観測にまつわる問題

「財政」「教育」「流通」仕込中「保守」「諜報」「自民党」「イスラムテロ」「米」「少子化」「中国」「憲法改正」

翁長勢力の下落傾向(那覇市議選の結果)

2017-07-11 17:51:32 | 日記
与党過半数割れ 翁長県政、城間市政に打撃 那覇市議選(八重山日報 2017/07/11)

>翁長雄志知事を支持する勢力が改選前(欠員5、総数35)の20人から18人に後退し、過半数を割った。

>翁長氏は今年実施された県内3市長選に続く敗北となった。

20人から18人ということで人数はそれほど変わっていないように見えますが、記事を見ると野党系が5人から9人に伸びており、我々的にはいい感じです。まだ切り替わってない議員名簿を確認したのですが、野党系とは自民党メインで、中立系とは公明党メインだということのようです(ウィキペディアなんかは公明党を野党としています)。来年の沖縄県知事選や那覇市長選を考えると、中々良い流れになっているようですね。

で、那覇市長の城間氏とはどんな人なのかと思ってホームページを見たのですが感想はまず「?」ですね。城間みきこ支援公式サイトって?筆者も別に政治家のサイトを漁る趣味はありませんので、自分が無知なだけかもしれませんが、自分の公式サイトに「支援」を入れるているサイトは見たことないですね。支援したくない筆者のようなものは見るなというようなビミョーな圧力を感じます。普通に見ますけどね(^_^)何というかその図々しさが政治家としては危険なような気もします。気になって「支援サイト」で検索すると「子育て支援サイト」がズラリと並ぶ中、「教育支援サイト」が上位に一件。「子育て支援」は親だけじゃ大変だろうから我々が支援するよというニュアンスが明確ですが、政治家のサイトは広く一般に訴えかけるべきと思いますよね。例えるなら政治家としての事務所が無く後援会を本拠にしているようでいや~な感じがします。よく分かりませんが左翼なノリなんでしょうか。

中身はなんてことはないコテッコテの左翼に見えます。

>憲法の理念を基本とした市政運営。

>命を産み育む女性の目線で、戦争につながる動きに反対し

はい、分かりました。諸国民の正義を信じ(?)非武装平和というありもしない妄想に基づき(?)発言行動する左翼だということですね。戦争に繋がる動きに反対、大いに結構、今すぐ中国の尖閣侵入に反対する抗議デモでもやったらどうかって思いますがね。あれこそ見紛うことなき戦争につながる動きです。沖縄の県都の市長さんなんでしょう?今すぐ沖縄ドロボーに抗議しなきゃですよ。侵略者に抗議せずガードマンに抗議するのが典型的な左翼です。分かってますとも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽光発電関連企業の倒産が... | トップ | 中国での戦線拡大の検討(大... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む