うたのすけの日常

日々の単なる日記等

冬のような寒さ

2016-10-11 15:12:05 | 暮し

 朝方、テレビであなたはいつ衣替えをしましたか。なんて街頭でのアンケートを発表していた。なるほど、ここんところ涼しい日が続いていて、今朝など寒いと言っても過言ではない。布団を上げるのに廊下に面した襖、そして2面のガラス戸を開けるのだが、今朝は早々に閉めた。寒いのである。
 そういえばテレビのアンケートではないが、まだ下着は夏のままで半袖、下はステテコのままだ。さすがに下着の上は厚手のシャツに着替えいるが、下は真夏の部屋着のままである。夜具と言えばタオルケットに薄手の掛布団。夜中にトイレに目覚めたときなど、寒いななんて感じたりする。
 齢とると暑さ寒さの感覚が鈍ってくるのだろうか。風邪を引き込んだらかなわない。かみさんに話す。今夜からタオルケットを薄手の毛布に変えようよと。夫唱婦随である。
 かみさん今朝も買い物に出るとき、7分袖のブラウスにベスト姿である。「寒くないのかよ」と聞けば「別に」と返ってくる。風もあって寒いんじゃないかと思うのだが、彼女もまた鈍くなっているのかと、チト心配である。

ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下の孫娘が、転勤で東京へ | トップ | 五七五七七で一言 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。