うたのすけの日常

日々の単なる日記等

一点の雲もない青空

2016-10-16 12:58:04 | 暮し

 一点の曇りもないなんて表現を、ベランダから覗いた蒼天を見、過ごし日の己の姿を顧み、おおいに恥ずかしい。なんて殊勝気な言葉吐いてみたが、どうも柄に合わないのではと、強気にもなるこの頃である。
 若い頃の過ちや悪さはもう時効にと願っている気持ちが、徐々に強くなってきている。

親父お袋よ、この親不孝者をどうか勘弁してくれ。十分に苦しみました。勝手なお願い、どうか聞き入れて下さい。お願いします。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぶろぐを2日間休んでしまった | トップ | 熊本地震から半年、そして五... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。