、ひろがってくる情景も、すっきりとして、さわやかな歌でした。

にこっと      前川みち子
笑う母
沢山の耳あか
とったあと
聞こえるんだ

読んだあと、わたしもつられて笑顔になってしまいそうな歌でした。

今日の歌会では、なんと、親子で一席(母)、二席(娘)をいただいてしまいました。
幸運を使い切ってしまっていなければ、いいのですが…。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )