観測にまつわる問題

「受動喫煙」「慰安婦」次「サイバー防衛」「ロシア」次「保守」仕込中「出生率」「諜報」「WTO」「報道」「健康」「自民党」

危機を想定することが危機管理のイロハのイ

2017-04-18 23:26:57 | 日記
「安倍首相、誤解を招き得る言及は自制すべきだ」 難民流入の対処策に韓国外務省 メディアは「慰安婦像の腹いせ」(産経ニュース 2017.4.18 19:05)

>安倍晋三首相が朝鮮半島有事の際に予想される日本への難民流入の対処策を検討していることを明らかにしたことに対し、韓国外務省報道官は18日の定例会見で「仮想の状況を前提とし、誤解を招き、平和と安定に否定的な影響を及ぼし得る言及は自制すべきだ」と不快感を示した。

>韓国人記者の質問に答えたもので、韓国メディアからは「外交的に相当な問題発言だと思うが、憂慮や遺憾の表明をしたのか」といった質問も出ていた。

危機を想定することが危機管理のイロハのイだと思います。安倍首相に学ぶとか何とか一時期言っていたのは、ただのヨイショだったということでしょうか?どうでもいいですが。

朝鮮半島有事を想定しないような平和ボケ日本であってほしいと韓国は願っているのかどうなのか、何を考えているのかサッパリ分かりませんが、我々は淡々と進めていくでしょう。

徒に不安を煽る気もありませんが、韓国も当然北朝鮮有事は想定しているんでしょう?一番の当事者ですもんね。天安撃沈事件もありました。延平島砲撃事件もありました。何を起こすか分からないのが北朝鮮です。一番分かっているはずですよね。

ただの危機管理ですよ。危機管理。防災訓練を見て地震が来ると怯えるようなもので、不安に思う方がおかしいってことだと思います(そのぐらいの緊張感は適度な緊張感と言ってもいいでしょう)。漢字を捨てた韓国人に中国の諺が通じるか知りませんが、杞憂って奴です。天が落ちてくると怯えている人につける薬はありません。方向性だけで妄想を広げ過ぎです。韓国が日本敵視政策をとっているから、妙な日本像が形成されているんでしょうね。多分、歴史偽造のツケだと思いますが、自分の国のことですから、自分でやるのが良いでしょう。1000年ぐらい経てば、恨みも忘れてきっとできますよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 危機に対応できる自衛隊であ... | トップ | 求められるのは戦後レジーム... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む