観測にまつわる問題

今後、強化したいのは、先進国病への対処についてです。

憲法改正に関して公明党と取引を

2016-10-18 03:55:45 | 政策関連メモ
憲法改正ですが、自民党の憲法草案ではなく、現行憲法をベースにするのも一案です。その方が公明党も乗りやすいし、入り口での反対が減り、改正に賛成が集めやすくなります。

ただし、公明党は加憲を捨てて欲しいと思います。法律に不備があれば改正するのが当たり前。加えるだけなんて、全くおかしいと思います。

前文も変えた方がいいでしょう。日本国憲法はバイデンアメリカ副大統領も認めるように、押し付け憲法であることは明らかです。日本人のための日本人による憲法が必要です。そのために、自民でも公明でも維新でも憲法改正をまともに議論する気のある勢力は、結集する必要があります

9条2項も変えるべきです。自衛隊は広く国民の支持を得ています。抑止のための戦力に国民は反対しないでしょう。ポジティブリストの「軍隊」なんてちゃんちゃらおかしいです。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本大使館前の慰安婦像の撤... | トップ | 最近の韓国「差別」報道の狙い »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む