観測にまつわる問題

次「パリ協定」「サイバー防衛」「ロシア」次「保守」仕込中「出生率」「諜報」「WTO」「報道」「健康」「自民党」

偽者がお嫌いですか?

2017-05-14 00:51:41 | 日記
文在寅氏がどういう人か調べていたのですが(といってもウィキペディアw)、面白いのがどうも偽者を嫌っているらしいことです。

>12月9日に朴槿恵が国会に弾劾訴追された後、12月22日の野党候補らによる討論会では「弾劾以降の課題」について、「親日と独裁が受け継がれ、常に韓国社会の主流に成りすましてきた偽保守の時代をもう終わらせなければならない」とし、各分野における「積弊の清算」を強調、「公正社会の出発は検察改革などを通じて権力機関を正常化すること」「財閥改革、行政改革、入試改革など、不公正な構造と慣行を正さなければならない」「特に兵役逃れ、不動産投機、偽装転入、脱税、論文剽窃など5大不正の関連者は高位公職から排除すべきだ」と述べた。経済問題については「最初の課題は不公正な財閥経済を打破すること」「財閥関係者が市場に反する重大な犯罪を犯した場合、執行猶予が不可能になるように法定刑を引き上げ、赦免を禁止して法執行の公正性を確立しなければならない」と話した。この他に循環出資・相互出資に対する根本的な手術、懲罰的損害賠償制の強化など不公正取引の根絶、非正社員の差別禁止特別法の制定などを提案した。

まず偽保守ですが、やるなら保守の定義に沿う必要があると思います(筆者はリベラルな価値観を持たない左翼の皆さんをサヨクとして左翼と認めません)が、偽保守認定するなら、韓国を守ろうとしない人を偽保守認定しなければならないでしょう。親日派を庇うつもりもありませんが(幾ら攻撃してもいいですよw)、日本よりの姿勢を親日派と断罪しているなら、これは問題でしょうね。韓国が勝手に外交の選択肢を狭めているだけです。文在寅氏ががリベラルを自認するなら、事後法で裁くという国技も封印した方がいいと思います。いやいや私は保守ニダもいいですが、それは何処かで見た光景、日本で左翼とされてきた護憲派の皆さんの政党であるところの民進党とかいう政党は保守派を言いたがります。投票行動・政治行動は日本の左翼(とされてきた)そのものなんですがねw日本が韓国併合をしたのは金を出して教育し経済成長させた(事実です)としても良くないことではあるよな(異民族支配です)とは思いますが、当時の政府に協力したら裁くはビミョーですね。政府に逆らいテロを起こすことがそんなに正義かという感じでしょう。テロで政府が倒れることはありませんでした(どう見てもアメリカの功績でしょう)。反独裁と保守の結びつけもビミョーです。言葉の定義はいいんです(保守が独裁とは限りません。保守でも民主主義は原則守る必要はあるでしょう)が、実際問題、国を売ろうとしていたのは左翼です。アカ認定されたくなければ、北朝鮮に金を流して核開発させているとかそういう疑惑を払拭していくべきでしょう。中国が恐ろしくて日本には言えることを言わないのも問題ですね。親日派認定はあっても親中派認定はありません。左翼のみなさんは親日派狩りをどうしてもやりたいなら親中派狩りもやるべきです。中国よりの発言は親中派ニダ、過去の中国の植民地支配を断罪して子孫の財産は没収しなければなりません(人がいなくなっても筆者の責任じゃないw)。どう見てもレッドチームよりの左翼のみなさんに抵抗するための独裁だったんでしょうね。多分。民衆が左翼に釣られてしまうからですが、これは難しい問題です。

不正な構造との戦いはいいでしょう。入試改革とか、替え玉受験でも撲滅したらいいでしょう(見紛う事なき偽者です)。

兵役逃れも偽者かもしれませんが、それはまぁあらぬところから攻撃される恐れがなくもないです。やったら勇者(というか本物のリベラル)ですが、誤解されないよう注意した方がいい。何のことかは言いません。

不動産投機はビミョーです。使いもしない土地投資に疑問があるんでしょうが、投機と投資の区別は難しい。税金を上げれば、遊休地は減ると思いますが、地価が下がる可能性はあるでしょう。

偽装転入はニセモノなんでしょうが、偽装転入って何ぞという感じ(学歴詐称や偽装投票(投票のための住民票移動、日本の左翼の得意技)なら分かります)ですから、一応調べましたが、言及しないことにします。何処から来たと名乗ることがそんなに意味があるんですかね?韓国お得意の出身地差別の裏返しでしょうか?

脱税が偽国民は分かりますが、どちらかと言うと保守の言説に見えます。国にお金支払え!ですからね。韓国では財閥の皆さんなどエリートの皆さんこそ脱税しているのかもしれませんが。いや、日本も節税に勤しんでいるのはエリートというか金持ちの皆さんではありますね。庶民は節税にお金をかける(専門家を雇う)意味もありません。日本では消費税払えや!と言えば、中小を「苛める」ことになりますし、敏感な問題なので、筆者はこれ以上言及しません。好きにしてください。

論文剽窃はニセモノとの戦いでしょう。学問の世界というのも厳密でしょう(筆者は知りません)。意図せず剽窃してしまうことも避けなければならないようです(参考)。知財もそうでしょうね。筆者のアイディアに刺激を受けた人がいれば、筆者は喜びますが、自分が考えたように吹聴されるのは勘弁です。筆者も見たものに刺激をうけているつもりですが、あたかも自分が考えたようには言ってないと思います。線引きが難しいところはあるでしょう。学問の世界じゃなければ特にそうです。言葉使いとかうつりますしね。何処まで?という感じはなくもないです。

ニセモノと言えば、筆者にしてみたらザパニーズ。我々は日本人ニダや、韓国語を喋れもしないのに、韓国人ニダもどうにかしてほしい。在日という国籍を創る訳にもいかないんですが!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二神透愛媛大学防災情報研究... | トップ | 征伐・支那考察 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む