観測にまつわる問題

沖縄で自民厳しいみたいですね。事故がおこってついてないってのはあるだろうけど。中々難しいね。

皮革産業

2017-05-05 14:02:22 | 政策関連メモ
皮革産業は外国人によって支えられているとも言われています(65p~66p)。

>なめし皮産業は、水が豊富であることや十分な土地が確保できること、そして、労働集約型であることから労働力が豊富な環境で育ってきたといわれており、東京では、墨田区、足立区、荒川区等で盛んに行われていたといわれています。

>皮革産業以外の皮革加工・販売等は江戸時代以来の生活圏に残り、東京下町を中心として腕のいい鞄職人、靴職人として伝統を守っています。しかし、鞄・靴等の製造業の後継者が少なく、腕の良い外国人に頼らざるを得ない状況にあると言われています。

>不法就労外国人の中には、本国で鞄製造工場や靴製造工場などで働いた経験を持つものが多く、その経験を活かす場を求めて日本にある鞄、靴、ハンドバッグなどの皮革製品製造工場に職を求めます。

日本の伝統産業が外国人によって支えられているようです。移民反対派は日本人がやるべきと言うかもしれませんが、実際問題、人手不足が課題の日本で日本人がこうした産業に集まることは考えにくいです。また、集まるとしても、他の人手不足産業に皺寄せがいくことは明らかです。手に職がある外国人が犯罪に手を染める確率は低いでしょう。こうした外国人の方々を犯罪者にしない(不法就労にしない)ことが大切だと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 密航 | トップ | 移民反対が保守か »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政策関連メモ」カテゴリの最新記事