僕の感性

詩、映画、古書、薀蓄などを感性の赴くまま紹介します。

くずし字や変体仮名の勉強

2017-07-14 18:25:45 | ことば
ここ最近、くずし字変体仮名の勉強をしている。

変体仮名はだいぶ読めるようになってきた。


有名な「枕草子」の冒頭の文である。
ある程度そらんじられるので読めると思う。

元の漢字を交えて表記すると以下のようになる。

者流ハあけほの やうやう志路具な利ゆくや満きハ す古し阿可里て
むらさ起たち堂る雲能 本そ具た奈ひ起たる・・・

ちょっと難しいよね~

昔の変体仮名は手強い。



そして何よりも読めないのは漢字のくずし字、謂わば、行書や草書である。
草書となればもうお手上げ、あと一年はかかるだろう。


気長にやって、いずれ古文書を少しずつ読めるようになりたい。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太田裕美・君と歩いた青春 | トップ | 豚肉白ねば丼とかき氷🍧 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL