亦復一楽

寺社百景

窪八幡神社 ー 鎮護国家

2017-06-14 13:26:45 | 神社
ここで国家とは、甲斐国、武田氏を意味する。「甲斐国社記・寺記」には窪八幡神社は甲斐国惣鎮守と称する。甲斐には今一社甲斐惣社と称する神社、府中八幡宮がある。その祭神は所謂八幡三神で、本殿は三間社であったようである。窪八幡神社では八幡三神の内、現在比咩三神は末社として池の中島に祀られている。もともとは本殿に合祀されていたとの伝承もあるが、天文二十二年(1553)の古図には弁財天とある(「山梨県史 文化財編」山梨県 1999)。比咩神の代わりに仲哀天皇を祀るのは武田八幡宮でも同じである。地主神?が相殿されているが。

拝殿(庁屋)

    本殿

若宮八幡神社 竹内大神  高良神社 比咩三神

(注)2016年12月撮影

窪八幡神社は「甲斐国志」によれば、貞観元年(859)宇佐八幡宮を勧請したとある。同年石清水八幡宮も宇佐八幡を勧請している。宇佐八幡宮は三間社が三棟並列、石清水八幡宮は十一間社の双堂式であるが、内部に三間社を三棟、間に単なる空間を造り合いとして置き、連続し並べる。窪八幡神社は双堂式ではないもの、宇佐・石清水の両八幡宮を強く意識しているのであろう、流造の屋根の下に三棟並列の八幡宮の正規の形式を継承する。しかし造り合い、合いの間は屋根裏まで吹き抜けの土間とし、独創的である。
窪八幡神社創建時の堂舎の形は不明、現在の堂舎は応永十七年(1410)武田信満の再建である。(「重要文化財窪八幡神社修理工事報告書」重要文化財窪八幡神社修理委員会 1957.12)
『山梨県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武田八幡宮 ー 惣領の誇示 | トップ | 石清水八幡宮 ー 鎮護国家 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。