僕の感性

詩、映画、古書、薀蓄などを感性の赴くまま紹介します。

魚あれこれ

2017-06-13 18:12:14 | 食べ物
最近、スーパーでの鮮魚の売り上げが20~30%落ちているらしいです。
原因はあのアニサキス、飲み込んでしまうと、腹痛や嘔吐の症状が出るということで
消費者が過度に警戒しているのだと思います。

60℃で一分以上加熱もしくは70℃以上で加熱すれば安全なので
しばらく、焼き魚や煮魚でいく手もあります。

また-20℃以下で24時間冷凍すれば大丈夫ということです。
鮪の刺身などは比較的安全なので大丈夫でしょう。
あとは目視でなんとか頑張りましょう。

生焼けの内臓は危険なので避けましょう。
チャンジャや塩辛も一度冷凍した方がいいのかな?

万が一、アニサキス症の疑いがあったらラッパのマーク正露丸が効くそうです。


もう一つ気になっているのがフグです。

温暖化の影響で、本来日本海にしかいないゴマフグ
津軽海峡をこえて、太平洋側に渡り、ショウサイフグと交雑するんだそうです。

ゴマフグ、ショウサイフグとも、筋肉と精巣(白子)は食べることが出来ますが
皮には毒があります。
けれど交雑種が必ずしも親と同じだとは限りません。
筋肉や白子に毒がある可能性も否定できないわけです。

だから漁業関係者たちは、目視でフグを見分けていて、少しでも怪しいフグは処分するそうです。


温暖化は良いことをもたらしませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤沢周平 『海鳴り』の男と女 | トップ | ワシントンホテルでビアパー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食べ物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL