観測にまつわる問題

「出生率」「健康」次「トランプ」「憲法改正」仕込み中「保守」「諜報」「WTO」「報道」「自民党」「イスラムテロ」「米」

健康についてとりあえず

2017-05-14 14:05:04 | 日記
我等が愛媛の代表的政治家塩崎恭久厚労相なのかなと思います(安倍首相のお友達と言われています)が、まぁリベラルとされてますから、リベラルなんだろうと思います(さすがに良くは知りません)。筆者は普通に支持してますけどね(保守だからないってことにはなりません)。村上誠一郎氏なんかはリベラル言い過ぎじゃないって違和感はありますが。

ちょっと前に菅官房長官に分煙を言われたというニュースを見たので、調べてみた(「たばこはそんなに悪いのか」(WAC))のですが、喫煙擁護本を読めば問題ないようにも見えなくもないですが、健康本(「長生きできる人とできない人」アスカ)を読めば、普通に問題あるようにも見えます。まだハッキリつきつめていませんが、多分、問題あるんだろうと思います(とりあえず先送りします)。

日本は高額医療費(ウィキペディア)の制度があるでしょう(額が適切不適切を議論する気はとりあえずありません)。寿命の延びと医学の進歩は大いに関係がありそうです。ハッキリ断言するほど自信がある訳でもありません(付け焼刃です)が、生活習慣は悪化して生活習慣病は増えていますが、医学の進歩で寿命が延びているという構図なのかなという気がします(近藤誠氏のがんもどき説は相当流行って筆者も釣られましたが、ガン治療で治るようになっているのは明らかかと)。だとすると、あんまり良くは無い情勢ですよね。

筆者も生活習慣病(病気にならない生活習慣)について考察しようと思いますが、やり始めたばかりなので、おいおいになります。ご了承を。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の歴史>韓国の歴史 | トップ | 「北朝鮮の目・耳」の信頼性w »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む