観測にまつわる問題

「女性活躍」「文民統制」「日本」「高知」「資源エネルギー」「中国」「貿易」「消費(年明け)」及び「その他過去のテーマ」

経済にいいこと悪いこと(エネルギー問題)

2012-11-21 00:46:40 | 日記
原発ゼロと衆院選 現実見ぬ選択では国滅ぶ(MSN産経ニュース 2012.11.20 03:24)

>原発に代わる太陽光などの再生可能エネルギーを整備する道筋は描けていない。政府試算では再生エネ投資で50兆円、省エネ投資は100兆円が必要となる。発電コストが高い再生エネの普及によって、電力料金も現在の2倍以上にはね上がる。ぎ

再生エネルギーで代替しようとすれば、日本経済は間違いなく沈没するだろう。大体が補助金漬けの再生可能エネルギーで経済が良くなるはずもない(リスク分散の観点などから、不要とまでは言わないが)。化石燃料はランニングコストが高いわけで、ランニングコストが安い原発を再稼動させないことは、明らかに経済に悪いわけだが(不況不況と言いながら、日本は経済にいいことを真剣にやってない)、化石燃料は新技術(シェールガス)の開発でしばらく余裕はあるものの、有限である以上何時枯渇するか分らない(オイルショックの時から随分使い込んだはずだが)わけで、リスク分散の観点からも原発は必要だろう。

次の衆院選は経済的には財政を破綻させないところがいいと思う。どう考えても少子高齢化問題(税金を納める人口が減り、保障が必要な人口が増える)の圧倒的重要性(毎年1兆円も支出が増えていくのに税金を納める人がどんどん減る)をどうにかするのが政治の仕事だと思う。そこがダメなら、何をやってもカバーできない程の巨大な損失になるに違いない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国が先に手を出した時にき... | トップ | 現状を変更しようとする中国 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事