うたのすけの日常

日々の単なる日記等

熊本地震から半年、そして五輪騒動

2016-10-17 08:57:56 | 一言

 新聞に熊本の現況が載っている。半年たって仮設暮らし1万人、高齢者のいる世帯74パーセント。住民の暮らしは窮乏そのものと想像できる。それより地震による直接死50人、関連死55人、二次災害死5人。建物損壊18万5466棟、避難者ピーク時18万3882人。そして被害はそれに止まらず、最近の阿蘇山噴火で火山灰による農作物の被害が莫大という。
 東日本の震災の復興も未だままならず、原発の汚染水のコントロールもできずにいる。東も西も復興の掛け声は聞こえてくるが、実際はどうなっているのか真っ当な話は聞こえてこない。
 そんな中、東京五輪の競技施設の莫大な費用が日夜取り沙汰されている。そして飛び交う金額は100億単位。そして費用削減から新たな施策がこれまた飛び交っている。識者や関係者があれやこれやと選択肢の方向を模索しているが、中止といった選択肢はないのかと言いたくなる。なにしろ総費用が何兆というのだから。そう言いたくもなる。
 競技者の中にもあっけらかんと、世界のアスリートを迎えてよりよい環境で競技してもらいたいと述べる人もいた。気持ちは分かるが先立つものは金である。震災の復興もままならず、貧困家庭、社会の底辺でさまよう貧困婦女子、貧困児童の対応も出来ずにいるのにと。
 多少の不便や施設が見劣りしていても、既存のものを最大限に利用して競技ができないものなのか。
 復興五輪 節約五輪 窮乏五輪 どんとこい五輪、そして仮設五輪。掲げるタイトルはいくらでもある。
 

 

ジャンル:
災害
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一点の雲もない青空 | トップ | 不順な天候 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。