僕の感性

詩、映画、古書、薀蓄などを感性の赴くまま紹介します。

2007年2月22日の記事

2017-03-20 11:25:21 | 思い出
 
ブログをはじめて早や10年の月日が流れた。

よく漢詩では今昔の感に堪えないが、花や木々は昔と変わらないなどと詠っているが

10年前の自分が今の自分とさほど変わっていない気がする。

10年前の2月に書いた「僕の感性」の草創期の記事を下に示す。




2月20日、庭先で見つけたふきのとうです。今年は暖冬のお陰で早く顔を出したみたいです。ふきのとう味噌にするのも、てんぷらで食すのも美味ですが、もうちょっと後にしようと思います。しばらくは春を感じていたい、な~んて気取ってみますね。
 そういえば小さいころおふくろが、つくしを取ってきてくれて、おひたしにしたり、胡麻和えにしたりして食べさせてくれたっけ。ほろ苦い郷愁を時折思い出します。

先日、もとNTT公社のエントランス脇に、けなげに咲くフキノトウを見つけた。


この場所に誰かが山蕗を植えたのだろうということだ。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シラー | トップ | シラー開花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL