観測にまつわる問題

結局外交安全保障が中心になってしまいましたが、火曜は経済を纏めて放出したいと思っています。週のテーマはその内に。

分かってんのかな~、韓国・・・

2017-05-20 13:54:31 | 日記
習近平主席が韓国特使と会談 関係改善の必要性を確認(産経ニュース 2017.5.19 20:18)

>中国の習近平国家主席は19日、韓国の文在寅大統領の特使として中国を訪問している李海●(=王へんに賛の夫がそれぞれ先)元首相と北京で会談し、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備をめぐり悪化した中韓関係の改善が必要との認識で一致した。李氏は文氏からの親書を手渡した。

文氏からの親書がありますから、多分、配備はすると書かれているのだと信じたいですが、一抹の不安があります。中国は「配備してほしくない」でしょうから、認識が一致すると、「配備しない」という結論にならざるを得ません。

THAADは韓国内の米軍基地を北朝鮮のミサイルから守るものです。北朝鮮に対する抑止力にもなりますが、危険な韓国任務を米軍兵士に納得してもらうためにも必要なのでしょう。北朝鮮を野放しにするつもりなら、貢ぐつもりなら、安心できるのかもしれませんがね。シッカリ核放棄を迫るためには必須のものでしょう。レーダーも中国・ロシアというより、まず北朝鮮に対して効果があるでしょう。

中・露はどうしても撤回をせまるなら、北朝鮮に対して軍事的圧力をかけるべきではないですか?矢面に立っているのはこちらです。ちょっと黙っててほしいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 財政の次は、サイバー防衛 | トップ | アジアの民族交代 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事