観測にまつわる問題

ボチボチ書きます。多分土曜日にはそれなりに進むでしょう。

日本の歴史>韓国の歴史

2017-05-14 10:16:33 | 日記
厳選韓国情報で、日韓併合条約の記事が出ていました。その通りだと思いますよ、当時は帝国主義の時代だったし、日韓併合条約は当時としては合法、古い時代の価値観の法律は無効なんてことにはできないから、日韓併合(ウィキペディアは韓国併合になっていますが(グーグルは賢いので、日韓併合で検索すると、韓国併合(ウィキペディア)が出てきます)、筆者に今のところどっちがいいかの知見はありません。メンドクサイのでとりあえずその辺はカット)は合法ということになります。日本人が経済成長させてやったと自ら言えば、恩着せがましいから止めた方がいいのではないかとは思います。その辺は文脈によりますが。日本が遅れてきた帝国主義国も事実でしょう。スペイン・イギリス・フランスのように早くはありませんでした。アメリカが言い出した門戸開放に乗れなかったのも事実。これまでの投資がパーになる💢(本音)とでも思ったのかもしれません。軍隊ですし悪いこともしたでしょうが、中国や韓国が宣伝するような悪の軍隊だったということは有り得ない。

韓国は日本と歴史論争しない方が身のためだと思いますがね(悪いこと言わないですから、試さない方がいいです)。

日本人はそんなには資料に基づく歴史なんてものに興味は無いでしょう(何処の国民もそうだと思いますが、きっとお話の方が好きなはずです)。韓国や中国みたいな国が歴史論争を仕掛けるから、止むを得ずに決まってるでしょうに。戦争で口を塞ぐことはできませんし、経済規模がそれなりにある隣国と国交を閉じる訳にもいかず(仮に閉じたとしても日本と付き合いのある国にイガンチルはできます)、歴史を言ったから経済制裁という訳にもいきません(疚しいと思われるだけでしょう)(幾ら怒っても過剰防衛は悪いとされます。まぁ逆効果ですよね)。現実的には歴史論争で木っ端微塵にするのが、一番日本が楽になると思いますがね。

不思議なのは、どう見ても負けているのに負けが分からないということです。事実が認められないDNAなんてものはないと思います(見つかったらノーベル賞ものでしょう)。だから文化的要因に違いないはずです。論争したら負けは大体分かるはずで、論争が足りないのかと思わなくもないですが、それをやると「情がないニカ」で済まされるような気もします。如何なる場合でも日本に対しては負けが認められない文化でもあるのでしょうか?サッカーとか見てもそんな感じですよね。

あるいは負けを認めると日本に吸収されてしまうとでも思っているんでしょうかね?日韓併合で韓国を本土と同じように扱うようにした訳ですから、その是非はともかく、韓国がそう思う根拠が無いでもありません。現代日本はそんなことを考えていませんが(「ネット民」は「要らない」と言ってますよね?「ネトウヨは一部」で自分を納得させると身のためにならないと思いますが)。

筆者は韓国の記事をよくあげますが、メンドクサイ反日国を何とかしようと思っているに過ぎません(過剰防衛は手法として適切ではないと思います)。多くの国民と同様でしょう。どうしたって絡んできますし、そう簡単に滅ぼす訳にもいかない訳ですから(難民が来たって撃てませんよ。さすがにね)。まぁ納得いかない方もお付き合いいただければ幸いです。とりあえず歴史で苛めることなど考えていますが、何時何処までやるかは言えません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 征伐・支那考察 | トップ | 健康についてとりあえず »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事