観測にまつわる問題

「トランプ」は経済ネタですが、筆者の実力の問題で寝かせることにします。「地方議会」「レバノン」は火曜日にネタを探します。

だから人民軍が好きなんだ~北朝鮮人民軍の実態を考える~

2017-08-13 11:44:18 | 政策関連メモ
「だから人民軍が好きなんだ」元帥ドノの記憶に残る言葉ですが、本日は朝鮮人民軍の検証から記事をスタートさせます。(金正恩、ひと月3人ペースで処刑 「パラノイア」「ヒトラー」傾倒の指摘も(週刊新潮 2017年5月4・11日ゴールデンウイーク特大号掲載 >トップの座についてから昨年末までの5年間で、彼が処刑した次官以上の人数は140名に上るという。1年30人とすれば、ひと月3人。>「独裁者は力を誇示するために大規模なものを好む。正恩も例外でなく、ウォーターパークやイルカショー施設、スキー場を各地に相次いで作った。しかしそのような大規模な開発があると住民は迷惑します。ウォーターパークに電気を回すため、周辺でこれまで1日4時間使用できた電気が1時間に減ってしまった」>金正恩は、自分が出した計画が遂行されているか、自らの目でチェックする習慣があるという。>13年、正恩は南北国境に近い長在島を視察した。そこにいた軍人の首は細く、寄宿舎も粗末なまま。それを見て“これで南を解放できるのか!”と激怒し、改善を指示したという。>「軍は党や政府に働きかけて立派な寄宿舎を建てました。そして、育ちの良い屈強な兵士をわざわざ集めて視察を要請した。それを見た正恩は“だから人民軍が好きなんだ”と喜んだ」>殺されるのを恐れ、意見を何も言わない。机の上には『党がさせることだけをしろ』という心得が貼ってあるそうです。一方で、陰では正恩のことを『元帥』と呼ばず、『アイツ』とか『あの若造』と呼んでいる。見つかって咎められれば“いやいや、あの課長のことですよ”と誤魔化しています。海外にいる幹部などは、仕事を終えるとネットカフェに駆けこむそうです。で、私の名前などを検索し、先に逃げた人がどのような暮らしをしているのか調べている。ある脱北者は私の朝鮮日報のコラムまで読んでいたくらいで驚きました・・・元帥ドノの判断力に対する疑問は少なくとも国際社会では皆持っていると思います。北朝鮮に核を持たせよう!な~んて世論を醸成するのは在日や中露がどれだけプロパガンダしても不可能だと思いますね。好きだと言っておきながら(好きなんでしょうが)執拗に監視・チェックし、気に入らなければ頃してしまう。重度のストーカー気質というか犯罪性人格ですね。暴走を防ぐ仕組みがないから、もうどうしようもありません。まぁ親衛隊ぐらいは甘やかしているのかな?どうなんでしょうね。頃されないのが不思議なくらいですが、スターリン(ウィキペディア)も身近な部下に対する配慮はあったようですし、コンプレックスが強く猜疑心が強い独裁者も外国に攻められさせしなければ、案外天寿を全うできるのかもしれません。てか、秘密警察が強いんでしょうね。独裁者に忠誠を誓って手を汚すことそのものが仕事ですから、恨みを買っているでしょうし、よほどヘマをしなければ裏切ることもないんでしょう。開明的な指導者になったら失職しかねませんし、似たようなのに首を挿げ替えるならそのままでいい。しかし、北朝鮮のこの手の組織は朝鮮民主主義人民共和国国家保衛省(ウィキペディア)ですが、情報を見る限りではそんなに権力が強いとか厚遇されているようにも見えません。意外と脆いのかな?北朝鮮の支配構造というのも謎です。連携が秘密警察によって十分とれないので、ソ連8月クーデターよろしく蜂起した人間が討たれてしまうためクーデターができないのかもしれませんね。つまり明智光秀が現れない状態なのでしょう(筆者は信長の物語好きですけどね)。そう考えると、正恩を真っ先にブッ殺した有力者を次期指導者と認めるという情報をコッソリ流せば、多少はクーデターの可能性があがるのかもしれませんね。勿論やってはいるんでしょうが)さて前置きが長くなりましたが・・・

朝鮮人民軍(ウィキペディア)

>兵員数は世界有数の規模だが、軍事専門家から『動く軍事博物館』と揶揄されるほどの旧式装備が大半を占める。石油は主に中国からの輸入に頼っているが、外貨不足や中国に対北朝鮮制裁を迫る米国の圧力による燃料不足のため、訓練も十分ではない。複数の軍事専門家からは、特に制空権・制海権の獲得は絶望的と指摘されている。このため、核・生物・化学の大量破壊兵器とその運搬手段である弾道ミサイル、合計20万人にも達する特殊部隊、軍事境界線の北朝鮮側から韓国北部を狙える長距離砲などで、韓国軍の後方や日本本土、在韓・在日米軍基地などを直接攻撃できる態勢をとり、空軍力などでの不利を補う戦略をとっている。

中国は石油を止めればいいんですけどね・・・。石炭は輸出してもいいですから。北朝鮮で石炭は産出しますし(朝鮮民主主義人民共和国の鉱業(ウィキペディア))。ただ、石炭を石油に変える技術も最近は開発されてきているようですね。北朝鮮が独自にそうした技術を開発できるとも思わないんですが、中露のアシストを削っていかないと実質的な制裁にならないと思います。戦車も動かない国にしたのはどう見ても正恩路線ですから、クーデターも起こりやすくなるでしょう。報復攻撃をしようにも戦車は動きません。大体が軍事博物館状態は周知の事実です。最強米軍とイラクは一方的な展開になりました。北からの攻撃も有り得ますし、北チョンがレッドラインを越える可能性は限りなく低いと思われます(レッドラインは公表されないこちらの心証で決めるべきです)。中露は何とか北朝鮮が特攻しないかって考えてるんじゃないですかね?それをカモフラするために対話ヲーって言っているのでは?違うと言うならエネルギーを断っていくべきですよね。北鮮は自分とこの石炭で暮らせばいい訳で、使いもしないオンボロ戦車が動かなくなっても元帥ドノ以外誰も困りません。よ~分かりませんが、ロケット燃料の非対称ジメチルヒドラジン(ウィキペディア)とかオンボロ装備がついに動かなくなるように物資を断っていくことが効果的だと思います。なんぼ鉱物資源があると言っても全てを自給自足できんやろ・・・。誰が運びこんどんねん💢諸外国に支持されない先軍政治は続かないというメッセージを送っていくべきでしょう。

>朝鮮人民軍は、通常兵器の質では仮想敵である周辺諸国にかなわないため、上記のような大量破壊兵器と弾道ミサイルに加えて、サイバー戦争に力を入れている。北朝鮮の6000億円の年間軍事予算(公表された数字では年間3000億円前後)のうち4000億円近くを核・ミサイルおよびクラッキング技術の研究開発に費やしている。

先軍政治北鮮の主要産業三本柱核・ミサイル・サイバーテロです。ミサイルは絶賛輸出中。サイバーテロもマネタイズしているようです。北朝鮮サイバー軍(ウィキペディア)>米軍のジェームズ·サーマン大将は、「特殊作戦」と呼ばれる6万人規模の集団の一部としてサイバー部隊が存在しており、EMPとよばれる電磁パルス攻撃による通信機器の破壊や送電網の破壊準備を進めていると警告している。・・・日本もやってはいると思います。ただ、問題は北朝鮮が湯水のようにお金を使っていることです。軍拡競争についていっているかいないかそれが問題です。北朝鮮との通信遮断(中国経由含む)・総連など出先機関の摘発も視野に入れるべきでしょう。>北朝鮮はサイバー部隊を使用して資金調達している事が明らかになっている。韓国検察が2013年10月22日に訴追した罪状によれば、北朝鮮によって制作されたゲームソフトを、買収した韓国人によって販売しており北朝鮮の資金源となっていた。またこの際にはウイルスも混入させており、これによって感染したパソコンを使用して遠隔操作させ政府などの攻撃の際に利用されていたとしている。北朝鮮は多くのゲームソフトを流通させているとして韓国検察は警告を発している。・・・主に同言語の韓国がシマになっているんでしょうが、在日も要警戒ですね。北鮮のシノギを潰していくことが兵糧攻めに繋がります。ネットゲームの時代ですから、日本にも在日がつくった北鮮製ゲームが紛れ込んでいないかチェックが必要なはずです。連中も莫大な金を投じた部隊を食わせる必要があって見込みがあるから合理的に力を入れていると考えるべきでしょう。韓国でやったモデルは日本でもやると考えるべきでしょうね。やはりキャツらに対する関心は必要でしょう。本気で鎖国してくれれば別に無関心でいいんですけどね。>サイバー部隊による資金調達は全容不明だが、欧米から盗んだ金額だけでも年間10億ドル(2015年初頭レートでおよそ1180億円)に上ると台湾メディアは報じている。これら、資金獲得を絶たれている北朝鮮の新たな資金獲得手段として活用されている事が窺い知れる。なお、日本に対するサイバー攻撃を利用した資金搾取については、調査が無いため不明である。・・・欧米や韓国から金を盗みまくっている北チョンが日本から金を盗まないなんてことが有り得るでしょうか?日本語も朝鮮語もできるスパイをたくさん(一部日本のお金で)養成しているにも関わらず。日本でもクラッキングは勉強できるはずですし、そもそも朝鮮語ができるなら本国からノウハウを持ってくることもできますからね・・・。日本が金を盗まれることを恥と考え調査していないのだとしたら、考えを改めて欲しいと思います。日本は情報ドロボーされているにも関わらずシッカリした対策していないのではないかという疑いもあるようです。日本から重要技術を盗む「7つの方法」が、実行されている(ダークネス 2013-02-21)韓国にはなるんですが、あいつら絶対日本の技術盗みに来てるやろってみんな思っていますからね。対策してなかったら馬鹿ですよ。北鮮もやることは同じなんでしょう。少なくとも欧米・韓国はターゲットになっている訳で、一番無防備が狙われない訳ないですね。諸国民の正義を信じているようでは国際社会は渡っていけないということでしょう。>2013年には日本の公安調査庁がホームページで「サイバー戦争を日本列島まで広げろ」との北朝鮮指示が出ていた脱北者証言を掲載している。この様にインターネットの書き込みを利用して北朝鮮に不利となる政治家の落選運動などに取り組んでおり、現実的な影響を受けた選挙が存在しているとの指摘がなされている。・・・北朝鮮に不利になる政治家の親玉が安倍ちゃんじゃないですか?安倍ガー安倍ガーと声を張り上げ必死で落選運動している方々がいますよね?ますます安倍首相を応援したくなりますね?ミンチン及びサヨク・マスコミには知ってか知らいでか安倍政権による~などと必死に何でもアリの落選運動している方々もいますよね。>政府攻撃用などの目的にバックドアと呼ばれるパソコン不正操作ソフトを官民問わず多数感染させており、2009年に11万台、2014年にはおよそ2万台以上のスマホにマルウェアを感染させている。これらから自由に遠隔操作できるパソコンや情報端末を日常的に増やそうとしているのが窺い知れる。NBCニュースは、世界中にウイルスを溢れさせようとしていたと報じている。北朝鮮がサイバー生物兵器による攻撃を止めないなら、同じことをされても文句は言えませんね?北鮮自慢のサイバー軍がある日突然使い物にならなくなっても一切弁償しないのでそこんとこ宜しく。日米韓はそういう研究にお金をかけてもいいですよね。世界のインターネット環境を守るために極悪人をブッ潰す勧善懲悪の物語になります。)そういう訳で核モーになる可能性は高いですね。スポンサーは中露あるいは産油国が考えられますし(動機はそれぞれでしょう)、北朝鮮は大丈夫と思って例えばアフリカの独裁国に流れそこから流出する可能性もあります。

>現段階では弾道ミサイルへの核弾頭搭載については見解が分かれているが、これは北朝鮮自身の核実験の実績から推測しているものにすぎない。実際、パキスタンのアブドゥル・カディール・カーンも関与していた核の闇市場を通じてパキスタンあるいは中国製の1960年代に設計された弾道ミサイルに搭載可能なウラン爆縮型原子爆弾の設計図が北朝鮮に流入している事は考慮されておらず、正確性を欠く恐れがある。なお、核実験だけの実績から考えると、最大評価は米シンクタンク、科学国際安全保障研究所(ISIS)の研究者らによってノドンにおける核弾頭化は可能というもので、最小評価は「ファットマン規模の大きさの10キロトン程度の原子爆弾を保有」との評価である。

安全保障に関してはリスクを考えると厳しめに見る必要があって、最悪日本に核ミサイルは降ってくると考えるべきです。技術の流入があればアメリカに飛ぶ可能性もありますね。中露とかが教えちゃえばいい訳ですから。これに対する抑止力は米核戦力を含む更地攻撃しかありません。在チョンなどいざとなれば確実に見捨てられるでしょう。

>当時の北朝鮮の体制内では、ソ連から帰国したソ連派、中華民国(同国内の中国共産党指揮下の中国人民解放軍)から帰国した延安派と呼ばれる幹部が大きな役割を担っていた。創建直後の人民軍でもそれは変わらず、軍事的な経験や知識を持った彼ら帰国者たちは軍団長や師団長などの高級幹部の地位を占めて、人民軍を質的に補完した。これは、幹部に日本軍出身者が多かった創建直後の韓国軍とは対照的といえる。

コネクションの観点からは中露がやはり鍵なんですよね。奴らのサボタージュと唆しをどうするかでしょう。ハヨ働けやカスどもがですが、連中もそうそうこちらの都合の良いよう動かないですからね。出してくる要求には到底呑めないものが多いですし(特に中国)タフな交渉が続くことになるでしょう。筆者も及ばずながら考えていきます。まぁ結構中露派も排除されているようですが(だから表向き庇われていない)、瀋陽軍区の連中とか何を考えているか分かりませんし、ロシアはちょいちょい北鮮に乗り込んでいって何か密談してますよね。

>第三に、「全軍の現代化」と称して、現代の戦略兵器である弾道ミサイルおよび核兵器の開発を行う。日本や韓国においては、平時から特殊部隊にアジトや資金の提供を行う協力者ネットワークである「土台人」「主体思想派」を確保し、特殊部隊による工作船運用やクラッキング等の諜報戦に、限りある資源の投資を集中している。

こういうモノホンのスパイをサーチしてブッ潰していくことが重要でしょう。公安の皆さん方も連中がいなくなったら仕事が無くなると思うかもしれませんが、特亜産業スパイもワラワラいらっしゃるみたいですし、ジャンジャン摘発していきましょう。泳がしても大してメリットないっつーか、日本存亡の危機ですからね。連中の心をヘシ折っていかなければなりません。

>朝鮮人民軍の通常戦装備は、全軍事予算の1/4しか投入されていない。朝鮮人民軍の装備は自国製、ソ連製、中国製が多く、全軍とも1950〜60年代に開発された旧式な装備が大半を占めている。MiG-29等、比較的新しい兵器も一部配備されているものの、ごく少数に留まっている。

>一般兵士の使う自動小銃(AK-47、AKM)は、老朽化が進んでいる。また、軍服や軍帽の品質も悪く、一部の部隊だけが西側諸国のPASGTに酷似した軍装を着用している。朝鮮人民軍において、迷彩服とボディアーマーは、ごく一部の選ばれた精鋭部隊にのみ与えられるエリートの証である。特に、歩兵にとって重要な武器である自動小銃の新調は近い将来行わざるを得ず、北朝鮮国内では、ロシアのイジェフスク機械製作工場からライセンス生産の許可を受けていないAK-74の密造が行われている。AK-74の密造にあわせて、対応する高倍率の照準器とGP-25グレネードランチャーも密造している。サイドアームとしては、製造元の許可を受けずにCz75、トカレフ、マカロフ、FN ブローニング・ハイパワーの密造が行われている。

>状況証拠からみて、朝鮮人民軍が2010年に初公開した新型の地対空ミサイルに関して、中国からの技術流出が疑われる。

北朝鮮軍なぞゲロ弱でしょうね。数が多いだけで地上最弱レベルだと考えられます。いざ戦争になったらバタバタ倒れて直ぐに壊走が始まるでしょう。朝鮮戦争の時代は大差なかったかもしれませんが(寧ろ北チョンの方が強かったかもしれませんが)、装備レベルが違い過ぎてワンサイドゲームは確実でしょう。航空優位がとれる可能性もゼロパーセントですから、面白いように爆撃されて、一瞬で片がつきます。問題はミサイル+大量破壊兵器によるダメージとサイバーテロ・土台人によるテロだけですね。それが問題なんですが。軍そのものは驚くほど弱いと思いますよ。

中国相手はともかくロシアの修理しないゾの脅しも対して効かないでしょうね。そもそもロシア製の武器を大して持っていないでしょう。持っていてもそれには全く期待していないから、ロシアの言うことはどうでもいい。金になっていないからロシアも持て余していると考えられます。ですから、ロシアも我々の話を聞く可能性もあるように見えなくもない。大体AK-74を密造されてロシアは怒っていないんですかね?ロシアも舐められたもんですよね。

中国がやっぱ一番の後ろ盾なんでしょうね。中央(キンペー)がやっているか瀋陽軍区(江派?)がやっているかそれが問題ですが、前者ならキンペーを棍棒で殴りまくって追い落とす、後者ならキンペーを支援して瀋陽軍区をブッ潰すということになるんでしょうが、如何せん中国のことは良く分からない。喋らないならとりあえずキンペーを煽ってみるかってところでしょう。奴らにミサイル技術輸出とかフザけんなよ~。犯人は氏刑だな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の首都だった広島/原子... | トップ | グアムに注目 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (めろん)
2017-08-14 08:49:05
ふと思ったんですけど。
https://jp.sputniknews.com/us/201708133984161/
中国は腐敗撲滅でテロリストへの資金流出を防いでるようですが北朝鮮をどうこうするつもりはなさそうで、もしこれでアメリカの抑止力が下がったとしたらロシアにバトンタッチされるかとちょっと思いました。
ミサイル開発が進むにつれ核保有にかなり懸念を示してますし。考えすぎですかね。

コメントを投稿

政策関連メモ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。