観測にまつわる問題

「財政」「教育」「流通」仕込中「保守」「諜報」「自民党」「イスラムテロ」「米」「少子化」「中国」「憲法改正」

北朝鮮に鏡はあるのか

2017-07-15 12:53:39 | 日記
今週の週刊文春7月20日号飯島勲氏の激辛インテリジェンスを読んだのですが、「北朝鮮はむしろ制裁解除だろ」などと書いており、ハア?何を言ってるんだ?今は制裁強化でしょと思ったのですが、内容は北朝鮮拉致特別調査委員会の報告書を受け取れという内容で、一見事態を動かすために受けとってもいいのでは?という内容になっています。飯島勲氏は北朝鮮外交に深く関わってきた人ですから、良くも悪くもその北朝鮮に関する言動は注目せざるを得ません。

しかしですね。拉致問題特別調査委員会は北朝鮮が勝手に解体しています。

北朝鮮、拉致問題の特別調査委員会解体を発表 重大局面も日本政府「織り込み済み」(産経ニュース 2016.2.13 00:35)

ですから、報告書を受け取るもクソもねーなという感じです。受け取って北朝鮮にお願いして制裁を解除して特別調査委員会を立ち上げてもらうのでしょうか?新しい情報も無いのに(飯島氏が聞いたと言っています)。受け取って欲しいなら、北朝鮮がまず勝手に解体した拉致問題特別調査委員会を立ち上げろよw

>談話は「安倍政権が既に解除した制裁措置を復活させ、追加制裁まで講じたことは(安倍政権)自らがストックホルム合意の破棄を公言したこととなる」と主張。「今日の重大な悪結果を生み出した責任は、全面的に安倍政権が負うべきである」と強弁した。

ストックホルム合意(外務省)

日本は制裁を解除するといって解除し(←北朝鮮も認めている)また制裁しただけですね。何らストックホルム合意に反していません。一転の曇りも無く、日本に落ち度はありませんけど。正確には独自制裁の一部制裁解除方針みたいですが、北朝鮮の行動に対応し最終的に解除すると書いていますから、北朝鮮がストックホルム合意に沿って行動しなければ(日本がそう認めなければ)、最終的な独自制裁の解除も無いということになります(それでも安保理決議に基づく制裁は解除されません)。

日朝平壌宣言が重要でしょう(飯島氏が動いて流れをつくったようです)。

日朝平壌宣言(首相官邸)

>4.双方は、北東アジア地域の平和と安定を維持、強化するため、互いに協力していくことを確認した。

>双方は、この地域の関係各国の間に、相互の信頼に基づく協力関係が構築されることの重要性を確認するとともに、この地域の関係国間の関係が正常化されるにつれ、地域の信頼醸成を図るための枠組みを整備していくことが重要であるとの認識を一にした。

>双方は、朝鮮半島の核問題の包括的な解決のため、関連するすべての国際的合意を遵守することを確認した。また、双方は、核問題及びミサイル問題を含む安全保障上の諸問題に関し、関係諸国間の対話を促進し、問題解決を図ることの必要性を確認した。

>朝鮮民主主義人民共和国側は、この宣言の精神に従い、ミサイル発射のモラトリアムを2003年以降も更に延長していく意向を表明した。

有名無実化しているようですが、核問題の包括的な解決のため全ての国際的合意を遵守するとあります。加えて核だけでなくミサイル問題を含む安全所掌上の問題に関し、関係諸国間の対話を促進し、問題解決を図るとあります。ミサイル発射のモラトリアムの継続はどうなりました?北朝鮮はミサイルを乱射しカクノホウケン(キリッ)などと言っている自分をまず見つめ直しましょう。どう見ても平壌宣言を守っていないのは北朝鮮です。植民地支配をおわびしたと言っても、表明はちゃんとした訳で(書かれています)、北朝鮮が植民地支配の印籠を出すたびにハハアで頭を下げるなんて約束していません。韓国もそうですが、何処か謝罪について勘違いしているところがあると思います。謝罪は申し訳ないと表明して認識しておけばいいのであって(そうしています)、被害者側と加害者側に序列をつくるものではありません。ともかく北朝鮮が核・ミサイル開発をするのであれば、国交正常化は有り得ません(その後の資金協力もありません)。正常化を書いている平壌宣言から外れますからね。

筆者は北朝鮮の寝返り工作がありえていいという立場ですが、核開発は止める必要があるしミサイル(特にICBM)開発は止める必要があるでしょう。アメリカに対する抑止力は北朝鮮に必要ありません。韓国(ソウル)を人質にすれば、韓国がブルーチームである限り北朝鮮の安全は事実上保障されるからです(レッドーチームに逝っても半島なんざメンドくさいだけですから誰も攻めません)。日本に対しても核抜きのミサイルで十分安全は保証されるでしょう。アメリカに対する抑止力を持たせると北朝鮮に対する最終的な抑止力がなくなってしまうので、それはやらせないということです。北朝鮮にとって不公平に思えるかもしれませんが、様々な合意に理由をつけて先軍政治に邁進し核・ミサイル開発を行い、各種攻撃(北朝鮮国内での訓練は攻撃ではありません、潜水艦を沈めたり延平島を砲撃したりしたことを言っています。訓練が満足に行えていないのだとしたら経済力をつけなければなりません。ブルーチームの訓練を挑発と勘違いするべきではありません)を行ってきたでしょう。その辺が分かるかどうかだと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新手のサイバー攻撃(嫌がらせ) | トップ | できない理由を考えているう... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む