うたのすけの日常

日々の単なる日記等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

豊洲市場の地下空間を推理する

2016-10-01 10:58:16 | 新聞記事から

 豊洲市場の建屋の地盤が盛り土されずに地下空間が、いつの間にやら完成してて、そこに水が溜まって問題になっている。地下水か雨漏りかと論議姦しく、いつ、誰が誰の指示で行ったかは現時点で明らかになっていない。おまけに何の目的で作られたのかも判然としていない。築地からの移転が検討されて、東京ガスから莫大な金額で購入したものである。
 直後その跡地から有害な化学物質が検出され、またも莫大な金をつぎ込んで土壌の入れ替えを行って、やっと移転にこぎ着けたのだ。しかし新知事登場で話がもつれる。誰にも寝耳に水の地下空間の出現、そしてかなりの溜まり水が確認されて移転中止がいつ解除されるか前途不明が現状である。
 何でこんな事態になってしまったのか。ど素人の小生が推論するので、退屈しのぎに嗤って読んで欲しい。東日本震災で、あらかた汚染土壌の入れ替えが東京ガスによって実施され、都の検査でも汚染は基準以下に押さえられたいた土地の一部が液状化し、地下水が噴出する現象が起きた。
 ここで石原元都知事の言動が浮かんできた。石原氏はマスコミの質問に先手を打って、寄る年波でその経緯はよく覚えておらず申し訳なしと頭を下げ、真相究明には協力すると都知事にすり寄っている。このこと自分に都合の悪いことは年のせいにして誤魔化す。小生もよくやる手だ。「ええ、なにと」とぼけてしまう。建屋の下にコンクリートの箱ものを、作れと言ったとか言わなかったかの石原氏の発言はその時点で立ち消えになっている。
 元々豊洲移転は石原知事時代に始まったことで、地下空間の存在を知らぬ存ぜぬで通る話ではない。石原氏も土壌の全面入れ替えにかさんでいく費用に恐怖を感じてきたのではないかと小生は推測する。しかし後々地震で液状化した場合、建物の被害は免れない。そこで石原氏とは言わぬが、都側は建物の下にクッションを造り、液状化をそこで押さえる。そして噴出した有害物質を含んだ土壌を外に運び出す工事に転換したものと思う。そのためのショベルカーの出入り口もつくっている。
 都側としては考え抜いた工事ではなかったのか。誰が指示したとかしなかったかとか、誰がやったとかやらなかったとかの次元ではない。一日も早い移転を目指して知事も都も議会も協力して前進すべきである。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブックオフに文庫本売りに | トップ | 黒井千次氏のエッセーを読む »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新聞記事から」カテゴリの最新記事