観測にまつわる問題

沖縄で自民厳しいみたいですね。事故がおこってついてないってのはあるだろうけど。中々難しいね。

北朝鮮のサイバー攻撃部隊

2017-06-10 18:09:16 | 政策関連メモ
今、北朝鮮に対して圧力をかけている最中ですが、核実験やミサイル発射といった分かり易い挑発行為だけでなく、見えにくいサイバー攻撃に意識的に注目する必要があるのではないでしょうか?サイバー攻撃の場合、中々犯人が分かりづらいという特徴があるので、意識的に注目しないと知らない間にやられていたということになりかねません。

北朝鮮のサイバー攻撃部隊(ウィキペディア)

>暗号解読、機密の入手、産業技術入手、世論操作、資金獲得、webサイトの書き換え、通信破壊、ウイルスの制作と拡散、他国の会社員を買収してのユーザーIDパスワードの大量入手、サイバー攻撃による企業活動の妨害などの行動が確認されている。当組織に関係していた脱北者が複数存在しており、彼らの証言から一部明らかになっているものの、組織改編や名称変更を繰り返しており、実態把握を困難にしている。規模人員についても諸説あり2014年現時点で5900人で近年3000人態勢から増員されたとの報道があるその一方で中国系メディアでは3万人規模にて美林大学・牡丹峰大学・金日成軍事総合大学などで毎年1000人ほどハッカー育成して増員しているともあり、報道で数字にばらつきがある。2011年時点では、朝鮮人民軍総参謀部の「情報統制センター」が統括しており、実行部隊として偵察総局121局。心理戦部隊として情報・心理戦を担当する「偵察総局204局」。同総局の「情報偵察部隊」などがある。金正日総書記体制から設立されており、これまでも、北朝鮮の国家規模からは考えられない程の巨額資金と人員を投入しているとされ、小学生から才能ある人材を探してはスカウトし英才教育を施しているとされる。金正恩は特にサイバー戦を重視しており現体制に移って規模倍増した。

規模は報道によってバラつきがあるようですが、わりと大きい規模であるようです。小学生から才能ある人材を探してスカウトしているならば、侮ることは出来ないでしょう。どうやって才能のある人材を探すかですが、英米ではギフテッド教育(ウィキペディア)が行われており、情報は公開されていますから、そういう情報を丸パクリしてしまえば、北朝鮮のような原始的な国家でも才能のある人物を探すことは難しくないでしょう。自由な国家ではありませんから、容易に進路を強制することもできます。中国やロシアの支援もないとは言えません。日本が侮ることはできない相手と認識すべきでしょう。アメリカは最もサイバー戦に強いところはあると思います。日本はアメリカの同盟国ですから、言うことに従っておけばいいのではないか?という考えもあるかもしれません。ですが、あの大ローマ帝国も防衛を傭兵(それも敵方である蛮族)に頼ったことで滅亡したと言います(ローマ帝国を滅亡に導いたアウトソーシング グロービス)。筆者は日米同盟を解消して自主防衛!などと言いませんが(ロシア・中国・北朝鮮相手に日本単独で十分な防衛をするのは如何ほどのコストがかかるかということです。日米同盟を堅持して機能を確保しつつコスト削減するのが正解でしょう)、アメリカ依存になることも違うと思います。サイバー攻撃の現状を知り、きちんと対策を行い、アメリカと連携していくということが大切です。日米同盟はこれまで堅持されてきていますが、沖縄中心に米軍追い出し勢力がいますし、経済なんかではトランプが保護貿易を主張したりして意見の違いに苦労することもあります。依存するのではなく、まずは自分でやり協力していくという姿勢が大切です。申し訳ありませんが、ブラックなITの人材集めに苦労し、平等教育で自由な日本社会は良い社会かもしれませんが、十分北朝鮮に対抗できるかは疑問もあります。パクスアメリカーナ(ウィキペディア)に頼り過ぎているかもしれませんよね。万一有り得ないと思いますが、アメリカが負けたら日本も負けです。反日意識が旺盛でビンボーでランボーな特定アジアの傘下に入ることになり、辛酸を舐めることになると思います。その現実を諸国民の正義を信じる日本人(笑)がどれほど自覚しているのか不安があるからこそ、筆者のようなものがいっちょ書いたるかとなっています。エリート様たちは軍事も勉強せずに(大学で教育もしません)、国際社会を乗り切れると思っているらしいですから、いい気なものです。

日本人は韓国を馬鹿にしますが(筆者も例にもれませんが)、脱北者を保護しているのは韓国でしょう。サイバー攻撃部隊から人が逃げ出してくることもあるようであり(優遇されていますから、言うことそのまま信じていいのか分かりませんが)、情報収集は大切です。対北朝鮮では韓国の役割はあります。敵に通じているっぽいところもあって、信用はなりませんが、叩き一辺倒ではなく、上手いことつきあっていくことは考えなくてはなりません。少なくとも「韓国の協力など要らねーよm9(^Д^)プゲラ」をやれるほど、日本がサイバー防衛をしっかりしているか疑問があるのではないですか?

>中華人民共和国の武漢市などの学校で訓練や教育を受けてるとする資料もあり、中国サイバー軍との連携の報道が存在する。

ひょっとしたら、中国は北朝鮮のサイバー部隊に非常な支援をしている可能性があります。北朝鮮のミサイル発射失敗、米国がサイバー攻撃で妨害成功か…中国が協力も(ビジネスジャーナル)「北朝鮮の要員は中国の武漢市にある解放軍直属の大学に派遣され、コンピューター教育を一から学んだともいわれている。当時は北朝鮮国内には、まともなコンピューター施設もなかったことから、瀋陽市のホテルをサイバー攻撃実行部隊の拠点としたというほどだ。」ということですから、中国の主張「我々に影響力ないアル」をまともに信じるのも疑問でしょう。いいですか?絶対に諸国民の正義を信じてはいけません。猜疑心が膨らみすぎるのも破滅の序曲かもしれませんが、ニホンコクケンポーなるお花畑平和憲法を不磨の大典であるかのように扱う日本人には疑う心も必要です。世界は日本だけで出来ているのではありません。

>韓国に対して2009年7月、2011年3月、2013年3月20日、2013年6月に大規模なサイバー攻撃が行われている。2009年の際にはおよそ11万台のパソコンに不正侵入したとされ、韓国内協力者が逮捕されている。また、2013年3月の韓国大規模攻撃にはおよそ5万台のコンピュータが使用不能にされATMも停止した。また、2014年5月から4か月間に2万台以上のスマホをハッキングしたと韓国政府は発表している。なお、北朝鮮はこれら一連のサイバー攻撃について否定している。

キタチョーセンじゃなきゃ誰の仕業だよ?(韓国に執着するのは、統一が大目標の同民族に決まっているのではないですか?)って思います。日本は反日で韓国を嫌っていますが、韓国に協力者を侵入させてまで攻撃するほど、韓国に執着しているとは思えません。万一そんなことがあれば(協力者は逮捕されています)、韓国は鬼の首をとったように騒ぐでしょう。ですから、反北的な保守派の月山明博ドノや高木クネドノに金クレクレ攻撃をしたの見るのが正解でしょう。従北のムンドノが金をつかませれば、北朝鮮からの攻撃はないと思いますが、それでは北の核開発やミサイル開発が進み、サイバー攻撃能力が高まってしまいます。韓国がもしも墜ちたら、次は日本で間違いないのですから(どう見ても反日です)、日本も人事ではありません。従北のムンドノに北に金をつかませないようしつこく要請していくとともに、北の攻撃に一致団結して対応していかなければなりません。何度でも書きますが、諸国民の正義を信じるそこのアナタ!北朝鮮の「ウリじゃないニダ」を信じるのですか?北朝鮮も隠しようのない核実験やミサイル発射は誇らしげに語りますが、分かりにくいサイバー攻撃は頑として認めないようです。オマエラノサイバーブタイハカスミデモクッテンノカ?ですが。

>121局
>偵察総局に121局(en:Bureau_121)とよばれる部隊が存在しており最精鋭とされる。2010年に所から局に昇格した。この121局がソニーを攻撃したと報じられている。この部隊に所属したものは、高級マンションを与えられるなど極めて優遇されるため多くの子供たちが競って技術を磨いているとの報道が存在する。なお、すでに増員により2師団に分割されているとの報道も存在するが、詳細は不明である。
>本拠地は平壌だが、中国国内にも複数の活動拠点を複数置いており、司令所は北朝鮮との国境近くの中国遼寧省瀋陽市との報告がある。瀋陽七宝山飯店が本拠地ともされ、このホテルは張成沢と親しかった中国共産党党員の実業家馬暁紅と北朝鮮の合弁会社が共同経営を行ってる。なお、瀋陽には北朝鮮の領事館があり、領事館もサイバー攻撃に関与していると見られる。

北朝鮮と中国のサイバー部隊の密接な関係よ!血の友誼は過去のものではありません。疑り深い独裁者が自国内の中国派を処分しトップになった2011年以降一度も訪中できていないのは事実ですが、レッドチームの結束を舐めるべきではないでしょう。プロレスですよプロレス。あんなもん。中朝友好協力相互援助条約(ウィキペディア)は未だに生きています。詐欺師の言を丸ママ信じる奴はアホウですが、日本はどうしても諸国民の正義を丸ママ信じてしまうところがあります。こと外交安全保障において憲法m9(^Д^)プゲラの態度が精神が重要ですが、真面目な日本人はお分かりにならないところもあるようであり、非常に残念です。憲法を真面目に考えることも重要ですよ?ですが、それは改憲することが先です。ゴミみたいな条文を始末して、真面目に守る、この順序が大切です。何時までジーエイチキューの遺命に従うつもりなのか?日本人は諸国民に正気を疑われていることを自覚したほうがいい。中国があくまで条約は紙切れを言い張るなら、日米韓結束して破棄を求めていくべきでしょう。

>204局
偵察総局に属する心理戦部隊。他国の世論操作などを担当する。

北朝鮮のスパイはあなたの後ろにもいるかもしれません。少なくとも朝鮮総連といった工作機関、朝鮮学校という北朝鮮シンパを育てる学校は現に日本に存在しています。スパイの方々は日夜北朝鮮のイメージを良くするため、日米韓の結束を崩すため、ついでに多分中国イメージ上げのため、働いております。それがスパイの役割です。

>lab110と呼ばれる軍事大学内に設置されたマルウェアやウイルスの作成と拡散に特化した部隊があり。2009年にはマルウェアDarkSeoulを開発し、通信ネットワーク破壊をこころみたとされる。このマルウェアDarkSeoulは、信頼されている企業のソフトの自動更新サーバーに侵入し、ソフトウェアアップデートの際にウイルスやマルウェアを配布拡散させ、感染した一般のパソコンを使用して銀行・行政機関・報道機関・大統領府などに攻撃をしかけ、通信を麻痺させるもので、ヒューレットパッカードはこのマルウェアに対して「洗練されている」と評した。

>米軍のジェームズ·サーマン大将は、「特殊作戦」と呼ばれる6万人規模の集団の一部としてサイバー部隊が存在しており、EMPとよばれる電磁パルス攻撃による通信機器の破壊や送電網の破壊準備を進めていると警告している。

北朝鮮は失うものがありません。報復しようにも電気がついてない(笑)。まともな企業も無いからまともな銀行も無いですし報復する対象がないでしょう。これは恐ろしいことです。日本人はそこに気付かないといけません。トランプ政権、北朝鮮に制裁強化へ 国際金融システムから締め出し=米高官(ロイター 2017年 03月 21日 11:27)北朝鮮と取引のアル中国の企業を制裁すべきです。トランプは別に口先だけの男じゃありません。前任者(オバマ)がやるべきだったと言いましたが、ちゃんと真剣に考えているところがあります。そこを理解しなければなりません。多分。今どーなってるのかは知りませんが。いいですか?いくら原始的な生活をおくるキタチョーセンジンと言えども、金がないのに核開発やミサイル開発・サイバー攻撃部隊の設置はできません。マホーツカイじゃないんですから。日本人こそ戦国時代の古き良き伝統兵糧攻めを行うべきです。というか兵糧は送ってもいい。北と貿易して換金させ武装させるならずもの支援国家にキツイ制裁を加える準備ができたなら。北チョンはメシでも食ってクソして寝てろということです。金を渡せば大人しくなるんじゃね?のそこのあなた!シナ人の正義を信じるのですか?連中は反日教育を受け愛国無罪の姿勢があります。北が認められたら、我々モーにならない保証は全くありません。モラルハザードを招くことは社会の破滅を招きます。目先の金勘定しかできない奴は政治に口出しするべきではありません(2chの創設者とホリエモンの対談を本屋で見かけて唖然としました)。10億の乞食が現れたら日本は即死します。

>サイバー部隊による資金調達は全容不明だが、欧米から盗んだ金額だけでも年間10億ドル(2015年初頭レートでおよそ1180億円)に上ると台湾メディアは報じている。これら、資金獲得を絶たれている北朝鮮の新たな資金獲得手段として活用されている事が窺い知れる。なお、日本に対するサイバー攻撃を利用した資金搾取については、調査が無いため不明である。

日本は北のニンジャにコッソリ金を抜かれていないかシッカリ調査しなければなりません。その金が我々を攻撃する武器に正に化けているからです。少なくとも北朝鮮の核開発・ミサイル開発・サイバー部隊は現実です。何処からは知りませんが、金が流れていることは間違いありません。

>サイバー部隊脱北者の金興光などの証言で敵国(つまり日本や韓国)の世論操作部隊が存在する事を証言している。拓殖大学研究員の高永喆は02年12月韓国大統領選にて

>『情報・心理作戦を担当する前述の「204局」などによる巧みな情報操作があった。当時、米軍戦車による女子高生死亡事件が起こるや反米デモを煽って与党候補を落選させた。同時に親北左派の「盧武鉉が当選しなければ、北との戦争になる」との情報をネットに大量に書き込み、形勢不利だった盧武鉉を支持するように、若者たちの心に働きかけていた』と記述していおり、大統領選挙に影響を与える程の世論操作戦術を行っている事を指摘している。2013年には日本の公安調査庁がホームページで「サイバー戦争を日本列島まで広げろ」との北朝鮮指示が出ていた脱北者証言を掲載している[30]。この様にインターネットの書き込みを利用して北朝鮮に不利となる政治家の落選運動などに取り組んでおり、現実的な影響を受けた選挙が存在しているとの指摘がなされている。

北朝鮮よ!ムンとかいう「従北大統領」が意外と思うように動いていなくて困ってないか?m9(^Д^)プゲラ

日本は銃口を向けている相手をまず叩くべきでしょう。エルボーしてくるオオバカヤロウの対処はテキトーで良い。そして銃口を向けている相手を支援する元締めに対する警戒を緩めないこと。相手も馬鹿じゃありませんから、攻撃されないようできるだけ誤魔化してきます。潜伏しているスパイどもを使って。諜報員は他国ではエリートがなるものです。まともな対外諜報機関を持たない日本は遅れていることを認識しなければなりません。そこにつけこまれているでしょう。詐欺のエリートの詐欺を舐めるべきではないということです。それはもうフツーの日本人には考えられないような高等テクニックの詐欺が行われているであろうことは間違いないと思います。連中もそれが仕事ですから仕方がないんですが、日本政府は粛々と取り締まっていくべきです。そういうことを考えられないような政治家は政治家になるべきではないと思いますが、まぁ平和ボケ日本が直ぐに何でもスーパーできるようにはならないでしょう。少しづつでも勉強していくべきですね。

ヒント:安全保障を考えるなと言っている奴、安全保障を考える奴を理由をつけて執拗に殊更叩く奴、安全保障を考えることを止めさせようとしている奴、そいつがスパイであり悪党である可能性が高い。詐欺師は見た目の印象がいい人がなるものだということに注意する必要があります。逆に執拗に安全保障を考えろと言っている奴が愛国者であり日本人の味方である可能性が高い。人間ですから、欠点は多くあるかもしれませんが、あまりの「能天気さ」に危機感を感じているのでしょう。日本人がやることやればそういう人も少しは黙るんじゃないですかね?することがなくなる訳ですから。筆者は日本の味方であるところのエージェント(諜報員)の方々が多分流している情報を拾って使っているだけです。他意はありません(政治が好きでそういうことを考える一環で安全保障に関心が向いただけです。子供の頃から社会科ができてその流れで関心があるだけなんですね。そして日本人だから日本のいいふうに言っているだけです。少なくとも主張に何らおかしいところはありません。主張がおかしいのはスパイどもの方なんですね。考えることが好きな奇特な人は何処の国にも一定数はいるでしょう。筆者がそうでたまたま特に社会科の点数がとれたことでそのまま続けているに過ぎません)。

>政府攻撃用などの目的にバックドアと呼ばれるパソコン不正操作ソフトを官民問わず多数感染させており、2009年に11万台、2014年にはおよそ2万台以上のスマホにマルウェアを感染させている。これらから自由に遠隔操作できるパソコンや情報端末を日常的に増やそうとしているのが窺い知れる。NBCニュースは、世界中にウイルスを溢れさせようとしていたと報じている。

北朝鮮は世界の敵ですよ。破滅的なその政策で世界の足を引っ張ろうとしています。南チョンのムカツキ度も大概ですが、北チョンこそ真の敵です。こういうとマニュアルに従って、南チョンだから北に厳しいなどと抜かすスパイの方々・スパイ同然の方々が現れますが、全然違います。北チョンがせっせと犯罪でメシを食って、南チョンはそれほどでもないから、そのまま事実を言っているに過ぎません。こういう現実から目を逸らすのがスパイの仕事です。平和ボケ日本はそれを忘れたんですね。戦前が良い社会だったとも思いませんが、戦前はそういうことは多分分かっていたと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全てに感謝 | トップ | 文在寅大統領の国民に対する... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政策関連メモ」カテゴリの最新記事