観測にまつわる問題

経済もボチボチやります。

児島惟謙という物語

2017-06-28 14:32:21 | 日記
韓国は何故日本に対して法律を守れないのか(反日無罪なのか)ということを考えていたのですが、日本人だと児島惟謙(愛媛宇和島の生まれ)という物語があって(ある程度知識があったら皆知っていると思います)、世論や政治の言う通りに結論を出すのが法の支配でない(法律の条文に沿って結論を出すのが法の支配)という共通理解が国民の間にあると思うんです。

児島惟謙(ウィキペディア)

1891年、大津事件(ウィキペディア)で、ロシア帝国皇太子ニコライ(後のニコライ二世)が切りつけられた訳ですが(テロだと思います)、当時の大国ロシアに武力報復されると恐露病・・・

>小国であった日本が大国ロシアの皇太子を負傷させたとして、「事件の報復にロシアが日本に攻めてくる」、と日本国中に大激震が走り、さながら「恐露病」の様相を呈した。学校は謹慎の意を表して休校となり、神社や寺院や教会では、皇太子平癒の祈祷が行われた。ニコライの元に届けられた見舞い電報は1万通を超え、山形県最上郡金山村(現金山町)では「津田」姓及び「三蔵」の命名を禁じる条例を決議した。5月20日には、天皇の謝罪もむなしく皇太子が日本を立ち去ったことを知り、死を以って詫びるとし京都府庁の前で剃刀で喉を突いて自殺し、後に「房州の烈女」と呼ばれた畠山勇子のような女性も出現した。

・・・に陥った日本は、何とか下手人を死刑にして許しを請おうと大逆罪を適用し死刑にしようと政治が圧力をかけるようなこともあったようです。ですが、大逆罪には外国の皇族に関する規定は無く、司法としては死刑に出来ないと筋を通したのが児島惟謙です。この態度は当時の欧米列強に評価されたようです。約13年後の日露戦争時のロシア皇帝はニコライ二世ですが、日露戦争は日本から奇襲開戦したものであり(成功体験が後の「失敗」を生むという皮肉があります)、直接は日露戦争の原因になっていません。

韓国には恐らくですが、こういう物語がないのでしょう。ですから、国民の間に解釈はあっても条文通りにやらなくてはならないということが分からず、国民情緒法になってしまう。韓国の課題だと思います。

文化財の不法な輸入、輸出及び所有権移転を禁止し及び防止する手段に関する条約(ウィキペディア)という条約もあって、韓国は締約国(1983年)です。対馬の仏像が不法に略奪されたことは証明できないはずです(証明責任(ウィキペディア)は韓国にあります)。ですから、韓国は日本に仏像を返還しなければなりません。これは義務でしょう。韓国の仏像の盗難は証明でき、日本の仏像の「略奪」は証明できない(筆者は合法的に渡ったと思います)、これが全てです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岸田外相は大変だけど・・・... | トップ | 安倍政権を続けたい »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事