観測にまつわる問題

遊びに行ってきます。それでは。

ワシントンから、パンダハガーが消えた

2016-10-29 14:19:39 | 注目情報
月刊will12月号のR.フィッシャー国際評価センター主任研究員と古森義久氏の対談に興味深い事実が書かれていました。

ワシントンから、パンダハガーが消えたということです。

中国に覇権という野望が無い(だから協調しよう)というのがパンダハガーで、長らくアメリカ政治を牛耳ってきたと思いますが、もう既にワシントンでは、パンダハガーは消えているそうです。ドラゴンスレイヤーはワシントンにおいて勝利しているのです。中国のアメリカを攻撃する意図がその武装に表れていることが明らかになってきているからです。

日本政府関係者はそれを知っている(安部政権の行動に表れている)と思いますが、日本国民はあまり知らないのかもしれません。アメリカ政治は日本にとって重要です。民主主義国ですから、国民も知っておいて良いと思います。

左派メディアが知っていても、これまでの言説から白状しないのか、本当に何も知らないのか、知りませんが、willのような保守派はジャンジャンこのような情報を流すべきだと思います。アメリカにも言いたいことはあるでしょうが、それはそれ、これはこれ。アメリカを知ることが重要です。

ヒラリーでもトランプでも、政策担当者がそうなのだから、結局はドラゴンスレイヤー的な行動をとると思いますが、トランプが同盟国への負担を真っ先に言うのは、問題がやはり良く分かっていないのだと思います。現地の同盟国との連携は極めて重要なはずです。(R.フィッシャー氏はトランプを評価していることは付け加えておきます。あくまで日本的な視点でいけば、アメリカによくいるジャパンバッシャーの類型に見えます)

もうひとつ、重要なことをR.フィシャー氏は言っています。(核戦力が圧倒的な)ロシアと(それほどでもない)中国(ウィキペディア 中国の大量破壊兵器 2016/10/29)がガッチリ組んでしまうと中国の暴走に歯止めがかけられない恐れがあるということです。安部政権のロシア接近や(以前記事にした)ヒラリー氏の見解はこれに基づく可能性があります。

だとしたら、ロシアを高く買っていいでしょう。そう思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国はコウモリかつダチョウ | トップ | 皆好きにしてくれて全然構わ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

注目情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事