観測にまつわる問題

「資源エネルギー」「国防軍(20日まで)」「警察(16日まで)」「中国」「消費(年明け)」及び「その他過去のテーマ」

愛媛インバウンド

2017-08-29 00:27:24 | 政策関連メモ
予告していた愛媛インバウンドですが、とりあえず常識的に考えて海外の集客を考えるなら道後温泉と松山城しかないなって感じですね。ミシュラン観光版で道後温泉が三ツ星、松山城が二ツ星ですね(Travel Guide Shikoku - The Michelin Green Guide)。四国では他に栗林公園が三ツ星、金刀比羅宮が二ツ星、足摺岬が二ツ星、アートハウスプロジェクト(直島)が二ツ星でプッシュされているようです。愛媛で他に取り上げられている地域は今治、内子、大洲、宇和島です。ミシュラン、城が好きですね。なお四国の(観光)情報はこちら(四国大陸)が検索で見つかって見栄えがいいなと思いました。運営事務所は公知にあるようです。

松山城 (伊予国)(ウィキペディア)

>現在は、城跡の主要部分が公園として整備され、大天守(現存12天守の1つ)を含む21棟の現存建造物が国の重要文化財に、城郭遺構が国の史跡に指定されている。そのほか、昭和初期の1933年に大天守を残して焼失した、連立式天守群の小天守以下5棟をはじめとする22棟(塀を含む)が木造で復元されている。

>幕末に再建された大天守ほか、日本で現存数の少ない望楼型二重櫓である野原櫓(騎馬櫓)や、深さ44メートルにおよぶ本丸の井戸などが保存されている。

アジア人が城が好きなら(大阪の記事で取り上げました)松山城はどうです?エレベーターで鉄筋の大阪城(失礼)よりよほど本物ですよ。壮大さでは劣りますが。平城よりは平山城の方が戦向きですしね。道後温泉も近いですからセットでいけます。ふもとには今治タオルや砥部焼きその他特産品を扱うショップ伊織があります(ホームページに今のところ英語・中国語・韓国語対応はありません)(道後温泉付近にも2店舗あるようです)。今治タオルは著名デザイナー(Creative Director/Art Director)佐藤可士和さんのブランド戦略でも知られます(参考:今治タオル 奇跡の復活 起死回生のブランド戦略 2014)。やれば海外戦略もあるいはと思わなくもありません。

道後温泉について(道後温泉物語 道後温泉旅館協同組合)

多言語過ぎますね(笑)。何処を目指している(笑)。商店街(道後ハイカラ通り)(英語対応)も近いですし周辺には観光名所が多いところです。

松山城-道後温泉間の移動は観光客なら坊ちゃん列車(伊予鉄)(英語・中国語・韓国語対応)もありますね。

その他観光地は松山市観光ウェブサイト(英語・韓国語・中国語対応)も参照。推奨されているのは(松山を楽しむ4つのポイント)、①名城・名湯の他に②俳句(※インバウンドの目玉としてはやや苦しいと思います。子規記念博物館も英語対応のみです)③コンパクトシティ(坊ちゃん列車の他にレンタサイクルも推奨されています)④瀬戸内松山です。>松山と広島・京都を周遊する「新ゴールデンルート」は、世界遺産や絶景の瀬戸内海、そして日本最古といわれる道後温泉など、魅力が溢れる旅のルートとして、様々なメディアに取り上げられています。特に、多島美が織りなす美しい瀬戸内海を象徴する「しまなみ海道」は、サイクリングや潮流体験を楽しめる観光スポットとして人気があり、松山市内から車で約1時間と、アクセスも良好です。瀬戸内海をテーマにした広域観光ルートは今、国内外から注目を集めています。・・・瀬戸内の海産物をプッシュして外国人が日本旅行に期待する食もあるいはアピールできるかもしれませんね。肉料理で言えば伊予牛(全農)。「インバウンドを考える(茨城鹿島・日光・大阪)」で取り上げた中国人に受けているらしいお好み焼きは松山焼き・三津浜焼き(何故かAsahiビールがプッシュしていますね)があります。松山は「寿司、天ぷら、お好み焼き、おにぎり、たこ焼き、流しそうめん、鍋、焼き鳥、焼き肉」どれもいけると思いますが、そうめんと言えば五色そうめんですね。(中国人)観光客が喜ぶなら流せばいいと思います(今現在の流しそうめんスポットとしてこんなページがあります:愛媛県の流しそうめんスポットまとめ!平家谷・観音水・権現山・薬師谷 おでかけいんふぉ.com)。言いたいことはターゲットの観光客の好みを調べて対応すれば満足度を上げられ観光客をもっと誘引できるのではないかということです。ラーメンなら海外で知名度のある一風堂が松山城近くの大街道付近にあります。しまなみ海道に関しては、本日は時間もありませんので、今度広島の記事を書く時に尾道とセットでやろうかと思います(南予はCルートで高知と一緒に)(今治除く東予は愛媛3区で補選とあわせていずれ近い内に)(松山以外の中予は今回はインバウンドということで勘弁してください)。体験観光もアピールされています(四国遍路は世界遺産を目指してますね(筆者は52番札所太山寺がある太山寺町の出身で小学校区には53番札所円明寺もあります。小学校だったか中学校だったか学校で遍路道の資料をもらって歩いたりした記憶があります。でも実際は結構バスで回っちゃったりするんですよね)。へんろ道文化を地道に守る活動をされている方々もいらっしゃるようです。「四国へんろ道文化」世界遺産化の会 | 愛媛県)。松山の絶品グルメは必ずしも(外国語対応してますが)インバウンド狙いではないかもしれませんね。松山ラーメンも美味しいですが、プロダクトアウトの発想に見えます。

もうひとつあえて挙げるなら可能性を感じるのは坂の上雲ミュージアムですね。ホームページは多言語対応していないようですが、パンフレットは英語・中国語・韓国語でつくっているようです。司馬遼太郎は日本の国民的作家ですから(筆者も子供の頃「坂の上の雲」「菜の花の沖」「項羽と劉邦」「街道をゆく」あたりを読みました。影響はあるでしょう)、司馬遼太郎記念館(英語対応)と連携するのもいいと思いますが、インバウンドの視点からは(司馬遼太郎は坂の上の雲も含め作品があまり翻訳されていないようです)、日露戦争資料館としての性格を強めたら面白いのではないかと思いますね(松山にはロシア人墓地も残ります)(筆者がロシアより的なところがあるのも(?)、出身に拠るかもしれません)。中国には旅順日露戦争陳列館(ウィキペディア)があるようです。>日露両将の写真や日露戦争の旅順の立体模型、当時の銃弾や砲弾などが展示されている。「旅順口区国防教育基地」ともされ、中国国民に対する愛国教育の場ともなっており、年間約100万人の中国人が訪れる。・・・日露戦争で中国の愛国教育の場となり100万人集めているとか筆者的には意味不明ですが、興味深いですね。日本がロシアを追い払ったのを認めてくれるんでしょうか?Category:軍事・戦争博物館に可能性があるのかないのか分かりませんが、日本には大規模なものはないようですね。大体が大学で軍事を教えませんし。坂の上の雲ミュージアムは狭いでしょうが、郊外で大規模施設を建ててもいいかもしれませんね。御殿場でチャレンジしているようですが(世界の軍事博物館 - NPO法人防衛技術博物館を創る会)。呉の大和ミュージアム・てつのくじら艦は広島の記事(大本営の件で日清戦争にも絡めるかもしれません)で触れますから、この辺で。

レトロ(ぼっちゃん列車など)のイメージをインバウンドにより繋げられないか考えたのですが、こんな記事もありますね(着物姿で湯の街散歩♪松山の道後温泉とアート散策【愛媛】 じゃらんニュース)。コスプレ(ウィキペディア)はわりと日本文化ですよね。カラオケも日本発祥と言いますが、なりきり文化は結構強いかもしれませんね。ものまねグランプリもテレビでやりますし。織田信長も敦盛(ウィキペディア)を舞うのを好んでいたとも言います。こんなの(【楽天市場】着物 コスプレの通販)もありますね。品格?ですが、好きな人も多いようで市場が成立しています。何が言いたいかと言うと、なりきりレトロで観光開発ができないかということですね。「レトロ 観光」の検索で具体的地名として第一に出てくるのは門司レトロ(英語・中国語・韓国語対応)みたいですが、今のところはそれほどインバウンドを獲得できていないようです。良く分かせんが見るだけでしたら舞台はあるのですから、なりきりの楽しみをプラスしてはどうですかね?

アクセスですが成田や関空との連携はそれはそれでいいと思うのですが、今年8月25日にソウル便就航が決定したみたいですね(松山-ソウル線 チェジュ航空就航について)(欧州だとソウル経由の方が安い?)。ただ、アシアナ航空は慰安婦問題とかで揉めたせいか(姉妹都市フライブルグの慰安婦像建設にストップをかけました)、運休になっていますよね。筆者も慰安婦像建設にストップをかけたことは良かったと思いますし、反省はしてないんですが(別に筆者がやった訳じゃありませんが)、せっかく就航したのだから、続くといいですね。ツートラックが何時まで続くか(笑)。あえて言及しておきますが、松山にある四国唯一の朝鮮学校は小中併せて在校生は20人ほどだそうです。筆者も高校卒業まで18年間朝鮮人を見たことも聞いたこともなかったですからね・・・。従来は上海便が出ていますが、親日度を考えると(インバウンド獲得を考えると)、香港・シンガポールも出来たらいいなと思わなくもないですね。台湾は松山空港(台北)との間でチャーター便が出ているようです。中国なら日露戦争との絡みで大連にワンチャンか?大連は結構親日みたいですし、人口も多い(600万とか)ですから、やってみれば可能性はあるかもしれませんね(大連市に決して反日デモが起こらない本当の理由 BLOGOS)。何ら軍事博物館に関して教えてもらうことも考えられるかも?

※追記:外国人が日本旅行で期待するのがショッピングならロープウェー街~大街道~銀天街~タカシマ屋のルートはまずまずかもしれませんね。大都市と比べるべくもないかもしれませんが。中でも東急ハンズは外国人が物珍しがるみたいです(忍術の道場に東急ハンズ!外国人が訪れる人気の「日本の名所10選」Spotlight)。松山にもタカシマ屋にありますね。東急ハンズもインバウンドは意識しているみたいです。東急ハンズ、春節に向けインバウンド来店促進・購買促進施策を実施 2016/02/05(マイナビニュース)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インフレはおこすし年金も破... | トップ | 敵基地攻撃能力の整備あるい... »

コメントを投稿

政策関連メモ」カテゴリの最新記事