うたのすけの日常

日々の単なる日記等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春眠暁を覚えず、ならいいのだが

2017-04-24 11:02:18 | 日記

 平成二十九年四月二十四日(月)

 昨日はなんとなく、心身ともに気合が入らず朝寝をしてしまった。惰眠暁を覚えずといったところか。このまま床の中で過ごそうと、いっとき思ったりしたが、一日晴天続きのようなので、一念発起、いささか大袈裟だが思い切って飛び起きた。が、それでも一日横になってテレビを観て過ごしてしまった。そしてその間何度も眠りに入っている。呆れるぐらいの頻度で眠っているのである。考えたら親父が晩年そうだった。夜はいつまで起きており、朝は早かった。そして昼間は半分眠っていた。あたしもそんな状態に入ったのかと、慌てないでもない。そしてつくづく思う。親子っちゃよく似るもんだと。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 終日どんよりとした曇り空 | トップ | 何かと騒々しい今日という日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。